278件中 91 - 100件表示
  • 鈴木貴男

    鈴木貴男から見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    翌2004年のデビスカップ対インド戦では74年ぶりの勝利に貢献する。2005年全豪オープンでは、1回戦でアメリカのジャン・マイケル・ギャンビルをストレートで下し、同大会で松岡以来16年ぶりの勝利を挙げると、2回戦でも前年優勝者のロジャー・フェデラーと好試合を展開した。ダブルスでは盧彦勳とペアを組み、ユルゲン・メルツァー/アレクサンドル・ワスケ組との3回戦まで進出した。これは1968年のオープン化(プロ解禁)以来では、日本男子としての4大大会男子ダブルス最高成績になる。同年のAIGジャパンオープンテニスでは岩渕聡とダブルスを組み、決勝でシーモン・アスペリン/トッド・ペリー組をストレートで破り、1970年の現行男子ツアー制度導入後、日本選手が組んだペアでは初のツアー優勝を飾った。鈴木貴男 フレッシュアイペディアより)

  • トミー・ロブレド

    トミー・ロブレドから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2006年5月第3週に行われたのハンブルク・マスターズで、ロブレドは決勝でラデク・ステパネクを6-1, 6-3, 6-3で破って優勝した。このマスターズ大会での優勝により、ロブレドは初めての世界ランキングトップ10入りが確定した。ウィンブルドン選手権終了後、7月第2週にスウェーデン・オープンの決勝でニコライ・ダビデンコを破り、ツアー通算4勝目を挙げた。2007年度の4大大会では、ロブレドは全豪オープンと全仏オープンの2大会連続でベスト8に進んだが、どちらも準々決勝でロジャー・フェデラーに連敗した。トミー・ロブレド フレッシュアイペディアより)

  • ヤンコ・ティプサレビッチ

    ヤンコ・ティプサレビッチから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ティプサレビッチは6歳からテニスを始め、8歳の時から「ニュー・ベオグラード・テニスクラブ」で練習するようになった。彼は2000年からデビスカップユーゴスラビア代表選手になったが、当時のユーゴスラビアは「ユーロアフリカン・ゾーン」の「グループ3」にいた。ユーゴスラビアは2003年に解体しセルビア・モンテネグロになり、ティプサレビッチも2004年からデビスカップセルビア・モンテネグロ代表チームの一員になった。セルビア・モンテネグロが2006年に分離したため、このチーム名は3年間のみであったが、その間にレベルを著しく上げる。2004年まではユーロアフリカン・ゾーンの「グループ2」にいたチームは、2005年から同ゾーンの「グループ1」に昇格し、2006年に初めて「ワールドグループ・プレーオフ」進出を果たした。9月22日-24日に行われたプレーオフで、セルビア・モンテネグロはスイスに1勝4敗で敗れ、ティプサレビッチも第1試合でロジャー・フェデラーに敗れたが、ノバク・ジョコビッチが第2試合でチーム唯一の勝利を挙げている。2007年9月にベオグラードで行われたワールドグループ・プレーオフで、新チームとなったセルビアはオーストラリアを「4勝1敗」で破り、このチームでワールドグループ初進出を決めた。2010年では準決勝でチェコ、決勝でフランスを破りセルビアは悲願の初優勝を果たした。ヤンコ・ティプサレビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・クロフォード

    ジャック・クロフォードから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    1933年に史上初のグランドスラム3冠を達成。グランドスラム優勝6回。グランドスラム7大会連続決勝進出記録を持ち2007年にロジャー・フェデラーに破られるまで74年間最長記録だった。ジャック・クロフォード フレッシュアイペディアより)

  • マルチナ・ヒンギス

    マルチナ・ヒンギスから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2011年にロジャー・フェデラーから2012年ロンドンオリンピックでヒンギスと混合ダブルスのペアで出場したいとの打診を受けていたがこのペアは実現しなかった。マルチナ・ヒンギス フレッシュアイペディアより)

  • BNPパリバ・オープン

    BNPパリバ・オープンから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラー (2004, 2005, 2006, 2012, 2017)BNPパリバ・オープン フレッシュアイペディアより)

  • イボ・カロビッチ

    イボ・カロビッチから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2004年はウィンブルドンで2年連続の活躍を見せ、ロジャー・フェデラーとの4回戦まで勝ち上がった。それからアテネ五輪にもクロアチア代表選手として初出場し、シングルス3回戦でカルロス・モヤに敗れた。2006年全豪オープン男子ダブルスでヤン・ヘルニチと組んでベスト8に入り、2月末の全米国際インドアテニス選手権でクリス・ハガードと組んで男子ツアーダブルス初優勝を果たしている。イボ・カロビッチ フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のスポーツ

    2017年のスポーツから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    男子シングルス優勝:ロジャー・フェデラー()(7年ぶり5回目)2017年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年全米オープン男子シングルス

    2012年全米オープン男子シングルスから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダル、ジョコビッチの3人以外が4大大会で優勝したのは2009年全米以来12大会ぶり。フェデラー・ナダル2人ともベスト4に進出できなかったのは2004年全仏以来。また2003年優勝のアンディ・ロディックの引退大会でもある。 2012年全米オープン男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・マユ

    ニコラ・マユから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ニコラ・マユは2006年3月、京都市体育館で開かれたATPチャレンジャーツアーの全日本室内テニス選手権に出場し、決勝で盧彦勲を6-4, 6-1で破って優勝した1。この年はウィンブルドンで初の3回戦進出があり、マユは第1シードのロジャー・フェデラーに3-6, 6-7, 4-6のストレートで完敗した。ニコラ・マユ フレッシュアイペディアより)

278件中 91 - 100件表示