前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
278件中 1 - 10件表示
  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ジョコビッチは大躍進を果たす。マイアミ・マスターズ決勝で、フェデラーを下して勝ち上がって来たギリェルモ・カナスを破り、大規模トーナメント群であるATPマスターズシリーズ初優勝を達成。全仏オープンでは第6シードに選ばれ、初めて準決勝まで勝ち上がると、同大会で2連覇中だったナダルに5-7, 4-6, 2-6で敗れたものの、続く第4シードで挑んだウィンブルドンでは、雨天による大会進行の遅延に悩まされながら、4回戦でレイトン・ヒューイットと4時間、準々決勝でマルコス・バグダティスと5時間ものマラソンマッチを戦い抜き、苦しみつつも準決勝まで勝ち上がった。しかし、ナダルとの対戦中に足の痛みで途中棄権を余儀なくされた。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・ナダル

    ラファエル・ナダルから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    第4シードで出場した全仏オープンでは、ラース・ブルクスミュラー、グザビエ・マリス、第30シードリシャール・ガスケ、第23シードセバスチャン・グロジャン、第20シードダビド・フェレールを破り準決勝進出。準決勝で世界1位のロジャー・フェデラーを破り、決勝ではアルゼンチンの伏兵マリアノ・プエルタに競り勝って、「19歳2日」の若さでグランドスラム初優勝を達成。全仏オープンでの初出場・初優勝は1982年のマッツ・ビランデル以来となり、大会でも4番目の年少記録だった。10代の男子テニス選手がグランドスラムで優勝したことも、1990年全米オープンに「19歳28日」で優勝したピート・サンプラス以来15年ぶりの快挙であった。ラファエル・ナダル フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・マリー

    アンディ・マリーから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダル、ノバク・ジョコビッチと共にBIG4と称される。アンディ・マリー フレッシュアイペディアより)

  • スタン・ワウリンカ

    スタン・ワウリンカから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2014年全豪オープン男子シングルス・2015年全仏オープン男子シングルス・2016年全米オープン男子シングルス優勝。2014年モンテカルロ・マスターズ優勝。2008年北京五輪男子ダブルスで、ロジャー・フェデラーと組んで金メダルを獲得。デビスカップ2014でデビスカップスイス代表の優勝に貢献。スタン・ワウリンカ フレッシュアイペディアより)

  • 錦織圭

    錦織圭から見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    6月にはエミリアノ・マサと組んで出場した全仏オープン男子ジュニアダブルス部門で、日本男子史上初の4大大会ジュニアダブルス優勝の快挙を果たした。なおこの大会では男子ジュニアシングルスでも8強に入っている。また、前年この大会で優勝しこの年も男子シングルス決勝に進んだ世界ランキング2位のラファエル・ナダルが、決勝前日の練習相手に仮想ロジャー・フェデラーとして錦織を指名し話題を呼んだ。その翌日の決勝戦当日の朝にもヒッティングパートナーの依頼を受け再び練習相手を務める。錦織圭 フレッシュアイペディアより)

  • ピート・サンプラス

    ピート・サンプラスから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2001年 ウィンブルドン選手権4回戦でロジャー・フェデラーに、全米オープン決勝でレイトン・ヒューイットにそれぞれ敗れ、1992年以来9年ぶりの4大大会無冠に終わる。ピート・サンプラス フレッシュアイペディアより)

  • フアン・マルティン・デル・ポトロ

    フアン・マルティン・デル・ポトロから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2009年全米オープン男子シングルス優勝者。グランドスラム1大会でロジャー・フェデラーとラファエル・ナダルの両方に勝利した初の選手であり、2005年全仏から2013年全米までのグランドスラム35大会中唯一のBIG4以外の優勝者である。フアン・マルティン・デル・ポトロ フレッシュアイペディアより)

  • ジョー=ウィルフリード・ツォンガ

    ジョー=ウィルフリード・ツォンガから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ツォンガは全豪オープンで旋風を起こし、世界ランキング38位のノーシードから決勝に勝ち進んだ。1回戦で第9シードのアンディ・マリーを破った勝利から始まり、4回戦でライバルのガスケ、準々決勝でミハイル・ユージニーを破ると、準決勝でも第2シードのナダルを6-2, 6-3, 6-2のストレートで破り、旋風を沸き起こした。ツアー経歴で最初のシングルス決勝進出をグランドスラムで決めた選手は、1997年全仏オープンで世界ランキング66位から初優勝したグスタボ・クエルテン以来の快挙となった。決勝では準決勝で世界1位のロジャー・フェデラーを破った第3シードのノバク・ジョコビッチに6-4, 4-6, 3-6, 6-7で敗れ、この大会の準優勝者となった。ジョー=ウィルフリード・ツォンガ フレッシュアイペディアより)

  • トマーシュ・ベルディハ

    トマーシュ・ベルディハから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2002年に17歳でプロ入りし、2003年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップチェコ代表選手に選ばれた。2004年、ベルディハは、アテネ五輪のシングルスベスト8に進出した。2回戦で第1シードのロジャー・フェデラーを4-6, 7-5, 7-5で破って注目を集め、続く3回戦でもトミー・ロブレドを破った後、準々決勝でテーラー・デントに4-6, 1-6で敗れた。オリンピック後、全米オープンで初めての4大大会4回戦に勝ち進み、9月末のシチリア国際でツアー初優勝を果たした。トマーシュ・ベルディハ フレッシュアイペディアより)

  • ミロシュ・ラオニッチ

    ミロシュ・ラオニッチから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ウィンブルドンでは4回戦で錦織圭に4-6, 6-1, 7-6(4), 6-3で勝利し、準々決勝に進出。準々決勝で4回戦でラファエル・ナダルを破ったニック・キリオスに6-7(4), 6-2, 6-4, 7-6(4)で勝利し、自身初グランドスラム準決勝進出を果たす。準決勝でロジャー・フェデラーに4-6, 4-6, 4-6で敗れた。大会後の世界ランキングで自己最高の6位となった。ミロシュ・ラオニッチ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
278件中 1 - 10件表示