167件中 91 - 100件表示
  • マリウシュ・フィルステンベルク

    マリウシュ・フィルステンベルクから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    フィルステンベルクは7歳からテニスを始めたが、その2年後にポーランドの共産主義が崩壊した。1999年8月に初めてポーランド国内開催のチャレンジャー大会に参加し、最初期からダブルスの分野で才能を発揮し始める。2001年からプロテニス選手となり、直ちに男子テニス国別対抗戦・デビスカップのポーランド代表選手に選ばれた。最初はいろいろな選手とのコンビネーションを試していたが、2002年夏ごろからほとんどの試合でマルチン・マトコフスキとペアを組むようになった。2003年7月末、故国ポーランドのソポト大会のダブルスでマトコフスキと組んでツアー初優勝を果たす。2004年アテネ五輪のポーランド代表選手に選ばれたフィルステンベルクとマトコフスキは、男子ダブルス1回戦でスイス代表のイブ・アレグロ&ロジャー・フェデラー組に 3-6, 2-6 で敗退した。マリウシュ・フィルステンベルク フレッシュアイペディアより)

  • マルチン・マトコフスキ

    マルチン・マトコフスキから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    マトコフスキは8歳からテニスを始めたが、その年にポーランドの共産主義が崩壊した。彼は1998年からポーランド国内開催のチャレンジャー大会に参加し始め、2000年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのポーランド代表選手に選ばれたが、2001年から2003年までアメリカのカリフォルニア大学ロサンゼルス校に留学していた。そのため、彼は22歳という遅い年齢でプロテニス選手に転向した。現在もダブルスのパートナーを組むマリウシュ・フィルステンベルクとの出会いは、2000年11月にアメリカ・フロリダ州で開かれたチャレンジャー大会であった。それ以後、マトコフスキは大半のトーナメントでフィルステンベルクとペアを組むようになる。2003年7月末、故国ポーランドのソポト大会のダブルスでフィルステンベルクと組んでツアー初優勝を果たす。2004年アテネ五輪のポーランド代表選手に選ばれたマトコフスキとフィルステンベルクは、男子ダブルス1回戦でスイス代表のイブ・アレグロ&ロジャー・フェデラー組に 3-6, 2-6 で敗退した。マルチン・マトコフスキ フレッシュアイペディアより)

  • FCコンコルディア・バーゼル

    FCコンコルディア・バーゼルから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    フースバル・クラブ・コンコルディア・バーゼル(Fussball Club Concordia Basel)は、スイスの北西部、バーゼル=シュタット準州の州都バーゼルを本拠地とするサッカークラブチームである。2008-2009シーズンはチャレンジリーグ(2部相当)に所属。ロジャー・フェデラーが10代の頃に下部組織に在籍していたことで知られている。FCコンコルディア・バーゼル フレッシュアイペディアより)

  • イリ・ノバク

    イリ・ノバクから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    6歳からテニスを始め、1993年にプロ入り。1996年1月にニュージーランド・オークランドの大会でツアー初優勝。2002年の全豪オープンで4大大会の自己最高成績を出し、初のベスト4に進出した。この時は優勝したトーマス・ヨハンソン(スウェーデン)に 6-7, 6-0, 6-4, 3-6, 4-6 のフルセットで敗れ、決勝進出を逃している。この年にローマとカナダのマスターズ大会でベスト4、マドリード・マスターズで準優勝し世界ランキングを自己最高の5位に上げ、世界ランキング上位8名しか出場資格を得られない男子プロテニスツアー最終戦「テニス・マスターズ・カップ」にも出場した。当時世界ランキング2位のアンドレ・アガシに 7-5, 6-1 で勝利したが当時6位のロジャー・フェデラーとフアン・カルロス・フェレーロに敗れ1勝2敗で敗退した。イリ・ノバク フレッシュアイペディアより)

  • ジレ・ミュラー

    ジレ・ミュラーから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2008年全米オープンで久々に予選会を通過したミュラーは、この大会でベスト8に進出し、ルクセンブルク出身のテニス選手として史上最高成績を出した。2回戦のトミー・ハース(ドイツ)、3回戦のニコラス・アルマグロ(スペイン)戦の2試合連続で、2セット・ダウン(先に相手に2セットを取られた状態)からの逆転勝利を収めると、4回戦でも第5シードのニコライ・ダビデンコを 6-4, 4-6, 6-3, 7-6 で倒した。初進出の準々決勝では、第2シードのロジャー・フェデラーに 6-7, 4-6, 6-7 のストレートで敗れた。この活躍により、彼は2年ぶりに世界ランキング100位以内にも復帰した。2009年全豪オープンでも初の3回戦に進み、第8シードのフアン・マルティン・デル・ポトロ(アルゼンチン)に 7-6, 5-7, 3-6, 5-7 のスコアで敗れている。ジレ・ミュラー フレッシュアイペディアより)

  • ベンヤミン・ベッカー

    ベンヤミン・ベッカーから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2006年のウィンブルドンで、ベッカーは初めて4大大会の予選会を通過した。初めての本戦では1回戦でフアン・イグナシオ・チェラ(アルゼンチン)を破った後、2回戦でフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)に破れた。同年の全米オープンでは、1回戦でフィリッポ・ボランドリ(イタリア)、2回戦でセバスチャン・グロジャン(フランス)を破って勝ち進む。3回戦の対戦相手は、この大会が現役最後であると表明していたアンドレ・アガシに決まった。アガシは1986年から「21年連続」で全米オープンに連続出場を続け、1999年に男子テニス史上5人目の「キャリア・グランドスラム」を達成した名選手である。当時まだ無名選手だったベッカーは、36歳のベテラン選手に 7-5, 6-7, 6-4, 7-5 で勝利を収めた。その後4回戦でアンディ・ロディックに敗退する。全米オープンの1ヶ月後、彼はジャパン・オープンで初来日し、ロジャー・フェデラーとの準決勝まで勝ち進んだ。これらの活躍により、ベッカーのランキングは2006年初頭の421位から、11月には62位まで上昇した。彼はこの年に男子プロテニス協会の「最優秀新人賞」(Newcomer of the Year)を受賞した。ベンヤミン・ベッカー フレッシュアイペディアより)

  • ビクトル・トロイツキ

    ビクトル・トロイツキから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    トロイツキは父親がロシア移民の家系である弁護士、母親は経済学者という家庭に生まれ、5歳からテニスを始めた。ジュニア時代の2004年、ウィンブルドンジュニア男子ダブルス部門でロビン・ハーセ(オランダ)と組んだ準優勝がある。2006年にプロ入り。ツアー下部大会で順調に世界ランクを上げていった彼は、同年10月のジャパン・オープンでATPツアー大会にデビューした。予選を勝ち抜いて本戦出場権を獲得すると、1回戦でフェルナンド・ビセンテ(スペイン)をフルセットで破り、2回戦で第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)に 6-7, 6-7 のスコアで惜敗した。ビクトル・トロイツキ フレッシュアイペディアより)

  • ドゥディ・セラ

    ドゥディ・セラから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    セラは父親がバス運転手、母親は看護婦という家庭に生まれ、4人兄弟の末っ子として育った。彼は7歳からキリヤット・シュモナにある「イスラエル・テニスセンター」でテニスを始め、ジュニア時代には同センターの理事長を務めていたアモス・マンスドルフを専属コーチに付け、シングルスで2002年全豪オープン、2002年全米オープンでそれぞれベスト8、翌2003年は全仏オープンでベスト8、全米オープンはベスト4の成績を残し、ダブルスでも2002年全米オープンでミカエル・ライデルシュタット(スウェーデン)と組みベスト4、2003年全仏オープンではジョルジ・バラージュ(ハンガリー)と組み優勝を果たすなどの成績を残し、ITFジュニアランクも最高9位をマーク。早くから国際的に名の知れたトップジュニアとして活躍していた。そのジュニアキャリアと並行する形で2002年にプロ入り。2005年の全仏オープンで4大大会にデビュー。予選3試合を勝ち抜いた彼は、本戦1回戦で第1シードのロジャー・フェデラーに挑戦し、1-6, 4-6, 0-6 のスコアで敗れた。同年9月から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのイスラエル代表選手に選ばれた。ドゥディ・セラ フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ベルッチ

    トマス・ベルッチから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    地元のブラジル・オープンでベスト4に進出した。3月のBNPパリバ・オープンでは4回戦で優勝したロジャー・フェデラーに 6-3, 3-6, 4-6 の逆転で敗れた。7月のスイス・オープンでは、2年半ぶりにツアー決勝に進出しヤンコ・ティプサレビッチを 6?7(8), 6?4, 6?2 で破りツアー3勝目を挙げた。ロンドン五輪にも出場したが、シングルスでは1回戦でフランスのジョー=ウィルフリード・ツォンガに 7?6(5), 4?6, 4?6 、アンドレ・サと組んだダブルスでも1回戦でアメリカのボブとマイクのブライアン兄弟組に 6?7(5), 7?6(5), 3-6 で敗れた。9月のデビスカッププレーオフではロシアを相手にシングルスで2勝を挙げブラジルの10年ぶりワールドグループ復帰に貢献した。トマス・ベルッチ フレッシュアイペディアより)

  • ファビオ・フォニーニ

    ファビオ・フォニーニから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    転向後暫くは下部大会での下積みが続いたフォニーニであったが、2007年から本格的にツアーレベルの大会に挑戦するようになり、5月の全仏オープンシングルスで予選を勝ち上がりグランドスラム大会初出場を果たす。1回戦では当時シングルス世界ランク35位のフアン・モナコと対戦、当時世界ランク191位のフォニーニは最初の2セットを奪う活躍を見せるも3セット目以降はモナコに逆転され、結局6-3, 6-2, 1-6, 2-6, 4-6のフルセットで惜敗した。予選を勝ち上がり出場した7月のシングルスでは1回戦でを6-4, 6-3のストレートで破りツアーシングルス初勝利を挙げ勢いに乗ると、2回戦では大会第16シードのを4-6, 6-4, 7-5のフルセットで下し、との3回戦まで進出。続いて予選を勝ち上がり出場したロジャーズ・カップでも2回戦で大会13シード、当時シングルス世界ランク14位のアンディ・マレーを6-2, 6-2のストレートで下す番狂わせを演じ当時世界ランク1位の大会第1シードロジャー・フェデラーとの3回戦まで進出した。この年は他にも9月のシングルスでも2回戦に進出した他、下部ツアーのチャレンジャーシリーズでもシングルスで3度の準優勝、ダブルスで1度の準優勝を挙げる活躍で、シングルス年度末ランクも前シーズン終了時のの247位から94位まで急上昇させ、以降ツアーレベルに定着するようになる。またシーズン後半にはスペインの元プロテニス選手と新たにフルタイムコーチ契約を結び、以降セラーノの指導を受けるようになる。ファビオ・フォニーニ フレッシュアイペディアより)

167件中 91 - 100件表示

「ロジャー・フェデラー」のニューストピックワード