582件中 81 - 90件表示
  • ロシア

    ロシアから見た石炭

    有機鉱物資源では、天然ガス(21807千兆ジュール、21.9%、2位)、原油(3.5億トン、10.3%、2位)、燃料に用いられる亜炭(8668万トン、9.5%、4位)、石炭(1.6億トン、シェア4.4%、6位)の採掘量が多い。原油と天然ガスの産出量は1位の国(サウジアラビア、アメリカ合衆国)との差が小さく、いずれも2ポイント未満の差にとどまる。このため、統計年度によっては1位となることもある。ロシア フレッシュアイペディアより)

  • ロシア

    ロシアから見た統一ロシア

    ロシア連邦議会 (, Federal'noe Sobranie Rossijskoj Federatsii) は二院制で、各連邦構成主体の行政府と立法府の代表1人ずつからなり上院に相当する連邦院(連邦会議、, Sovet Federatsii 、定員178名)と、下院に相当する国家院(国家会議、, Gosudarstvennaja Duma 、定員450名)からなる。下院議員は、任期4年で、小選挙区制と比例代表制により半数ずつ選出される仕組みであったが、2005年4月23日完全比例代表制に移行する選挙制度改正が下院を通過した。また、5パーセント条項が7パーセント条項へと議席を得るためのハードルが上げられ、プーチン政権、シロヴィキおよび与党統一ロシアに有利な選挙戦が展開された。また、大統領と同じく2008年に任期が5年に延長された。ロシア フレッシュアイペディアより)

  • ロシア

    ロシアから見たBRICs

    ロシアはまた、ブラジル・中国・インド・南アフリカと共に「BRICs」と呼ばれる新興経済国群の一つに挙げられているが、BRICsではロシアは最も1人当たりのGDPが先進国に近く、ロシアは超大国の地位を得ようとしている。ロシア フレッシュアイペディアより)

  • ロシア

    ロシアから見た

    傍ら、農産物の自給自足にも力を入れており、ロシアは世界における「最大の小麦輸出国」ならび「の栽培の北限地」として知られている。米国農務省は、2016/17年度(2016年7月?2017年6月)の同国の小麦輸出量の推定量を500,000t引き上げ、記録的な25,000,000tとしている。尚、2015/16年度に米国(21,200,000t)とカナダ(22,500,000t)を抜いて世界の主要輸出国となっている。2014年、同国での米生産量は1,138,000t(うち90%がクラスノダール地方での栽培)で生産量は記録的に高いものとなっている。加えて、米の栽培効率は1ha辺り7,100kgで、ヨーロッパに於いて米を生産する国で知られるスペイン、イタリアに比較しても多いものとなっている上、アジア諸国より多い。同国の米はウズベキスタン、タジキスタン、トルクメニスタン、トルコにも輸出されている 。ロシア フレッシュアイペディアより)

  • ロシア

    ロシアから見た世界貿易機関

    2014年時点で、ロシアの経済は名目GDPで世界第9位かつ購買力平価で世界第6位であった。ロシアの豊富な鉱物およびエネルギー資源は世界最大の埋蔵量であり、世界最大の原油生産国および世界最大の天然ガス生産国の一つである。ロシアは核保有を認められた5大国の一つであり、世界最大の大量破壊兵器保有量がある。ロシアは列強および国際連合安全保障理事会常任理事国であり、独立国家共同体の指導国であるだけでなく、G20、欧州評議会、アジア太平洋経済協力、上海協力機構、ユーラシア経済共同体、欧州安全保障協力機構 (OSCE)、世界貿易機関 (WTO) 加盟国である。ロシア フレッシュアイペディアより)

  • ロシア

    ロシアから見た日露戦争

    19世紀末には、ロシアはそれまでのドイツ・オーストリアとの三帝同盟からフランスとの露仏同盟に外交の軸足を移し、汎スラヴ主義によるバルカン半島での南下を極東での南下政策と平行させた。フランス資本の参加によりシベリア鉄道の建設が行われている。1904年に日本との間で日露戦争が始まったが、1905年に血の日曜日事件など一連の革命騒動が発生し、ポーツマス条約を結んで敗れると、戦後の1907年にロシアはイギリスと英露協商、日本と日露協約を締結し、三国協商に立ってドイツやオーストリアと対立した。国内ではドゥーマ(国会)の開設やピョートル・ストルイピンによる改革が行われたが、皇帝ニコライ2世の消極的姿勢もあって改革は頓挫し、帝国の弱体化は急速に進行した。その中で、都市部の労働者を中心に社会主義運動が高揚した。ロシア フレッシュアイペディアより)

  • ロシア

    ロシアから見たG20

    2014年時点で、ロシアの経済は名目GDPで世界第9位かつ購買力平価で世界第6位であった。ロシアの豊富な鉱物およびエネルギー資源は世界最大の埋蔵量であり、世界最大の原油生産国および世界最大の天然ガス生産国の一つである。ロシアは核保有を認められた5大国の一つであり、世界最大の大量破壊兵器保有量がある。ロシアは列強および国際連合安全保障理事会常任理事国であり、独立国家共同体の指導国であるだけでなく、G20、欧州評議会、アジア太平洋経済協力、上海協力機構、ユーラシア経済共同体、欧州安全保障協力機構 (OSCE)、世界貿易機関 (WTO) 加盟国である。ロシア フレッシュアイペディアより)

  • ロシア

    ロシアから見たリューリク

    北東ルーシには、ノルマン人ではないかと推測されている、民族系統不明の人々「ヴァリャーグ」が進出しており、交易や略奪、やがては入植を行った。862年にはヴァリャーグの長リューリクが大ノヴゴロドの公となり、町は東ローマ帝国との貿易拠点として発展した。後代に書かれた原初年代記には、リューリクの一族が東スラヴ人の居住地域に支配を広げていったと記録される。9世紀後半にヴァリャーグはドニエプル地方に拠点を移した。そのため、それから13世紀にかけてのルーシの中心は、現在はウクライナの首都となっているキエフであり、現在のロシアの中心である北東ルーシはむしろ辺境化し、モスクワの街もまだ歴史には登場していなかった。ヴァリャーグの支配者層を含めてスラヴ化したキエフ大公国は、9世紀に東ローマ帝国から東西教会分裂以後に正教会となる東方のキリスト教とギリシャ文化を受容し、独特の文化を育んだが、13世紀初頭にモンゴルによって征服され、キプチャク・ハン国の支配下に入った。その混乱の中で、それまでキエフにあった府主教座はウラジーミル・ザレースキイへ移された。ロシア フレッシュアイペディアより)

  • ロシア

    ロシアから見たペリメニ

    ペリメニ - 水餃子に似たダンプリング。シベリア起源。ロシア フレッシュアイペディアより)

  • ロシア

    ロシアから見たシベリア抑留

    両国の間では、経済的な交流がいくつかあるが、過去のシベリア抑留や北方領土問題とそれに起因する漁民銃撃・拿捕事件、資源問題(サハリン2を参照)なども生じており、その関係はあまり良くない。その上、ロシア人の米国や英国を信頼している人の比率は低い。ロシア フレッシュアイペディアより)

582件中 81 - 90件表示

「ロシア」のニューストピックワード