278件中 21 - 30件表示
  • ガエル・モンフィス

    ガエル・モンフィスから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    それからしばらく不調が続いたが、2008年全仏オープンで初めてのベスト4に入り、自らの4大大会自己最高成績を更新した。初進出の準決勝で、モンフィスは第1シードのロジャー・フェデラーに2-6, 7-5, 3-6, 5-7で敗れた。第30シードに選ばれたウィンブルドンで、モンフィスは肩の負傷により大会開始直前に棄権した。この後、北京五輪にフランス代表選手として初参加し、シングルスのベスト8に進出した。全米オープンでは初の4回戦進出を決めたが、地元アメリカ人選手のマーディ・フィッシュに5-7, 2-6, 2-6でストレート負けした。ガエル・モンフィス フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・ゴンサレス

    フェルナンド・ゴンサレスから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2005年にゴンサレスは男子ツアーで3大会優勝を挙げ、ウィンブルドンでは初めて準々決勝に進出したがロジャー・フェデラーに5-7, 2-6, 6-7で敗退。また、全仏オープン男子ダブルスでマスーと組み、準決勝進出を果たした。2005年度を11位で終えた。フェルナンド・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • 2012年ウィンブルドン選手権男子シングルス

    2012年ウィンブルドン選手権男子シングルスから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ウィンブルドン6度優勝のロジャー・フェデラーとウィンブルドン初決勝進出のアンディ・マレーの決勝。フェデラーが勝利しウィンブルドン7度目・グランドスラム17個目のタイトルを獲得した。この優勝によりフェデラーは世界ランキング1位に復冠した。また、ピート・サンプラスのウィンブルドン優勝回数記録に並び、この大会の直後サンプラスの持つ286週世界ランキング1位記録を破った。2012年ウィンブルドン選手権男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 2010年全仏オープン

    2010年全仏オープンから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    男子シングルスのシード勢では、前年覇者で世界ランク1位のロジャー・フェデラーの他、イワン・リュビチッチ、トマーシュ・ベルディハ、スタニスラス・ワウリンカ、ジョン・イスナー、トマス・ベルッシ、世界ランク3位のノバク・ジョコビッチ、前年ベスト4のフェルナンド・ゴンサレス、ガエル・モンフィス、ビクトル・ハネスク、世界ランク4位のアンディ・マリー、ニコラス・アルマグロらが順当に勝ち上がったが、過去4度全仏ベスト8の経験を持つ第21シードのトミー・ロブレドがビクトル・トロイツキに、第27シードのフェリシアーノ・ロペスが予選から勝ち上がってきたユリアン・ライスターに敗れる波乱があった。2010年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のスポーツ

    2008年のスポーツから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    全仏オープンテニス男子シングルス決勝でラファエル・ナダル(スペイン)がロジャー・フェデラー(スイス)を下し、ビョルン・ボルグ以来27年ぶり3人目の4連覇を達成した。2008年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    全豪オープン 男子単優勝:ロジャー・フェデラー(スイス)、女子単優勝:アメリ・モレスモ(フランス)2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・フェレール

    ダビド・フェレールから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2007年1月のハイネケン・オープンでは、決勝で同い年の親友トミー・ロブレドを6-4, 6-2で破り、ツアー3勝目を挙げる。全米オープンで、フェレールは4大大会シングルスの自己最高成績を出した。4回戦でナダルを6-7, 6-4, 7-6, 6-2で破って波に乗り、準々決勝でフアン・イグナシオ・チェラを破った後、初進出の準決勝で第3シードのノバク・ジョコビッチに4-6, 4-6, 3-6で敗れた。全米4強入りの後、10月のジャパン・オープン・テニス選手権で来日し、決勝でリシャール・ガスケを6-1, 6-2で破って初優勝を果たす。年末の男子ツアー年間最終戦テニス・マスターズ・カップでは、決勝でロジャー・フェデラーに敗れて準優勝になったが、この大躍進でフェレールの世界ランキングは「5位」に上がった。ダビド・フェレール フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ゴフィン

    ダビド・ゴフィンから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    全仏オープンでは予選決勝で敗退したが、ガエル・モンフィスの直前欠場によりラッキールーザーで4大大会に初出場する。1回戦でラデク・ステパネクを6-2, 4-6, 2-6, 6-4, 6-2で、2回戦でアルノー・クレマンを3-6, 7-6(2), 0-6, 6-2, 6-1で、3回戦でルカシュ・クボットを7-6(4), 7-5, 6-1で破り4回戦に進出した。ラッキールーザーが4大大会の男子シングルスで4回戦に進出したのは1995年ウィンブルドン選手権のディック・ノーマン以来17年ぶりという快挙だった。4回戦では憧れのロジャー・フェデラーと対戦し第1セットを先取したが7-5, 5-7, 2-6, 4-6で敗れた。ダビド・ゴフィン フレッシュアイペディアより)

  • マリン・チリッチ

    マリン・チリッチから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2014年よりチリッチは母国の先輩ゴラン・イワニセビッチをコーチに迎えた。地元のPBZザグレブ・インドアやデルレイビーチ国際テニス選手権で優勝し復調を見せた。ウィンブルドン選手権で3回戦で第6シードのトマーシュ・ベルディハに7-6(5), 6-4, 7-6(6)で勝利し自身初のベスト8進出。準々決勝でも第1シードのノバク・ジョコビッチに1-6, 6-3, 7-6(4), 2-6, 2-6と敗れるも善戦した。続く北米マスターズ2大会でも善戦し、第14シードで全米オープンを迎えた。全米オープンでは4回戦でジル・シモンに5-7,7-6,6-4,3-6,6-3で4時間13分の激闘の末勝利してベスト8進出を果たすと、準々決勝でベルディハを6-2, 6-4, 7-6で、準決勝でロジャー・フェデラーを6-3, 6-4, 6-4といずれもストレートで下し4大大会では自身初の決勝進出。決勝では、第5シードのミロシュ・ラオニッチ、第3シードのスタン・ワウリンカ、第1シードのジョコビッチを撃破してこちらも自身初めてグランドスラム決勝に進出した錦織圭とお互い初優勝をかけて対戦し、6-3, 6-3, 6-3で破り、グランドスラム初優勝を果たした。大会後のランキングで9位に浮上。さらに10月13日付のランキングで自己最高の8位に浮上した。マリン・チリッチ フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンダー・ズベレフ

    アレクサンダー・ズベレフから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    3月のデビスカップ対チェコ戦でデビスカップドイツ代表デビューを果たした。翌週のBNPパリバ・オープンではイワン・ドディグ、グリゴール・ディミトロフ、ジル・シモンを破り、マスターズ初の4回戦進出。4回戦ではラファエル・ナダルをマッチポイントまで追い込むも、7-6(8), 0-6, 5-7で敗れた。全仏直前のニース・オープンでは準々決勝でジル・シモンに6-3, 6-7(6), 7-6(1)で破ると、準決勝でジョアン・ソウザを6-4, 4-6, 6-2で破り、自身初のATPツアーで決勝に進出。決勝ではドミニク・ティームに4-6, 6-3, 0-6で敗れ初優勝はならなかった。全仏オープンでは3回戦まで進出するがドミニク・ティームに敗れた。ゲリー・ウェバー・オープンでは準決勝でロジャー・フェデラーを破り、決勝に進出。決勝では同胞の先輩のフロリアン・マイヤーに2-6, 7-5, 3-6で敗れ、初優勝はならなかった。ウィンブルドンでは初めてシードとなり、第24シードで出場。雨天や日没によるサスペンデッドを経ながら、3回戦に進出。3回戦で世界ランク9位のトマーシュ・ベルディヒに3-6, 4-6, 6-4, 1-6で敗れた。9月のサンクトペテルブルク・オープンで今季3度目の決勝進出。決勝でスタン・ワウリンカに6-2, 3-6, 7-5で勝利し、ATPツアー初優勝を果たした。10代でのツアー優勝は2008年のマリン・チリッチ以来である。アレクサンダー・ズベレフ フレッシュアイペディアより)

278件中 21 - 30件表示