278件中 41 - 50件表示
  • デビスカップカザフスタン代表

    デビスカップカザフスタン代表から見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2014年はワールドグループ準々決勝で世界ランク3位で同年の全豪優勝者のスタニスラス・ワウリンカとBIG4のロジャー・フェデラーが率いるスイスとアウェーで対戦。第1試合でゴルベフがワウリンカを7?6(5), 6?2, 3?6, 7?6(5)で破ると、第3試合でもフェデラー/ワウリンカ組をゴルベフ/ネドベソフ組が6-4, 7-6(5), 4-6, 7-6(6)で破り、2-1と王手をかける。しかし、第4,5試合でワウリンカとフェデラーが勝利をあげ、2-3で敗れた。デビスカップカザフスタン代表 フレッシュアイペディアより)

  • ティム・ヘンマン

    ティム・ヘンマンから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2004年、ヘンマンは30歳にして初めて全仏オープンと全米オープンの準決勝に進出した。全仏準決勝ではギリェルモ・コリアに6-3, 4-6, 0-6, 5-7で、全米準決勝では世界ランク1位のロジャー・フェデラーに3-6, 4-6, 4-6で敗れたが、両大会ではサーブ・アンド・ボレーのみに頼らない、オールマイティな力を示し、どんなサーフェスでも活躍できる実力を備えていることを証明した。ウィンブルドン選手権では、準々決勝でマリオ・アンチッチに敗れている。ティム・ヘンマン フレッシュアイペディアより)

  • 2013年ウィンブルドン選手権男子シングルス

    2013年ウィンブルドン選手権男子シングルスから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダル、ノバク・ジョコビッチ以外がウィンブルドンで優勝したのは2002年以来11年ぶり。2013年ウィンブルドン選手権男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • ニコライ・ダビデンコ

    ニコライ・ダビデンコから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ダビデンコはウクライナのセベロドネツクに生まれ、7歳から兄と一緒にテニスを始めた。15歳の時に家族でドイツへ引っ越し、18歳の時にロシア国籍を取得した。彼の両親はロシアに在住している。1999年にプロ入り。2001年全豪オープンで4大大会にデビューし、2回戦でパトリック・ラフターに挑戦した。2003年から世界的な躍進を始め、年頭のネクストジェネレーション・アデレード国際でツアー初優勝を果たす。この年から、ダビデンコは男子テニス国別対抗戦・デビスカップロシア代表選手になる。4月にポルトガル・オープンでも優勝し、この年に初めて世界ランキングトップ50位以内に入った。2004年も年間2勝を挙げ、同年のアテネ五輪にもロシア代表として出場したが、シングルス1回戦でスイスのロジャー・フェデラーに敗れた。ニコライ・ダビデンコ フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・ブレーク

    ジェームズ・ブレークから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2006年のシーズンに入り、ブレークは1月のシドニー国際と2月末のテニス・チャンネル・オープンで優勝した。加えて、3月上旬には、4大大会に次ぐ規模の大会のATPマスターズシリーズのインディアンウェルズ・マスターズで初の決勝戦に進出した。当時世界1位のロジャー・フェデラーに5-7, 3-6, 0-6のスコアで完敗し準優勝に終わったが、自身初の世界ランキングトップ10内となる9位に入った。この年は男子ツアーで自己最高記録となる年間5勝を挙げ、世界ランキング上位8名しか出場資格を得られない年間最終戦テニス・マスターズ・カップにも初出場を果たした。この大舞台でブレークは決勝に進んだが、決勝ではフェデラーに0-6, 3-6, 4-6のストレートで敗れ準優勝に終わった。ジェームズ・ブレーク フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のスポーツ

    2005年のスポーツから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ウィンブルドン 男子単優勝:ロジャー・フェデラー(スイス)、女子単優勝:ビーナス・ウィリアムズ(アメリカ)2005年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ジュリアン・ベネトー

    ジュリアン・ベネトーから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2009年のBNPパリバ・マスターズでは2回戦でロジャー・フェデラーを3-6, 7-6(4), 6-4で破り、初めて世界ランキング1位の選手に勝利した。2010年には初めてデビスカップにフランス代表として出場した。ジュリアン・ベネトー フレッシュアイペディアより)

  • リシャール・ガスケ

    リシャール・ガスケから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ガスケは2007年ウィンブルドンで初めての準決勝に進出した。準々決勝では第3シードのアンディ・ロディックを4-6, 4-6, 7-6, 7-6, 8-6の逆転で破ったが、準決勝でロジャー・フェデラーに5-7, 3-6, 4-6で敗れた。ガスケとフェデラーは、前年のウィンブルドン1回戦で顔を合わせたこともあった。ウィンブルドン終了後、ガスケは世界ランキングを7位に上げ、初めての世界トップ10入りを果たした。ATPワールドツアー・ファイナルに初出場。リシャール・ガスケ フレッシュアイペディアより)

  • マルコス・バグダティス

    マルコス・バグダティスから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2004年アテネ五輪にキプロス代表として出場し、2回戦でドイツのニコラス・キーファーに敗れる。4大大会デビューは同年の全米オープンで、2回戦で第1シードのロジャー・フェデラーに挑戦した。2005年全豪オープンでキプロス人のテニス選手として初の4回戦進出を果たしたが、この時もフェデラーに敗れている。その後全仏オープンとウィンブルドンにも初出場を果たしたが、この両大会では初戦を突破できなかった。マルコス・バグダティス フレッシュアイペディアより)

  • アレハンドロ・ファジャ

    アレハンドロ・ファジャから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ファジャはテニスコーチである父親の手ほどきで6歳からテニスを始め、2000年にプロ入りした。2001年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのコロンビア代表選手になる。2004年全仏オープンで4大大会初出場を果たし、ダビド・ナルバンディアンとの2回戦に進出した。続くウィンブルドンでは、ロジャー・フェデラーとの2回戦でセンターコートに立った。ファジャはフェデラーから3ゲームしか奪えずに1-6, 2-6, 0-6で完敗した。アレハンドロ・ファジャ フレッシュアイペディアより)

278件中 41 - 50件表示