167件中 31 - 40件表示
  • フアン・マルティン・デル・ポトロ

    フアン・マルティン・デル・ポトロから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    年頭のニュージーランド・オークランド大会で優勝。全豪オープンでは第8シードに選ばれ準々決勝まで進出するが、第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)に 3-6, 0-6, 0-6 で敗退した。全仏オープンでは、グランドスラム大会で初めての準決勝に進出し再びフェデラーと対戦するが、 6-3, 6-7, 6-2, 1-6, 4-6 のフルセットで敗れ決勝進出はならなかった。フアン・マルティン・デル・ポトロ フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・ゴンサレス

    フェルナンド・ゴンサレスから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2005年にゴンサレスは男子ツアーで3大会優勝を挙げ、ウィンブルドンでは初めて準々決勝に進出したがロジャー・フェデラーに 5-7, 2-6, 6-7 で敗退。また、全仏オープンダブルス部門でマスーと組み、準決勝進出を果たした。2005年度を11位で終えた。フェルナンド・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・ブレーク

    ジェームズ・ブレークから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2006年のシーズンに入り、ブレークは1月のオーストラリア・シドニー大会と2月末のアメリカ・ラスベガス大会で優勝した。3月上旬の「インディアンウェルズ・マスターズ」は、4大大会に次ぐ大規模な大会群である「ATPマスターズシリーズ」(年間9大会を指定)の1つである。ブレークはこの大規模な大会で初めての決勝戦に進出し、世界ランキング1位のロジャー・フェデラーに 5-7, 3-6, 0-6 で完敗して準優勝になったが、これで初めての世界ランキングトップ10入りが確定し、9位に入った。この年は男子ツアーで自己最高記録となる年間「5勝」を挙げ、世界ランキング上位8名しか出場資格を得られない年間最終戦「テニス・マスターズ・カップ」にも初出場を果たす。この大舞台でブレークは決勝戦に進み、フェデラーに 0-6, 3-6, 4-6 のストレートで敗れて準優勝に終わった。ジェームズ・ブレーク フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・フェレール

    ダビド・フェレールから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2007年1月のニュージーランド・オークランド大会では、決勝で同じ年の親友トミー・ロブレドを 6-4, 6-2 で破り、ツアー3勝目を挙げる。全米オープンで、フェレールは4大大会シングルスの自己最高成績を出した。4回戦でナダルを 6-7, 6-4, 7-6, 6-2 で破って波に乗り、準々決勝でフアン・イグナシオ・チェラ(アルゼンチン)を破った後、初進出の準決勝で第3シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に 4-6, 4-6, 3-6 で敗れた。全米4強入りの後、10月のジャパン・オープンで来日し、決勝でリシャール・ガスケ(フランス)を 6-1, 6-2 で破って初優勝を果たす。年末の男子ツアー年間最終戦テニス・マスターズ・カップでは、決勝でロジャー・フェデラーに敗れて準優勝になったが、この大躍進でフェレールの世界ランキングは「5位」に上がった。ダビド・フェレール フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木貴男

    鈴木貴男から見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    翌2004年のデ杯対インド戦では74年ぶりの勝利に貢献する。2005年の全豪オープンでは、1回戦でアメリカのジャン・マイケル・ギャンビルをストレートで下し、同大会で松岡以来16年ぶりの勝利を挙げると、2回戦でも前年優勝者のロジャー・フェデラーと好試合を展開した。ダブルスでは盧彦勳(台湾)とペアを組み、ユルゲン・メルツァー(オーストリア)&アレクサンドル・ワスケ(ドイツ)組との3回戦まで進出した。これは1968年のオープン化(プロ解禁)以来では、日本男子としての4大大会男子ダブルス最高成績になる。同年のAIGジャパンオープンテニスでは岩渕聡とダブルスを組み、決勝でサイモン・アスペリン(スウェーデン)&トッド・ペリー(オーストラリア)組をストレートで破り、1970年の現行男子ツアー制度導入後、日本選手が組んだペアでは初のツアー優勝を飾った。鈴木貴男 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のスポーツ

    2012年のスポーツから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    8日 - 【テニス】ウィンブルドン選手権男子決勝が行われ、ロジャー・フェデラーがアンディ・マリーを破って通算7度目の優勝を飾った。通算7度目の優勝はピート・サンプラスらに並び、大会最多タイとなった。マリーは4大大会では76年ぶりとなる英国勢優勝は果たせなかった。2012年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ティム・ヘンマン

    ティム・ヘンマンから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ティム・ヘンマンは従来サーブ・アンド・ボレー主体で、球足の速い芝生コートのスペシャリストの印象が強く、球足の遅いクレーコートや、ハードコートにおける戦績はいまひとつであった。しかし2004年、ヘンマンは30歳にして初めて全仏オープンと全米オープンの準決勝に進出した。全仏準決勝ではアルゼンチンのギリェルモ・コリアに 6-3, 4-6, 0-6, 5-7 で、全米準決勝ではロジャー・フェデラーに3-6, 4-6, 4-6 で敗れたが、両大会ではサーブ・アンド・ボレーのみに頼らない、オールマイティな力を示し、どんなサーフェスでも活躍できる実力を備えていることを証明した。ウィンブルドンでは、準々決勝でクロアチアのマリオ・アンチッチに敗れている。ティム・ヘンマン フレッシュアイペディアより)

  • マルク・ロセ

    マルク・ロセから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ロセは2003年までデビスカップのスイス代表として出場を続けたが、最後の年にはロジャー・フェデラーとダブルスのペアを組み、ワールドグループ準々決勝のフランス戦と準決勝のオーストラリア戦に出場した。こうして彼のデ杯通算対戦成績は、スイス・チーム歴代2位の「37勝21敗」(シングルス24勝13敗/ダブルス13勝8敗)となった。2002年9月から2005年3月まで、ロセはスイス・チームのキャプテンを務めたが、一時は出場選手とチーム監督を兼任したこともある。マルク・ロセ フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・アンチッチ

    マリオ・アンチッチから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    7歳からテニスを始め、10歳の時からゴラン・イワニセビッチと一緒に練習するようになった。ジュニア時代には、2000年のウィンブルドン男子ジュニア部門で準優勝がある。2001年に17歳でプロ入り。2002年のウィンブルドン1回戦で、アンチッチは第7シードのロジャー・フェデラー(スイス)を 6-3, 7-6(2), 6-3 のストレートで圧倒した。続く2回戦で敗れたが、この勝利で「イワニセビッチ2世」は一躍有名になり、現地イギリスの新聞から「スーパーマリオ」のニックネームもつけられた。2003年は全豪オープンでフアン・カルロス・フェレーロ(スペイン)との4回戦まで進み、全仏オープンの2回戦では第1シードのアンドレ・アガシ(アメリカ)に 7-5, 6-1, 4-6, 2-6, 5-7 のスコアで逆転負けを喫した。2004年はウィンブルドンでさらなる成長ぶりを発揮し、アンディ・ロディック(アメリカ)との準決勝まで進出したが、4-6, 6-4, 5-7, 5-7 で敗れている。同年のアテネ五輪にもクロアチア代表として出場し、イワン・リュビチッチとペアを組んで男子ダブルスの銅メダルを獲得した。この年はATPツアーで4度の準優勝があり、あと1歩でツアー初優勝を逃していた。マリオ・アンチッチ フレッシュアイペディアより)

  • 1998年ウィンブルドン選手権

    1998年ウィンブルドン選手権から見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラー def. イラクリ・ラバーゼ, 6?4, 6?41998年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

167件中 31 - 40件表示