30件中 11 - 20件表示
  • ロシアサッカー・プレミアリーグ

    ロシアサッカー・プレミアリーグから見たグリニッジ標準時

    一方、2006年シーズンにルチ・エネルギア・ウラジオストクが13年ぶりにプレミアリーグ(当時はヴィシャヤリーガ)へ復帰し、極東連邦管区地域で唯一のプレミア所属となった。ウラジオストクはモスクワ時間(GMT+3)よりも7時間早いウラジオストク時間(GMT+10)の地域にあり、ロシアプレミアリーグは世界一時差の大きなトップリーグとなっている(1部リーグでは東西8時間の時差がある)。ロシアサッカー・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ロシアサッカー・プレミアリーグ

    ロシアサッカー・プレミアリーグから見た時差

    一方、2006年シーズンにルチ・エネルギア・ウラジオストクが13年ぶりにプレミアリーグ(当時はヴィシャヤリーガ)へ復帰し、極東連邦管区地域で唯一のプレミア所属となった。ウラジオストクはモスクワ時間(GMT+3)よりも7時間早いウラジオストク時間(GMT+10)の地域にあり、ロシアプレミアリーグは世界一時差の大きなトップリーグとなっている(1部リーグでは東西8時間の時差がある)。ロシアサッカー・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ロシアサッカー・プレミアリーグ

    ロシアサッカー・プレミアリーグから見たFoot!

    このため、2011-12年度のシーズンは暫定的にスプリットシステムを採用。まず、11月まで16チーム2回総当りで予選リーグを開催し、その後次年度の出場チーム順位を決定するための「決勝リーグ」をまず2011年11月に2試合のみを行い、ウィンターブレークを挟んで2012年3-5月に残りの12試合を行う。1-8位のチームが「優勝決定プレーオフ」、9-16位が「残留・降格決定プレーオフ」としてそれぞれに8チームが出場して行う。(Foot!2011年11月1日放送の説明より)これは、スコットランド「スコティッシュ・プレミアリーグ」とほぼ同じ仕組みである。ロシアサッカー・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ロシアサッカー・プレミアリーグ

    ロシアサッカー・プレミアリーグから見たウラジオストク

    一方、2006年シーズンにルチ・エネルギア・ウラジオストクが13年ぶりにプレミアリーグ(当時はヴィシャヤリーガ)へ復帰し、極東連邦管区地域で唯一のプレミア所属となった。ウラジオストクはモスクワ時間(GMT+3)よりも7時間早いウラジオストク時間(GMT+10)の地域にあり、ロシアプレミアリーグは世界一時差の大きなトップリーグとなっている(1部リーグでは東西8時間の時差がある)。ロシアサッカー・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ロシアサッカー・プレミアリーグ

    ロシアサッカー・プレミアリーグから見たFCロコモティフ・モスクワ

    ロシアリーグ以後はスパルタク・モスクワが最初の10シーズンで9回の優勝を果たすなど圧倒的な強さを見せ、その後もスパルタク、CSKAモスクワ、ロコモティフ・モスクワが三つ巴でタイトルを争うなど例年モスクワ勢が上位を独占してきた。しかし2000年代に入ってから国内の好景気を背景として各クラブに大手企業の資本が投入されるようになると有力資本の参入を受けた地方クラブの勃興が目立ち始め、2007年シーズンはサンクトペテルブルク唯一のプレミアリーグクラブ、ゼニト・サンクトペテルブルクが初優勝、2008年、2009年シーズンはタタールスタン共和国のカザンに本拠地を置くルビン・カザンが優勝するなど勢力図は変りつつある。ブラジルや西ヨーロッパからの有名選手の獲得も増え、2004-05シーズンのUEFAカップにおいて、CSKAモスクワがロシア勢として初めてヨーロッパのカップ戦に優勝、2007-08シーズンのUEFAカップではゼニト・サンクトペテルブルクが再び欧州カップ制覇を果たすなどしている。ロシアサッカー・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ロシアサッカー・プレミアリーグ

    ロシアサッカー・プレミアリーグから見たブラジル

    ロシアリーグ以後はスパルタク・モスクワが最初の10シーズンで9回の優勝を果たすなど圧倒的な強さを見せ、その後もスパルタク、CSKAモスクワ、ロコモティフ・モスクワが三つ巴でタイトルを争うなど例年モスクワ勢が上位を独占してきた。しかし2000年代に入ってから国内の好景気を背景として各クラブに大手企業の資本が投入されるようになると有力資本の参入を受けた地方クラブの勃興が目立ち始め、2007年シーズンはサンクトペテルブルク唯一のプレミアリーグクラブ、ゼニト・サンクトペテルブルクが初優勝、2008年、2009年シーズンはタタールスタン共和国のカザンに本拠地を置くルビン・カザンが優勝するなど勢力図は変りつつある。ブラジルや西ヨーロッパからの有名選手の獲得も増え、2004-05シーズンのUEFAカップにおいて、CSKAモスクワがロシア勢として初めてヨーロッパのカップ戦に優勝、2007-08シーズンのUEFAカップではゼニト・サンクトペテルブルクが再び欧州カップ制覇を果たすなどしている。ロシアサッカー・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ロシアサッカー・プレミアリーグ

    ロシアサッカー・プレミアリーグから見たサンクトペテルブルク

    ロシアリーグ以後はスパルタク・モスクワが最初の10シーズンで9回の優勝を果たすなど圧倒的な強さを見せ、その後もスパルタク、CSKAモスクワ、ロコモティフ・モスクワが三つ巴でタイトルを争うなど例年モスクワ勢が上位を独占してきた。しかし2000年代に入ってから国内の好景気を背景として各クラブに大手企業の資本が投入されるようになると有力資本の参入を受けた地方クラブの勃興が目立ち始め、2007年シーズンはサンクトペテルブルク唯一のプレミアリーグクラブ、ゼニト・サンクトペテルブルクが初優勝、2008年、2009年シーズンはタタールスタン共和国のカザンに本拠地を置くルビン・カザンが優勝するなど勢力図は変りつつある。ブラジルや西ヨーロッパからの有名選手の獲得も増え、2004-05シーズンのUEFAカップにおいて、CSKAモスクワがロシア勢として初めてヨーロッパのカップ戦に優勝、2007-08シーズンのUEFAカップではゼニト・サンクトペテルブルクが再び欧州カップ制覇を果たすなどしている。ロシアサッカー・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ロシアサッカー・プレミアリーグ

    ロシアサッカー・プレミアリーグから見たFCディナモ・キエフ

    かつてはソビエト連邦リーグといい、15の連邦構成共和国の強豪チームが名を連ね、スパルタク、ディナモ、CSKAの首都・モスクワ勢のチームや、FCディナモ・キエフ(ウクライナ)といったチームがヨーロッパのカップ戦などにも進出し、ナショナルチームとともに東欧諸国の雄といわれた。ロシアサッカー・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ロシアサッカー・プレミアリーグ

    ロシアサッカー・プレミアリーグから見たスプリットシステム

    このため、2011-12年度のシーズンは暫定的にスプリットシステムを採用。まず、11月まで16チーム2回総当りで予選リーグを開催し、その後次年度の出場チーム順位を決定するための「決勝リーグ」をまず2011年11月に2試合のみを行い、ウィンターブレークを挟んで2012年3-5月に残りの12試合を行う。1-8位のチームが「優勝決定プレーオフ」、9-16位が「残留・降格決定プレーオフ」としてそれぞれに8チームが出場して行う。(Foot!2011年11月1日放送の説明より)これは、スコットランド「スコティッシュ・プレミアリーグ」とほぼ同じ仕組みである。ロシアサッカー・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ロシアサッカー・プレミアリーグ

    ロシアサッカー・プレミアリーグから見たFCディナモ・モスクワ

    かつてはソビエト連邦リーグといい、15の連邦構成共和国の強豪チームが名を連ね、スパルタク、ディナモ、CSKAの首都・モスクワ勢のチームや、FCディナモ・キエフ(ウクライナ)といったチームがヨーロッパのカップ戦などにも進出し、ナショナルチームとともに東欧諸国の雄といわれた。ロシアサッカー・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

30件中 11 - 20件表示

「ロシア・プレミアリーグ」のニューストピックワード