278件中 11 - 20件表示
  • ダビド・ナルバンディアン

    ダビド・ナルバンディアンから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    5歳からテニスを始める。ナルバンディアンの自宅には、アルメニア人の祖父が作ったセメントのテニス・コートがあり、家族ぐるみでテニスに親しみながら育った。ジュニア時代には1998年全米オープン男子ジュニア部門で優勝があり、決勝で同年度のウィンブルドン選手権男子ジュニア部門優勝者ロジャー・フェデラーを6-3, 7-5で破った。2000年に18歳でプロ転向。2002年ウィンブルドン選手権で、大会初出場の第28シードながら初の決勝進出を果たす。そこで第1シードのレイトン・ヒューイットに1-6, 3-6, 2-6のストレートで完敗したが、ウィンブルドン初出場選手の決勝進出は1968年のオープン化(プロ選手解禁措置)以後では初の快挙であった。ダビド・ナルバンディアン フレッシュアイペディアより)

  • マラト・サフィン

    マラト・サフィンから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2001年ウィンブルドン選手権ではベスト8に進み、本大会の優勝者となったゴラン・イワニセビッチに6-7, 5-7, 6-3, 6-7で敗れた。全米オープンでは、準決勝でサンプラスに敗れて大会連覇を逃した。この年、フェデラーとダブルスを組んだ、スイス・オープン・グシュタードでダブルス初優勝を飾っている。マラト・サフィン フレッシュアイペディアより)

  • ビョルン・ボルグ

    ビョルン・ボルグから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2007年ウィンブルドンにおいて、ボルグは引退後初めて男子シングルス決勝戦を観戦し、ロジャー・フェデラー(スイス)が自らのウィンブルドン「5連覇」に並ぶ瞬間を見守った。2008年全仏オープンで、ラファエル・ナダル(スペイン)がボルグ以来となる全仏オープン「4連覇」を達成する。2008年ウィンブルドンで、ロジャー・フェデラーはラファエル・ナダルに 4-6, 4-6, 7-6, 7-6, 7-9 で敗れ、(1981年のボルグと同じく)1880年代のウィリアム・レンショーの「6連覇」を逃した。初優勝したナダルは、赤土の全仏オープンと芝生のウィンブルドン連続制覇を成し遂げ、1980年のボルグ以来28年ぶりの偉業を達成した。ビョルン・ボルグ フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・ロディック

    アンディ・ロディックから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ロディックはウィンブルドン選手権では2004年と2005年の2年連続、決勝でロジャー・フェデラーに敗れて準優勝になった(フェデラーには2003年の同大会準決勝でも敗れているため、3年連続の苦杯となる)。アンディ・ロディック フレッシュアイペディアより)

  • トミー・ハース

    トミー・ハースから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2007年全豪オープンで、ハースは5年ぶり3度目のベスト4に進出したが、準決勝でフェルナンド・ゴンサレスに1-6, 3-6, 1-6のストレートで完敗した。2月の全米国際インドアテニス選手権決勝でアンディ・ロディックを下し、シングルス優勝を通算「11勝」とする。この年はウィンブルドンで初の4回戦進出があったが、3回戦の試合中に腹痛が悪化し、ロジャー・フェデラーとの試合を棄権した。トミー・ハース フレッシュアイペディアより)

  • ロビン・セーデリング

    ロビン・セーデリングから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    また2010年全仏オープン男子シングルス準々決勝では、2004年ウィンブルドン以降6年近くにわたりグランドスラム23大会連続準決勝進出していたロジャー・フェデラーに勝利し、フェデラーの連続記録ストップに成功した選手でもある。ロビン・セーデリング フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・アンチッチ

    マリオ・アンチッチから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    7歳からテニスを始め、10歳の時からゴラン・イワニセビッチと一緒に練習するようになった。ジュニア時代には、2000年ウィンブルドン選手権男子ジュニア部門で準優勝がある。2001年に17歳でプロ入り。2002年ウィンブルドン選手権1回戦で、アンチッチは第7シードのロジャー・フェデラーを6-3, 7-6(2), 6-3のストレートで圧倒した。続く2回戦で敗れたが、この勝利で「イワニセビッチ2世」は一躍有名になり、現地イギリスの新聞から「スーパーマリオ」のニックネームもつけられた。2003年は全豪オープンでフアン・カルロス・フェレーロとの4回戦まで進み、全仏オープンの2回戦では第1シードのアンドレ・アガシに7-5, 6-1, 4-6, 2-6, 5-7のスコアで逆転負けを喫した。2004年ウィンブルドン選手権でさらなる成長ぶりを見せ、アンディ・ロディックとの準決勝まで進出したが、4-6, 6-4, 5-7, 5-7で敗れている。同年のアテネ五輪にもクロアチア代表として出場し、イワン・リュビチッチとペアを組んで男子ダブルスの銅メダルを獲得した。この年はATPツアーで4度の準優勝があり、あと1歩でツアー初優勝を逃していた。マリオ・アンチッチ フレッシュアイペディアより)

  • ジミー・コナーズ

    ジミー・コナーズから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ATPツアーのシングルスではいずれも男子歴代1位のツアー109勝、シングルス1243勝などの大記録を持つ。世界ランキング1位連続保持記録「160週」は歴代2位(当時歴代1位、2007年2月26日にロジャー・フェデラーがコナーズの記録を更新し、2008年8月17日まで「237週」を記録)。また世界ランキング1位通算在位記録「268週」は当時歴代最長で、現在でもフェデラー(302週)、サンプラス(286週)、レンドル(270週)に次ぐ歴代4位である。ジミー・コナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のスポーツ

    2007年のスポーツから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    7月8日 - テニスウィンブルドン選手権男子シングルス決勝でロジャー・フェデラーがラファエル・ナダルを下し、1976年-80年の ビョルン・ボルグ以来。27年ぶり4人目の5連覇達成。2007年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • レイトン・ヒューイット

    レイトン・ヒューイットから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2004年は不調から脱し、メディバンク国際、ABNアムロ世界テニス・トーナメント、レッグ・メーソン・テニス・クラシックとパイロット・ペン・テニスで優勝。シンシナティ・マスターズと全米オープン、テニス・マスターズ・カップで準優勝する好成績を残し、ランキング3位で年を終えた。この年は4大大会などの大舞台でロジャー・フェデラーにことごとく敗れている。まず全豪オープン4回戦で6-4, 3-6, 0-6, 4-6、続いてウィンブルドン選手権準々決勝で1-6, 7-6, 0-6, 4-6で、更に全米オープン決勝で0-6, 6-7, 0-6で、そしてテニス・マスターズ・カップのラウンドロビンでは3-6, 4-6で、決勝では3-6, 2-6で敗れていた。レイトン・ヒューイット フレッシュアイペディアより)

278件中 11 - 20件表示