438件中 61 - 70件表示
  • アラン・ジャゴエフ

    アラン・ジャゴエフから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    2007年12月、PFC CSKAモスクワに移籍。ロシア・カップ2008では、2試合に出場し、優勝に貢献。2008年度のロシア・リーグでは、FCスパルタク・モスクワ戦 (5-1)では3アシストと大活躍。さらにFCゼニト・サンクトペテルブルク戦 (3-1)では2得点を挙げるなどの活躍。2009年シーズンから背番号が46から10に変更。アラン・ジャゴエフ フレッシュアイペディアより)

  • セルゲイ・イグナシェヴィッチ

    セルゲイ・イグナシェヴィッチから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    セルゲイ・イグナシェヴィッチ(Sergei Ignashevich, , 1979年7月14日 - )は、ロシアのサッカー選手。ポジションはディフェンダー。ロシア・プレミアリーグ、PFC CSKAモスクワ所属。セルゲイ・イグナシェヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • アーメド・ムサ

    アーメド・ムサから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    2008年からナイジェリアのJUTH FCでプレーし、翌年はカノ・ピラーズFCに所属した。ここでシーズン18得点し、リーグ最多得点記録を樹立した。2010年の夏、オランダのVVVフェンローに移籍した。10月30日、FCフローニンゲン戦でデビューした。2012年1月13日、ロシア・プレミアリーグの強豪PFC CSKAモスクワに5年契約で移籍をし、スペインで合宿をしていたCSKAに合流した。2012年2月21日、UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12ベスト16のレアル・マドリード戦でCSKAモスクワの選手としてデビューを飾り、64分にセク・オリセーと交代するまでピッチに立った。またUEFAチャンピオンズリーグ初出場でもあった。アーメド・ムサ フレッシュアイペディアより)

  • ブルーノ・アルヴェス

    ブルーノ・アルヴェスから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    2010年8月3日、ロシア・プレミアリーグの強豪FCゼニト・サンクトペテルブルクへ移籍金2200万ユーロ(約25億円)で移籍した。2010年9月30日、UEFAヨーロッパリーグ 2010-11の古巣のAEKアテネ戦でゼニト移籍後初となるゴールを決めた。ブルーノ・アルヴェス フレッシュアイペディアより)

  • ロマン・シャロノフ

    ロマン・シャロノフから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    1993年からロコモティフのリザーブチームに所属し、レギュラーとしてプレーをしていたが、トップチームに上がる事はなかった。1997年には上海に本拠地を置くShanghai Fubao FCに移籍をした。翌年ロシアに戻り、1999年にFCルビン・カザンへ移籍。2002シーズンにクラブはロシア・ファーストディビジョン(実質2部)で優勝を果たしロシア・プレミアリーグ昇格を決める。シャロノフはレギュラーとして出場しクラブの昇格に貢献をしたが、トップリーグ2年目はクラブから契約更新を求められる事はなかったため、FCテレク・グロズヌイに移籍をした。2007年、FCシンニク・ヤロスラヴリに移籍するも契約不履行により1年で退団。古巣のFCルビン・カザンへ2年契約で移籍をした。2008シーズンのプレミアリーグ開幕戦のロコモティフ・モスクワ戦では決勝ゴールを挙げ、その年クラブはリーグ優勝を成し遂げる。翌年も優勝し2連覇を達成。シャロノフはロシアリーグ・ベストプレイヤー33の右センターバック部門で1位に選ばれた。2009年12月、ルビン・カザンとの契約を2年延長した。同月、膝の靭帯を損傷し全治6ヵ月後と診断され手術を受けた。ルビン・カザンではキャプテンを務めた。ロマン・シャロノフ フレッシュアイペディアより)

  • ゲツサカ!

    ゲツサカ!から見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    これまでも「ゴジサカMONDAY」と銘打って、月曜日にプレミアリーグ(イングランド)を取り上げたが、2011年-2012年度シーズンより、J SPORTSではフランスの「リーグ・アン」、ロシアの「ロシアサッカー・プレミアリーグ」、オランダの「エールディヴィジ」の放映権を取得した。そこで毎週月曜日にJ SPORTS2を使い、それらヨーロッパ各国のサッカー主要リーグの注目カードを選び、試合の実況を送ることになった。ゲツサカ! フレッシュアイペディアより)

  • ピョートル・ビストロフ

    ピョートル・ビストロフから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    1979年、ロシア・ニジニ・ノヴゴロド州の州都ニジニ・ノヴゴロドにて生まれる。地元のサッカークラブFCロコモティフ・ニジニ・ノヴゴロドのユースで育ちリザーブチームでプレー。1997年にトップチームへ昇格をした。1997年5月3日、第8節のFCアラニア・ウラジカフカス戦(1-3)ではFWとして出場しロシア・プレミアリーグデビューを果たした。1997年6月28日、UEFAインタートトカップのFK Proleter Zrenjanin戦(1-0)でUEFAデビューをした。1997年シーズンでクラブはファーストディビジョンへ降格をしたものの、1年でプレミア復帰を果たした。1999年7月4日、第14節のFCトルペド・モスクワ戦(3-2)でロシア・プレミア初得点を記録した。ピョートル・ビストロフ フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドル・シルコ

    アレクサンドル・シルコから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    1976年、現ロシアの首都モスクワで生まれた。FCスパルタク・モスクワのスポーツ・スクール出身。1993年から1995年までにリザーブチームで78試合43得点を上げトップチームに上がり、1995年5月27日、FCチェルノモレツ・ノヴォロシースクとの試合でロシア・プレミアリーグデビューを果たした。1996年4月20日、FCラーダ・トリヤッチとの試合でトップリーグで初となる得点を決めた。スパルタクでは2001年まで在籍をした。その後はFCトルペド・モスクワ(2001-2003)、FCシンニク・ヤロスラヴリ(2004)、FCテレク・グロズヌイ(2005)に籍を置いた。2005年、シーズン途中でシンニク・ヤロスラヴリに復帰をした。翌年はチームでキャプテンを務めたが、チームは下降線をたどった。そして2006年9月30日、第21節のFCロストフ戦ではホームで1-6の大敗を喫した。試合後にロッカールームへ引き返そうとしたが過激なサポーターから大声で罵倒を浴びせかけられ、我慢できなくなったシルコがスタンドに駆け寄り、揉み合うなどの乱闘騒ぎを起こした。後日、事態を重くみたロシアサッカー連合から10試合の出場停止が科されたが、後に5試合の出場停止処分となった。2006年11月5日、第26節のFCロコモティフ・モスクワ戦で晴れて復帰を果たしたが、そのシーズンでシンニク・ヤロスラヴリは降格した。それに伴いシルコは退団してFCトム・トムスクに移籍した。2009年、MVDロシイ・モスクワにて現役引退をした。アレクサンドル・シルコ フレッシュアイペディアより)

  • ファルハド・ヴァシエフ

    ファルハド・ヴァシエフから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    2007年に17歳でロシア・プレミアリーグのサトゥルン・モスクワ・オブラストへと移籍、以降ロシアリーグでプレーを続けている。同年にはタジキスタン代表初の世界大会出場となった2007 FIFA U-17ワールドカップにも出場し、A代表にも選出され、2010 FIFAワールドカップ・アジア予選にも出場している。ファルハド・ヴァシエフ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレイ・アファナシエフ

    アンドレイ・アファナシエフから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    アファナシエフはモスクワのサッカークラブ、PFC CSKAモスクワ、FCトルペド・モスクワ、 FCスパルタク・モスクワでの活動で知られている。スポーツマスター(1986年)。ソビエト連邦サッカーリーグでは79試合に出場し、3ゴールを記録。ロシア・プレミアリーグでは209試合に出場し、15ゴールを決めた。アンドレイ・アファナシエフ フレッシュアイペディアより)

438件中 61 - 70件表示

「ロシア・プレミアリーグ」のニューストピックワード