329件中 81 - 90件表示
  • ウラジーミル・ガブロフ

    ウラジーミル・ガブロフから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    2007年、プレミアに昇格したばかりのFCクバン・クラスノダールに加入。すぐさまレギュラーを確保し、リーグ戦では降格圏に沈んでいたチームの所属にもかかわらず、キャッチングセンスと状況判断に優れたところを当時のロシア代表のフース・ヒディンク監督に買われ、代表に招集されるようになる。最終的にはチームを残留に導くことはできなかったが、ガブロフは孤軍奮闘の活躍を見せ、国内の強豪チームから獲得オファーが殺到した。ウラジーミル・ガブロフ フレッシュアイペディアより)

  • シャリフ・ムハンマド

    シャリフ・ムハンマドから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    1990年、現ロシア・ダゲスタン共和国の首都マハチカラにて生まれた。マハチカラ・スポーツ学校を卒業後の2007年には、アマチュア・サッカーリーグに所属していたFCディナモ・マハチカラに在籍し、2010年にFCアンジ・マハチカラと契約をした。2010年7月10日、ロシア・プレミアリーグ第12節のFCロコモティフ・モスクワ戦(1-2)の88分にニコライ・ジョサンとの交代でピッチに立ち、ロシア・プレミアリーグデビューを飾った。シャリフ・ムハンマド フレッシュアイペディアより)

  • レオニード・スルツキー

    レオニード・スルツキーから見たロシアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    2009年10月26日、ファンデ・ラモスの後任としてPFC CSKAモスクワの監督に就任した。リーグ戦では最終順位5位と前監督時代と変わらず、首位との勝ち点差もさらに広げられたが、UEFAヨーロッパリーグ出場権はなんとか確保した。2009-2010シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは、新たに獲得した本田圭佑の活躍もありセビージャFCを2戦合計3-2で撃破し、クラブ史上初、またロシアリーグ所属チーム史上初のベスト8進出を達成した。レオニード・スルツキー フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドル・マレニッチ

    アレクサンドル・マレニッチから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    2006年11月24日、第30節のFCロコモティフ・モスクワ戦の後半12分にイリヤ・カラシニコフとの交代でピッチに立ちロシア・プレミアリーグデビューを果たしたが、翌シーズンはオフシーズン中に怪我をしたため試合に出場するは無かった。2007年7月、FCロストフとの契約が終了しクラブを去ると同時にサトゥルン・ラメンスコーエからアプローチされたが、その後、話の進展は無くFCモスクワへ移籍。FCモスクワではトップチームでプレーする事もあったが、リザーブチームでプレーすることが多く、全治2ヶ月の怪我を負ったりもした。アレクサンドル・マレニッチ フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドル・パヴレンコ

    アレクサンドル・パヴレンコから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    14歳の時、ディナモ・モスクワのアカデミーでキャリアをスタートさせ、スイスのFCローザンヌ・スポルトの下部組織に在籍したこともあった。2001年、16歳で、スパルタク・モスクワのトップチームに昇格し、いきなりレギュラーを勝ち取る。UEFAチャンピオンズリーグの出場も経験している。しかし、2005年頃から、怪我の影響で、出場機会が激減し始め、2007年には当時1部(実質2部)のシンニク・ヤロスラヴリにレンタルに出されてしまう。レンタル先のシンニクをプレミアの昇格に貢献し、パヴレンコ自身も最優秀選手に選出され、2008年から、スパルタクに復帰することになった。復帰後も、イゴール・ティトフの控えとして活躍し、ロシア代表のフース・ヒディンク監督に認められ、EURO2008の代表候補に選出された(ただし、本大会のエントリーメンバーからは漏れる)。アレクサンドル・パヴレンコ フレッシュアイペディアより)

  • ドミートリー・センニコフ

    ドミートリー・センニコフから見たロシア・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    ロシア・プレミアリーグ:2 (2002, 2004)ドミートリー・センニコフ フレッシュアイペディアより)

  • ジエゴ・タルデッリ

    ジエゴ・タルデッリから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    2011年3月、ロシア・プレミアリーグに所属するFCアンジ・マハチカラへ移籍。契約期間は4年で、移籍金は未公表ながらも750万ユーロと伝えられたが、リーグ戦では13試合出場の無得点に終わった。ジエゴ・タルデッリ フレッシュアイペディアより)

  • マルク・クロサス

    マルク・クロサスから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    移籍期間の終了後もバルセロナには復帰せず、スコティッシュ・プレミアリーグのセルティックFCに140万ユーロで移籍した。なお保有権の25%は現在もバルセロナが保持したままである。2011年2月19日、ロシア・プレミアリーグに昇格を果たしたFCヴォルガ・ニジニ・ノヴゴロドへ移籍することが決まった。2012年1月にメキシコのサントス・ラグナへ移籍した。マルク・クロサス フレッシュアイペディアより)

  • ニコラス・パレハ

    ニコラス・パレハから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    ニコラス・パレハ(Nicolas Martín Pareja、1984年1月19日 - )は、アルゼンチンのサッカー選手。ブエノスアイレス出身。ロシア・プレミアリーグ・FCスパルタク・モスクワ所属。ポジションはDF。ニコラス・パレハ フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドル・シルコ

    アレクサンドル・シルコから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    1976年、現ロシアの首都モスクワで生まれた。FCスパルタク・モスクワのスポーツ・スクール出身。1993年から1995年までにリザーブチームで78試合43得点を上げトップチームに上がり、1995年5月27日、FCチェルノモレツ・ノヴォロシースクとの試合でロシア・プレミアリーグデビューを果たした。1996年4月20日、FCラーダ・トリヤッチとの試合でトップリーグで初となる得点を決めた。スパルタクでは2001年まで在籍をした。その後はFCトルペド・モスクワ(2001-2003)、FCシンニク・ヤロスラヴリ(2004)、FCテレク・グロズヌイ(2005)に籍を置いた。2005年、シーズン途中でシンニク・ヤロスラヴリに復帰をした。翌年はチームでキャプテンを務めたが、チームは下降線をたどった。そして2006年9月30日、第21節のFCロストフ戦ではホームで1-6の大敗を喫した。試合後にロッカールームへ引き返そうとしたが過激なサポーターから大声で罵倒を浴びせかけられ、我慢できなくなったシルコがスタンドに駆け寄り、揉み合うなどの乱闘騒ぎを起こした。後日、事態を重くみたロシアサッカー連合から10試合の出場停止が科されたが、後に5試合の出場停止処分となった。2006年11月5日、第26節のFCロコモティフ・モスクワ戦で晴れて復帰を果たしたが、そのシーズンでシンニク・ヤロスラヴリは降格した。それに伴いシルコは退団してFCトム・トムスクに移籍した。2009年、MVDロシイ・モスクワにて現役引退をした。アレクサンドル・シルコ フレッシュアイペディアより)

329件中 81 - 90件表示