1 2 3 次へ
30件中 21 - 30件表示
  • ロシアサッカー・プレミアリーグ

    ロシアサッカー・プレミアリーグから見たロシアサッカー連盟

    2010年9月13日、ロシアサッカー連盟は、3月から11月まで開催されているリーグのシステムを変更し、2012年以降のリーグ期間を、欧州各国で実施されている8月から5月までとする「秋春制」を導入すると発表した。2011年は春に開幕を迎え、秋まで継続して行なわれる。そしてそのままリーグは続き、12年春に閉幕することとなる。以降は、2012年8月上旬に開幕し、12月から2013年2月まで3か月間のウィンターブレイクを挟み、5月下旬にシーズンを終えるという。ロシアサッカー・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ロシアサッカー・プレミアリーグ

    ロシアサッカー・プレミアリーグから見たロシア語

    ロシア・プレミアリーグ (ロシア語:''、ラテン文字転記:Rossijskaja Futbolnaja Premjer-Liga)は、ロシア連邦で開かれる国内のサッカートップリーグのタイトルである。ロシアサッカー・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ロシアサッカー・プレミアリーグ

    ロシアサッカー・プレミアリーグから見た人工芝

    また、天然芝が育ちにくい地域もあるため、人工芝を使用したスタジアムを本拠地としたクラブもいくつか存在する。ロシアサッカー・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ロシアサッカー・プレミアリーグ

    ロシアサッカー・プレミアリーグから見たFCルチ・エネルギア・ウラジオストク

    一方、2006年シーズンにルチ・エネルギア・ウラジオストクが13年ぶりにプレミアリーグ(当時はヴィシャヤリーガ)へ復帰し、極東連邦管区地域で唯一のプレミア所属となった。ウラジオストクはモスクワ時間(GMT+3)よりも7時間早いウラジオストク時間(GMT+10)の地域にあり、ロシアプレミアリーグは世界一時差の大きなトップリーグとなっている(1部リーグでは東西8時間の時差がある)。ロシアサッカー・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ロシアサッカー・プレミアリーグ

    ロシアサッカー・プレミアリーグから見たFCルビン・カザン

    ロシアリーグ以後はスパルタク・モスクワが最初の10シーズンで9回の優勝を果たすなど圧倒的な強さを見せ、その後もスパルタク、CSKAモスクワ、ロコモティフ・モスクワが三つ巴でタイトルを争うなど例年モスクワ勢が上位を独占してきた。しかし2000年代に入ってから国内の好景気を背景として各クラブに大手企業の資本が投入されるようになると有力資本の参入を受けた地方クラブの勃興が目立ち始め、2007年シーズンはサンクトペテルブルク唯一のプレミアリーグクラブ、ゼニト・サンクトペテルブルクが初優勝、2008年、2009年シーズンはタタールスタン共和国のカザンに本拠地を置くルビン・カザンが優勝するなど勢力図は変りつつある。ブラジルや西ヨーロッパからの有名選手の獲得も増え、2004-05シーズンのUEFAカップにおいて、CSKAモスクワがロシア勢として初めてヨーロッパのカップ戦に優勝、2007-08シーズンのUEFAカップではゼニト・サンクトペテルブルクが再び欧州カップ制覇を果たすなどしている。ロシアサッカー・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ロシアサッカー・プレミアリーグ

    ロシアサッカー・プレミアリーグから見たカザン

    ロシアリーグ以後はスパルタク・モスクワが最初の10シーズンで9回の優勝を果たすなど圧倒的な強さを見せ、その後もスパルタク、CSKAモスクワ、ロコモティフ・モスクワが三つ巴でタイトルを争うなど例年モスクワ勢が上位を独占してきた。しかし2000年代に入ってから国内の好景気を背景として各クラブに大手企業の資本が投入されるようになると有力資本の参入を受けた地方クラブの勃興が目立ち始め、2007年シーズンはサンクトペテルブルク唯一のプレミアリーグクラブ、ゼニト・サンクトペテルブルクが初優勝、2008年、2009年シーズンはタタールスタン共和国のカザンに本拠地を置くルビン・カザンが優勝するなど勢力図は変りつつある。ブラジルや西ヨーロッパからの有名選手の獲得も増え、2004-05シーズンのUEFAカップにおいて、CSKAモスクワがロシア勢として初めてヨーロッパのカップ戦に優勝、2007-08シーズンのUEFAカップではゼニト・サンクトペテルブルクが再び欧州カップ制覇を果たすなどしている。ロシアサッカー・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ロシアサッカー・プレミアリーグ

    ロシアサッカー・プレミアリーグから見た極東連邦管区

    一方、2006年シーズンにルチ・エネルギア・ウラジオストクが13年ぶりにプレミアリーグ(当時はヴィシャヤリーガ)へ復帰し、極東連邦管区地域で唯一のプレミア所属となった。ウラジオストクはモスクワ時間(GMT+3)よりも7時間早いウラジオストク時間(GMT+10)の地域にあり、ロシアプレミアリーグは世界一時差の大きなトップリーグとなっている(1部リーグでは東西8時間の時差がある)。ロシアサッカー・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ロシアサッカー・プレミアリーグ

    ロシアサッカー・プレミアリーグから見たロシアフットボールリーグ・ファーストディビジョン

    リーグ戦は16チームによるホーム・アンド・アウェーの2回総当り方式で争われている。下位2チームは翌シーズンに1部リーグ()の上位2チームと自動昇降格し、13位・14位チームは2部リーグ4・3位チームと入れ替え戦を行う。ロシアサッカー・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ロシアサッカー・プレミアリーグ

    ロシアサッカー・プレミアリーグから見たロシア

    ロシア・プレミアリーグ (ロシア語:''、ラテン文字転記:Rossijskaja Futbolnaja Premjer-Liga)は、ロシア連邦で開かれる国内のサッカートップリーグのタイトルである。ロシアサッカー・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ロシアサッカー・プレミアリーグ

    ロシアサッカー・プレミアリーグから見たヨーロッパ

    リーグ戦はヨーロッパで一般的な秋→春制ではなく、春→秋の暦年制(3月ないし4月ごろ開幕?10月ないしは11月ごろ閉幕)で争われていたが、2012年から他のヨーロッパ諸国と同じように秋→春制へと移行した。ロシアサッカー・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
30件中 21 - 30件表示

「ロシア・プレミアリーグ」のニューストピックワード