167件中 11 - 20件表示
  • 北京オリンピックにおけるテニス競技

    北京オリンピックにおけるテニス競技から見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

     ロジャー・フェデラー (ベスト8)北京オリンピックにおけるテニス競技 フレッシュアイペディアより)

  • スタニスラス・ワウリンカ

    スタニスラス・ワウリンカから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    スタニスラス・ワウリンカ(Stanislas Wawrinka, 1985年3月28日 - )は、スイス・ローザンヌ出身の男子プロテニス選手。2008年の北京五輪男子ダブルスで、ロジャー・フェデラーと組んで金メダルを獲得した選手である。これまでにATPツアーでシングルス3勝、ダブルス2勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス9位、ダブルス90位。身長183cm、体重79kg。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。バブリンカと呼ばれることも多い。スタニスラス・ワウリンカ フレッシュアイペディアより)

  • ニコライ・ダビデンコ

    ニコライ・ダビデンコから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ダビデンコはウクライナのセベロドネツクに生まれ、7歳から兄と一緒にテニスを始めた。15歳の時に家族でドイツへ引っ越し、18歳の時にロシア国籍を取得した。彼の両親はロシアに在住している。1999年にプロ入り。2001年の全豪オープンで4大大会にデビューし、2回戦でパトリック・ラフターに挑戦した。2003年から世界的な躍進を始め、年頭のネクストジェネレーション・アデレード国際でツアー初優勝を果たす。この年から、ダビデンコは男子テニス国別対抗戦・デビスカップのロシア代表選手になる。4月にポルトガル・エストリルの大会でも優勝し、この年に初めて世界ランキングトップ50位以内に入った。2004年も年間2勝を挙げ、同年のアテネ五輪にもロシア代表として出場したが、シングルス1回戦でスイスのロジャー・フェデラーに敗れた。ニコライ・ダビデンコ フレッシュアイペディアより)

  • ジミー・コナーズ

    ジミー・コナーズから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    1979年全米準決勝でマッケンローに敗れて連続決勝進出が5でストップした後、コナーズはしばらく4大大会の優勝から遠ざかり、世界ランク1位の座もライバルのボルグに譲ってしまった。しかしそのボルグが1981年のウィンブルドン決勝でマッケンローに敗れて6連覇を逃し、全米でも同じマッケンローに敗れて以後ほとんど試合に出なくなった後の1982年、ウィンブルドンで8年ぶり2度目の優勝を飾る。大会2連覇を目指したジョン・マッケンローとの4時間15分の熱戦を制し、4年ぶりのグランドスラム優勝を決めると、続く全米オープンでも4年ぶり4度目の優勝を果たすと、この頃からしばらくマッケンローやレンドルと壮絶な世界ランク1位争いを繰り広げた。翌1983年の全米オープンで2年連続5度目の優勝、4大大会通算8勝目を挙げた。これはコナーズのプロ通算「100勝目」の記念碑的な優勝となる。最後の2度の全米オープン決勝戦では、チェコスロバキアのイワン・レンドルに2連勝した。全米オープン5勝は、ピート・サンプラス・ロジャー・フェデラーと並ぶ大会歴代4位タイ記録である。全盛期に出場できなかった全仏オープンのみ優勝には手が届かず、4度の準決勝止まりに終わった。ジミー・コナーズ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ナルバンディアン

    ダビド・ナルバンディアンから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    5歳からテニスを始める。ナルバンディアンの自宅には、アルメニア人の祖父が作ったセメントのテニス・コートがあり、家族ぐるみでテニスに親しみながら育った。ジュニア時代には1998年の全米オープン男子ジュニア部門で優勝があり、決勝で同年度のウィンブルドン男子ジュニア部門優勝者ロジャー・フェデラーを 6-3, 7-5 で破った。2000年に18歳でプロ転向。2002年のウィンブルドンで、大会初出場の第28シードながら初の決勝進出を果たす。そこで第1シードのレイトン・ヒューイットに 1-6, 3-6, 2-6 のストレートで完敗したが、ウィンブルドン初出場選手の決勝進出は1968年のオープン化(プロ選手解禁措置)以後では初の快挙であった。ダビド・ナルバンディアン フレッシュアイペディアより)

  • ジュリアン・ベネトー

    ジュリアン・ベネトーから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2009年のBNPパリバ・マスターズでは2回戦でロジャー・フェデラーを 3-6, 7-6(4), 6-4 で破り、初めて世界ランキング1位の選手に勝利した。2010年には初めてデビスカップにフランス代表として出場した。ジュリアン・ベネトー フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラヴァ・ヴァヴリネック

    ミロスラヴァ・ヴァヴリネックから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ミロスラヴァ・"ミルカ"・ヴァヴリネック(Miroslava "Mirka" Vavrinec 現姓:フェデラー(Federer), 1978年4月1日 - )は、チェコスロバキア・ボイニツェ(現スロバキア領)出身のスイスの元女子プロテニス選手。WTAランキング自己最高位はシングルス76位、ダブルス214位。身長174cm、体重59kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。同じスイスのテニス選手であるロジャー・フェデラーの妻兼マネージャーとして知られる人物である。メディアでは彼女の愛称であるミルカ(Mirka)の名で言及されることも多い。ミロスラヴァ・ヴァヴリネック フレッシュアイペディアより)

  • レイトン・ヒューイット

    レイトン・ヒューイットから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2004年は不調から脱し、メディバンク国際、ロッテルダム、ワシントンとロングアイランドで優勝。シンシナティ・マスターズと全米オープン、年間最終戦で準優勝する好成績を残し、ランキング3位で年を終えた。この年は4大大会などの大舞台でロジャー・フェデラーにことごとく敗れている。まず全豪オープン4回戦で 6-4, 3-6, 0-6, 4-6 、続いてウィンブルドン選手権準々決勝で 1-6, 7-6, 0-6, 4-6 、更に全米オープン決勝で 0-6, 6-7, 0-6、そして年間最終戦のラウンドロビンでは 3-6, 4-6 、決勝では 3-6, 2-6 で敗れていた。レイトン・ヒューイット フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・アガシ

    アンドレ・アガシから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    注:現在の4大大会は全豪オープンと全米オープンがハードコートで、全仏オープンはクレーコート、ウィンブルドンは芝生コートで行われるが、かつては芝生とクレーしかなかった。4大大会で異なる3種類のサーフェスをすべて制したのは、アガシ、コナーズ、マッツ・ビランデル、ラファエル・ナダルとロジャー・フェデラーの4人だけである。(全米オープンのコートは、芝生・クレー・ハードと変遷。コナーズはそのすべてのサーフェスで優勝したが、グランドスラムは達成していない。またビランデルはウィンブルドン優勝こそないが1983,84年にまだ芝生で行われていた全豪を制しており、ハードになった後の全豪、全米及びクレーの全仏で優勝経験がある。)アンドレ・アガシ フレッシュアイペディアより)

  • トミー・ハース

    トミー・ハースから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2007年の全豪オープンで、ハースは5年ぶり3度目のベスト4に進出したが、準決勝でチリのフェルナンド・ゴンサレスに 1-6, 3-6, 1-6 のストレートで完敗した。2月のアメリカ・メンフィス大会の決勝でアンディ・ロディックを下し、シングルス優勝を通算「11勝」とする。この年はウィンブルドンで初の4回戦進出があったが、3回戦の試合中に腹痛が悪化し、ロジャー・フェデラーとの試合に出場できなくなった(不戦敗)。トミー・ハース フレッシュアイペディアより)

167件中 11 - 20件表示

「ロジャー・フェデラー」のニューストピックワード