14680件中 51 - 60件表示
  • イラン

    イランから見たロシアロシア

    1796年にテュルク系のアーガー・モハンマドが樹立したガージャール朝の時代に、ペルシアはイギリス、ロシアなど列強の勢力争奪の草刈り場の様相を呈することになった(グレート・ゲーム)。ナポレオン戦争の最中の1797年に第二代国王に即位したファトフ・アリー・シャーの下で、ガージャール朝ペルシアにはまず1800年にイギリスが接近したがロシア・ペルシア戦争(第一次ロシア・ペルシア戦争)にてロシア帝国に敗北した後はフランスがイギリスに替わってペルシアへの接近を進め、ゴレスターン条約(1813年)にてペルシアがロシアに対しグルジアやアゼルバイジャン北半(バクーなど)を割譲すると、これに危機感を抱いたイギリスが翌1814年に「英・イラン防衛同盟条約」を締結した。しかしながらこの条約はロシアとの戦争に際してのイギリスによるイランへの支援を保障するものではなく、1826年に勃発した第二次ロシア・ペルシア戦争でロシアと交戦した際には、イギリスによる支援はなく、敗北後、トルコマーンチャーイ条約(1828年)にてロシアに対しアルメニアを割譲、500万トマーン(約250万ポンド)の賠償金を支払い、在イランロシア帝国臣民への治外法権を認めさせられるなどのこの不平等条約によって本格的なイランの受難が始まった。こうした情況に危機感を抱いた、アーザルバイジャーン州総督のアッバース・ミールザー皇太子は工場設立や軍制改革などの近代化改革を進めたものの、1833年にミールザーが病死したことによってこの改革は頓挫した。1834年に国王に即位したモハンマド・シャーは失地回復のために1837年にアフガニスタンのヘラートへの遠征を強行したものの失敗し、1838年から1842年までのにてイギリスがアフガニスタンに苦戦した後、イギリスは難攻不落のアフガニスタンから衰退しつつあるイランへとその矛先を変え、1841年にガージャール朝から最恵国待遇を得た。更にモハンマド・シャーの治世下には、ペルシアの国教たる十二イマーム派の権威を否定するセイイェド・アリー・モハンマドがバーブ教を開くなど内憂にも見舞われた。モハンマド・シャーの没後、1848年にナーセロッディーン・シャーが第四代国王に即位した直後にバーブ教徒の乱が発生すると、ガージャール朝政府はこれに対しバーブ教の開祖セイイェド・アリー・モハンマドを処刑して弾圧し、宰相ミールザー・タギー・ハーン・アミーレ・キャビールの下でオスマン帝国のタンジマートを範とした上からの改革が計画されたが、改革に反発する保守支配層の意を受けた国王ナーセロッディーン・シャーが改革の開始から1年を経ずにアミーレ・キャビールを解任したため、イランの近代化改革は挫折した。ナーセロッディーン・シャーは1856年にヘラートの領有を目指してアフガニスタン遠征を行ったが、この遠征はイギリスのイランへの宣戦布告を招き、敗戦とパリ条約によってガージャール朝の領土的野心は断念させられた。イラン フレッシュアイペディアより)

  • リナ・クラスノルツカヤ

    リナ・クラスノルツカヤから見たロシアロシア

    リナ・クラスノルツカヤ(Lina Krasnoroutskaya, , 1984年4月29日 - )は、ロシア・オブニンスク出身の女子プロテニス選手。2003年の全米オープン混合ダブルス部門で、カナダのダニエル・ネスターとペアを組んで準優勝した。WTAツアーでシングルスの優勝はないが、ダブルスで1勝がある。自己最高ランキングはシングルス25位、ダブルス22位。身長174cm、体重59kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。リナ・クラスノルツカヤ フレッシュアイペディアより)

  • ロシアの音楽チャート

    ロシアの音楽チャートから見たロシアロシア

    ロシアの音楽チャートには、2M が集計する売上チャートと、Tophit が集計する放送チャートの2種類があり、いずれも毎週発表され、ロシアの音楽産業に関する標準的な流行ランキングとなっている。アルバムとシングルのランキングは売り上げに基づいており、そのデータはロシアのレコード小売店から毎週電子的に集められる売上データから集計される。現在、全ての主要レコード店とチェーン・ストアはこのチャート用にデータを提供しており、2M によると、市場の 75% 以上をカバーしているとのことである。売上チャートは 2M が月曜日に集計し、金曜日に Lenta.ru で一般公開される。放送チャートは Tophit が火曜日に集計し、水曜日に Tophit.ru で一般公開される。ロシアの音楽チャート フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2008年12月

    訃報 2008年12月から見たロシアロシア

    12月2日 - ピョートル・ラティシェフ、ロシアの政治家(* 1948年)訃報 2008年12月 フレッシュアイペディアより)

  • 満州里市

    満州里市から見たロシアロシア

    内モンゴル自治区東部フルンボイル地級市西部にあり、東西と南は新バルグ左旗、新バルグ右旗に隣接。北はロシアと54キロメートルの国境線で接し、ザバイカリエ地方の町ザバイカリスクが隣接している。市の東にはアルグン川の中州・阿巴該図島(アバガイト島、ロシア名ボリショイ島)があり、中ソ国境紛争におけるソ連との係争地となっていたが両国間で分割することにより解決された。満州里市 フレッシュアイペディアより)

  • コンタークト5

    コンタークト5から見たロシアロシア

    コンタークト5(ロシア語:カンタークト・ピャーチ;Kontakt-5)は、ロシア連邦で開発された爆発反応装甲である。この種の装甲としては、第2世代に分類される。コンタークト5 フレッシュアイペディアより)

  • アリーナ (兵器)

    アリーナ (兵器)から見たロシアロシア

    アリーナは、ロシアのコロムナ機械製作設計局によって開発されたアクティブ防護システム(APS)である。用途は軽対戦車兵器、対戦車誘導ミサイル(ATGM)、トップアタック弾頭を備えたミサイルなどによって装甲戦闘車両が破壊されるのを防ぐことである。アリーナ (兵器) フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2009年5月

    訃報 2009年5月から見たロシアロシア

    5月5日 - ヴィクトル・オフチャレンコ(Victor Ovcharenko)、ロシアの精神医学者(* 1943年)訃報 2009年5月 フレッシュアイペディアより)

  • シャトル・ミール計画

    シャトル・ミール計画から見たロシアロシア

    シャトル・ミール計画(シャトル・ミールけいかく)はアメリカとロシアによる共同の有人宇宙飛行計画。ロシアの宇宙飛行士・コスモノートがスペースシャトルで、アメリカの宇宙飛行士・アストロノートがソユーズで宇宙ステーション『ミール』に訪れるなどの宇宙飛行が行われ、ミールでの長期滞在などを行った。シャトル・ミール計画 フレッシュアイペディアより)

  • トルクメニスタンの国際関係

    トルクメニスタンの国際関係から見たロシアロシア

    トルクメニスタン政府はアメリカ合衆国やトルコを重要な貿易相手国としているが、トルクメニスタンはロシアやイランとの貿易上で密接な関係にあり、アフガニスタンとも国境を挟んだ貿易の額が年々増加傾向にある。トルクメニスタン政府は特にエネルギー問題に関しては、他国から譲歩を引き出すための手段として貿易相手国の利害関係を利用しようとする事が多い。トルクメニスタンの国際関係 フレッシュアイペディアより)

14680件中 51 - 60件表示

「ロシア」のニューストピックワード