167件中 21 - 30件表示
  • 2005年のスポーツ

    2005年のスポーツから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ウィンブルドン 男子単優勝:ロジャー・フェデラー(スイス)、女子単優勝:ビーナス・ウィリアムズ(アメリカ)2005年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロビン・セーデリング

    ロビン・セーデリングから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2009年全豪オープンで、セーデリングは2回戦で3年前の準優勝者マルコス・バグダティスに 6-3, 5-7, 3-6, 3-6 で敗れた。この年前半はなかなか勝てなかったものの、全仏オープンで旋風を起こし、4回戦で大会5連覇を目指した第1シードのラファエル・ナダルを 6-2, 6-7(2), 6-4, 7-6(2) で破る勝利を挙げた(2005年に全仏初出場から初優勝したナダルにとっては、これは大会初黒星だった)。それから準々決勝でニコライ・ダビデンコ、準決勝でフェルナンド・ゴンサレスを連破した。決勝戦では第2シードのロジャー・フェデラーに 1-6, 6-7(1), 4-6 で敗れて準優勝になり、スウェーデン勢として1988年のマッツ・ビランデル以来21年ぶりとなる全仏優勝は成らなかった。初優勝したフェデラーは、セーデリングの前で宿願のキャリア・グランドスラムを達成した。ロビン・セーデリング フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンオリンピック (2012年) におけるテニス競技・男子シングルス

    ロンドンオリンピック (2012年) におけるテニス競技・男子シングルスから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2回戦のジョー=ウィルフリード・ツォンガとミロシュ・ラオニッチの試合では 6-3, 3-6, 25-23 の合計66ゲームの五輪最多ゲーム記録を更新した。準決勝のロジャー・フェデラーとフアン・マルティン・デル・ポトロの試合では 3-6, 7-6(5), 19-17 試合時間4時間26分の3セットマッチでの史上最長試合となった。ロンドンオリンピック (2012年) におけるテニス競技・男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • マルコス・バグダティス

    マルコス・バグダティスから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    キプロスは地中海に浮かぶ、人口約87万人の小さな島国である。バグダティスの父親は衣料品店の経営者で、家族は2人の兄と養子の妹がいる。マルコスはその中で5歳からテニスを始め、14歳の時にスポーツ小国を援助するプロジェクトの奨学金の資格を得て、キプロスからフランスの首都・パリへ留学した。ジュニア選手時代、2001年に日本の大阪で開かれた世界スーパージュニアテニス選手権大会に16歳で優勝したことがある。2003年に全豪オープンの男子ジュニア部門で優勝し、同年にプロ転向。2004年のアテネ五輪にキプロス代表として出場し、2回戦でドイツのニコラス・キーファーに敗れる。4大大会デビューは同年の全米オープンで、2回戦で第1シードのロジャー・フェデラーに挑戦した。2005年の全豪オープンでキプロス人のテニス選手として初の4回戦進出を果たしたが、この時もフェデラーに敗れている。2005年は全仏オープンとウィンブルドンにも初出場を果たしたが、この両大会では初戦を突破できなかった。マルコス・バグダティス フレッシュアイペディアより)

  • イボ・カロビッチ

    イボ・カロビッチから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2004年はウィンブルドンで2年連続の活躍を見せ、ロジャー・フェデラー(スイス)との4回戦まで勝ち上がった。それからアテネ五輪にもクロアチア代表選手として初出場し、シングルス3回戦でカルロス・モヤ(スペイン)に敗れた。2006年は全豪オープンの男子ダブルスでヤン・ヘルニチ(チェコ)と組んでベスト8に入り、2月末のアメリカ・テネシー州メンフィス大会でクリス・ハガード(南アフリカ)と組んで男子ツアーダブルス初優勝を果たしている。イボ・カロビッチ フレッシュアイペディアより)

  • トマーシュ・ベルディハ

    トマーシュ・ベルディハから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ズリーン州にある人口3万人ほどの小さな町、ヴァラシュスケー・メジジーチーに生まれたベルディハは、5歳の時から地元のテニスセンターでテニスを始めた。彼はチェコ国内の12歳以下の選手によるジュニア・トーナメントで優勝した後、さらなる練習環境を求めてオロモウツ州プロスチェヨフ市に引っ越し、次々とジュニア選手のトーナメントを制していった。2002年に17歳でプロ入りし、2003年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのチェコ代表選手に選ばれた。2004年、ベルディハはアテネ五輪のチェコ代表選手として、シングルスのベスト8に進出した。2回戦で第1シードのロジャー・フェデラーを破って注目を集め、続く3回戦でもスペイン代表のトミー・ロブレドを破った後、準々決勝でアメリカ代表のテーラー・デントに 4-6, 1-6 で敗れた。オリンピック終了後、全米オープンで初めての4大大会4回戦に勝ち進み、9月末のイタリア・パレルモ大会でツアー初優勝を果たした。トマーシュ・ベルディハ フレッシュアイペディアより)

  • ヤンコ・ティプサレビッチ

    ヤンコ・ティプサレビッチから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ティプサレビッチは6歳からテニスを始め、8歳の時から「ニュー・ベオグラード・テニスクラブ」で練習するようになった。彼は2000年からデビスカップのユーゴスラビア代表選手になったが、当時のユーゴスラビアは「ユーロアフリカン・ゾーン」の「グループ3」にいた。(デビスカップの仕組み:世界最上位の「ワールドグループ」16ヶ国を除く参加国は、地域別に「アメリカン・ゾーン」「アジア・オセアニアゾーン」「ユーロアフリカン・ゾーン」に分かれ、各ゾーンごとに4つのグループに分かれている。)ユーゴスラビア・チームは2003年に解体し、ティプサレビッチは2004年から「セルビア・モンテネグロ」チームの一員になった。セルビア・モンテネグロが2006年に分離したため、このチーム名は3年間のみであったが、その間にレベルを著しく上げる。2004年まではユーロアフリカン・ゾーンの「グループ2」にいたチームは、2005年から同ゾーンの「グループ1」に昇格し、2006年に初めて「ワールドグループ・プレーオフ」進出を果たした。9月22日-24日に行われたプレーオフで、セルビア・モンテネグロはスイスに1勝4敗で敗れ、ティプサレビッチも第1試合でロジャー・フェデラーに敗れたが、ノバク・ジョコビッチが第2試合でチーム唯一の勝利を挙げている。2007年9月にベオグラードで行われたワールドグループ・プレーオフで、新チームとなったセルビアはオーストラリアを「4勝1敗」で破り、このチームでワールドグループ初進出を決めた。2010年には準決勝でチェコ、決勝でフランスを破りセルビアは悲願の初優勝を果たした。ヤンコ・ティプサレビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ガエル・モンフィス

    ガエル・モンフィスから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    それからしばらく不調が続いたが、2008年全仏オープンで初めてのベスト4に入り、自らの4大大会自己最高成績を更新した。初進出の準決勝で、モンフィスは第1シードのロジャー・フェデラーに 2-6, 7-5, 3-6, 5-7 で敗れた。ところが、第30シードに選ばれたウィンブルドンで、モンフィスは肩の負傷により大会開始直前に出場を断念する。この後、北京五輪にフランス代表選手として初参加し、シングルスのベスト8に進出した。全米オープンでは初の4回戦進出を決めたが、地元アメリカ人選手のマーディ・フィッシュに 5-7, 2-6, 2-6 でストレート負けした。ガエル・モンフィス フレッシュアイペディアより)

  • ジル・シモン

    ジル・シモンから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2008年はシモンにとって更なる飛躍の年となり、5月のモロッコ・カサブランカ大会、7月のアメリカ・インディアナポリス大会で優勝。7月のロジャーズ・カップ2回戦では当時世界ランク1位の王者ロジャー・フェデラー(スイス)を 2-6, 7-5, 6-4 のフルセットで下す番狂わせを演じ、ニコラス・キーファー(ドイツ)との準決勝まで進出する。勢いに乗って、2008年11月3日付の世界ランキングで9位に入り、初の世界トップ10入りを果たす。年末の男子ツアー最終戦「テニス・マスターズ・カップ」にも初出場を果たすと、予選ラウンドの「赤組:Red Group」で再びフェデラーを破り、前世界王者の決勝ラウンド進出を阻止する勝利を挙げて、決勝ラウンドに勝ち進む。決勝ラウンド1回戦(準決勝)ではノバク・ジョコビッチに 6-4, 3-6, 5-7 で敗れ、決勝進出はならなかった。(2008年度のテニス・マスターズ・カップの競技方式:出場選手8名は、予選ラウンドで「赤組」(Red Group)と「金組」(Gold Group)の2つに分かれ、各グループの4人ずつで総当たり戦を行う。グループの上位2名が決勝ラウンドに進み、準決勝→決勝を戦う。)ジル・シモン フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・マレー

    アンディ・マレーから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2008年のシーズンに入り、マレーは5つのシングルス優勝を加えた。ウィンブルドンでは初めて準々決勝に駒を進めたが、ナダルに 3-6, 2-6, 4-6 のストレートで完敗した。ウィンブルドン終了後、7月末の「シンシナティ・マスターズ」決勝でノバク・ジョコビッチを破り、ATPマスターズシリーズ初優勝を達成。全米オープンでは第6シードとして勝ち進み、準決勝でナダルを 6-2, 7-6, 4-6, 6-4 で破って決勝進出を決めた。初進出の決勝戦では、第2シードのロジャー・フェデラーに 2-6, 5-7, 2-6 で敗れて準優勝になった。その後10月に2週連続優勝がある。アンディ・マレー フレッシュアイペディアより)

167件中 21 - 30件表示

「ロジャー・フェデラー」のニューストピックワード