ロジャー・フェデラー ニュース&Wiki etc.

ロジャー・フェデラー(英語:Roger Federer、1981年8月8日 - )とは、スイス・バーゼル出身の男子プロテニス選手。身長185cm、体重85kg。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。男子プロテニス界にて重要視される数々の記録を塗り替え、築き上げている事から史上最高のテニスプレーヤーとの呼び声が高い。… (出典:Wikipedia)

「ロジャー・フェデラー」Q&A

  • Q&A

    人類史上、唯一、スマッシュでパスを打った男=ロジャー・フェデラー。2分41秒目からご…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月17日 02:56

  • Q&A

    ロジャー・フェデラーファンの方々へ あなたがフェデラーに憧れる理由、フェデラーに対す…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年10月19日 01:22

  • Q&A

    プロテニスプレーヤーのロジャー・フェデラー選手はジュニア時代バックハンドはスライスし…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年10月2日 12:32

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ロジャー・フェデラー」のつながり調べ

  • ジェームズ・ブレーク

    ジェームズ・ブレークから見たロジャー・フェデラー

    2006年のシーズンに入り、ブレークは1月のオーストラリア・シドニー大会と2月末のアメリカ・ラスベガス大会で優勝した。3月上旬の「インディアンウェルズ・マスターズ」は、4大大会に次ぐ大規模な大会群である「ATPマスターズシリーズ」(年間9大会を指定)の1つである。ブレークはこの大規模な大会で初めての決勝戦に進出し、世界ランキング1位のロジャー・フェデラーに 5-7, 3-6, 0-6 で完敗して準優勝になったが、これで初めての世界ランキングトップ10入りが確定し、9位に入った。この年は男子ツアーで自己最高記録となる年間「5勝」を挙げ、世界ランキング上位8名しか出場資格を得られない年間最終戦「テニス・マスターズ・カップ」にも初出場を果たす。この大舞台でブレークは決勝戦に進み、フェデラーに 0-6, 3-6, 4-6 のストレートで敗れて準優勝に終わった。(ジェームズ・ブレーク フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピックにおけるテニス競技

    北京オリンピックにおけるテニス競技から見たロジャー・フェデラー

     ロジャー・フェデラー (ベスト8)(北京オリンピックにおけるテニス競技 フレッシュアイペディアより)