前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
167件中 1 - 10件表示
  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2007年に入り、ノバクは大躍進を果たす。マイアミ・マスターズ決勝で、フェデラーを下して勝ち上がって来たギリェルモ・カナスを破り、大規模トーナメント群であるATPマスターズシリーズ初優勝を達成。全仏オープンでは第6シードに選ばれ、初めて準決勝まで勝ち上がると、同大会で2連覇中だったラファエル・ナダルに 5-7, 4-6, 2-6 で敗れたものの、続く第4シードで挑んだウィンブルドンでは、雨天による大会進行の遅延に悩まされながら、4回戦でレイトン・ヒューイットと4時間、準々決勝でマルコス・バグダティスと5時間ものマラソンマッチを戦い抜き、苦しみつつも準決勝まで勝ち上がった。しかし、ナダルとの対戦中に足の痛みで途中棄権を余儀なくされた。8月第3週のカナダ・マスターズの準々決勝で当時世界ランキング3位のアンディ・ロディック、準決勝で同2位のラファエル・ナダル、決勝で同1位のロジャー・フェデラーを倒し、ATPマスターズシリーズ2勝目を挙げ、シングルス・ランキングで3位に上昇した。全米オープンで初めて4大大会決勝に進出したが、フェデラーに 6-7(4-7), 6-7(2-7), 4-6 のストレートで敗れて準優勝に終わった。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・ナダル

    ラファエル・ナダルから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ナダルは2005年シーズンに急成長を始めた。シーズン序盤、中南米のクレーコートの大会でいくつかの勝利を収め、全仏オープンの前哨戦となるモンテカルロ、ローマでも優勝。年頭には50位だったATPランキングも、全仏オープン開始前には5位まで上昇した。全仏オープンでは、準決勝で世界1位のロジャー・フェデラーを破り、決勝ではアルゼンチンの伏兵マリアノ・プエルタに競り勝って、「19歳2日」の若さで初優勝を達成。全仏オープンでの初出場・初優勝は1982年のマッツ・ビランデル以来となり、大会でも4番目の年少記録だった。10代の男子テニス選手が4大大会で優勝したことも、1990年の全米オープンに「19歳28日」で優勝したピート・サンプラス以来15年ぶりの快挙であった。ラファエル・ナダル フレッシュアイペディアより)

  • ピート・サンプラス

    ピート・サンプラスから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    彼には貧血症の持病があり、それに伴って30歳頃からは体力が急激に低下していった。2000年全米オープン決勝戦でマラト・サフィンに 4-6, 3-6, 3-6 で完敗して“サンプラスの決勝不敗神話”が崩れた試合や、2001年ウィンブルドン4回戦でロジャー・フェデラーに 6-7, 7-5, 4-6, 7-6, 5-7 (試合時間:3時間41分)で敗れた試合が、サンプラス時代の終焉を印象づけることになる(1993年から2000年までの8年間で、サンプラスがウィンブルドン優勝を逃したのは、リカルド・クライチェクに準々決勝で敗退した1996年だけであった)。さらに2001年全米オープン決勝戦でもレイトン・ヒューイットに 6?7, 1?6, 1?6で完敗し、この年は1992年以来の4大大会無冠に終わる。アメリカの後輩としてアンディ・ロディックも台頭していたが、対するサンプラスは2年以上にわたり男子ツアーのタイトルから遠ざかっていた。しかし2002年全米オープンで、長年のライバルであり続けたアンドレ・アガシを決勝で破り、31歳にして6年ぶり5度目の全米優勝を果たす。こうしてサンプラスは2000年ウィンブルドン以来の優勝を飾り、彼の4大大会優勝回数は「14勝」となった。4大大会決勝戦進出はキャリア通算で男子歴代3位の「18度」となり、「14勝4敗」で終わった。その後は試合に全く出場せず、2003年全米オープン開催中に正式に引退を表明した。大会開幕日の8月25日、コート上でサンプラスの引退式典が行われた。ピート・サンプラス フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のスポーツ

    2007年のスポーツから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    7月8日 - テニスウィンブルドン選手権男子シングルス決勝でロジャー・フェデラーがラファエル・ナダルを下し、1976年-80年の ビョルン・ボルグ以来。27年ぶり4人目の5連覇達成。2007年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年全仏オープン

    2010年全仏オープンから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    男子シングルスのシード勢では、前年覇者で世界ランク1位のロジャー・フェデラーの他、イワン・リュビチッチ、トマーシュ・ベルディハ、スタニスラス・ワウリンカ、ジョン・イスナー、トマス・ベルッチ、世界ランク3位のノバク・ジョコビッチ、前年ベスト4のフェルナンド・ゴンサレス、ガエル・モンフィス、ビクトル・ハネスク、世界ランク4位のアンディ・マレー、ニコラス・アルマグロらが順当に勝ち上がったが、過去4度全仏ベスト8の経験を持つ第21シードのトミー・ロブレドがビクトル・トロイツキに、第27シードのフェリシアーノ・ロペスが予選から勝ち上がってきたユリアン・ライスターに敗れる波乱があった。2010年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・イスナー

    ジョン・イスナーから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    イスナーは父親が建築家、母親は不動産業者という家庭に生まれ、9歳からテニスを始めた。少年時代はその長身を生かしてバスケットボールもプレーしたが、16歳でテニスに専念する。彼は2004年から2007年までジョージア大学の学生テニス選手として活動し、2007年のNCAAテニス選手権でシングルス準優勝・ダブルス優勝を成し遂げた後にプロ選手となった。同年7月の「レッグ・メイソン・テニス・クラシック」(アメリカ・ワシントンD.C.開催)で決勝に進み、同じアメリカのアンディ・ロディックに 4-6, 6-7(4-7) で敗れて準優勝になる。8月末の全米オープンで、イスナーは主催者推薦(ワイルドカード)から3回戦に進出し、第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)から第1セットのタイブレークを奪取した。この試合には 7-6(7-4), 2-6, 4-6, 2-6 で敗れたものの、イスナーはアメリカ期待の新星として一躍有名になった。彼の身長(206cm)は、現在のATPツアーではイボ・カロビッチ(クロアチア)の208cmに次ぐ2番目の長身である。ジョン・イスナー フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    全豪オープン 男子単優勝:ロジャー・フェデラー(スイス)、女子単優勝:アメリ・モレスモ(フランス)2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のスポーツ

    2008年のスポーツから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    全仏オープンテニス男子シングルス決勝でラファエル・ナダル(スペイン)がロジャー・フェデラー(スイス)を下し、ビョルン・ボルグ以来27年ぶり3人目の4連覇を達成した。2008年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のスポーツ

    2009年のスポーツから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    7日 - 【テニス】全仏オープン男子シングルス決勝でロジャー・フェデラー(スイス)がロビン・セーデリング(スウェーデン)を下し、1999年にアンドレ・アガシ(アメリカ合衆国)が達成して以来11年ぶり、男子では史上6人目のキャリアグランドスラムを達成すると共に、4大大会の通算優勝回数を14回とし、史上1位のピート・サンプラス(アメリカ合衆国)に並んだ。2009年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • アレハンドロ・ファジャ

    アレハンドロ・ファジャから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ファジャはテニスコーチである父親の手ほどきで6歳からテニスを始め、2000年にプロ入りした。2001年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのコロンビア代表選手になる。2004年の全仏オープンで4大大会初出場を果たし、ダビド・ナルバンディアンとの2回戦に進出した。続くウィンブルドンでは、ロジャー・フェデラーとの2回戦でウィンブルドンのセンター・コートに立った。ファジャはフェデラーから3ゲームしか奪えずに 1-6, 2-6, 0-6 で完敗した。アレハンドロ・ファジャ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
167件中 1 - 10件表示