167件中 41 - 50件表示
  • フェデラー

    フェデラーから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ウイルソン・スポーティング・グッズ

    ウイルソン・スポーティング・グッズから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ウイルソンがテニス用品の製造を開始したのは1916年で、ステファン・エドベリ、ピート・サンプラス、ロジャー・フェデラー、ノバク・ジョコビッチ、錦織圭、ジュスティーヌ・エナン、ビーナス・ウィリアムズ、セリーナ・ウィリアムズらの著名選手がウイルソンのラケットを使用している。ウイルソン・スポーティング・グッズ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年カタール・エクソンモービル・オープン

    2005年カタール・エクソンモービル・オープンから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラー def. イワン・リュビチッチ, 6-3, 6-12005年カタール・エクソンモービル・オープン フレッシュアイペディアより)

  • 2011年カタール・エクソンモービル・オープン

    2011年カタール・エクソンモービル・オープンから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラー def. ニコライ・ダビデンコ, 6?3, 6?42011年カタール・エクソンモービル・オープン フレッシュアイペディアより)

  • ギリェルモ・カナス

    ギリェルモ・カナスから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ギリェルモ・カナスはここからツアーに復帰を果たし、2007年からデビスカップ代表にも復帰する。2月9日-11日の「ワールドグループ」1回戦で、対オーストリア戦のシングルス2試合に勝利したカナスは、翌週の大会の決勝でフアン・カルロス・フェレーロに勝ち、3年ぶりとなるツアー7勝目を挙げた。3月に入り、カナスは「インディアンウェルズ・マスターズ」と「マイアミ・マスターズ」の2大会連続で世界ランキング1位のロジャー・フェデラーを破る快挙を成し遂げた。マイアミでは決勝まで進出したが、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に 3-6, 2-6, 4-6 のストレートで敗れて準優勝になった。全仏オープンでも2年ぶり3度目のベスト8に進出し、ニコライ・ダビデンコ(ロシア)に敗れた。ギリェルモ・カナス フレッシュアイペディアより)

  • アンドレイ・パベル

    アンドレイ・パベルから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2002年の全仏オープンで、アンドレイ・パベルはアレックス・コレチャとの準々決勝まで勝ち進み、4大大会の自己最高成績を出した。2004年は全豪オープンと全米オープンの2大会で4回戦進出を記録し、同年10月25付で世界ランキングを自己最高の13位に上げた。全豪オープン4回戦では第3シードのフアン・カルロス・フェレーロに競り負け、全米オープンでは第1シードのロジャー・フェデラーとの4回戦に出場できなくなり、不戦敗に終わる。2005年はデビスカップで好成績を出し、ルーマニア・チームは「ワールドグループ」1回戦でベラルーシを破り、クロアチアとの準々決勝に進んだ。2006年はダブルスで年間3勝を挙げ、全仏オープンの男子ダブルスでドイツのアレクサンダー・ワスケとペアを組んで準決勝に進出している。ところが、全米オープンの男子シングルス1回戦で、パベルはこの大会を最後に現役引退することになったアンドレ・アガシと対戦することが決まった。試合は第1セットから第3セットまでタイブレークにもつれこみ、パベルは第1セットを 7-6 で先取した後 6-7, 6-7, 2-6 でアガシに敗れてしまった。アンドレイ・パベル フレッシュアイペディアより)

  • ウェスリー・ムーディ

    ウェスリー・ムーディから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2006年のムーディは、全米オープンでラファエル・ナダルとの3回戦に進出した。大会前年度優勝者として出場したジャパン・オープンでは、2回戦で世界ランキング1位のロジャー・フェデラー(スイス)に 4-6, 1-6 のストレートで敗れた。2007年度はダブルスでトッド・ペリー(オーストラリア)と組んで2勝を挙げた。デビスカップの南アフリカ代表選手としても、2008年まで7年連続出場を果たしている。ウェスリー・ムーディ フレッシュアイペディアより)

  • トニー・ローチ

    トニー・ローチから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    トニー・ローチは1986年、親友のジョン・ニューカムと一緒に国際テニス殿堂入りを果たした。現役引退後はイワン・レンドル、ロジャー・フェデラーなど、著名なトッププロ選手たちのコーチに携わり、2007年7月からレイトン・ヒューイットのコーチに就任した。トニー・ローチ フレッシュアイペディアより)

  • マニュエル・サンタナ

    マニュエル・サンタナから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    第2次世界大戦後のヨーロッパ人テニス選手として国際的に高い評価を獲得したマヌエル・サンターナは、1973年のデビスカップを最後に現役を引退し、スペイン・チームの代表選手として史上最多記録となる「92勝28敗」の記録を残した。1985年にスペインのテニス選手としてマニュエル・アロンソ(1895年 - 1984年)以来2人目の国際テニス殿堂入りを果たす。2006年7月9日、自らのウィンブルドン選手権優勝からちょうど40年後、男子シングルス決勝戦にスペインのラファエル・ナダルが勝ち上がったことから、サンターナはウィンブルドン選手権の主催者から特別招待を受け、ナダルとロジャー・フェデラーとの決勝を観戦した。2年後の2008年ウィンブルドンにおいて、ナダルが決勝でフェデラーを破って初優勝を果たし、スペイン人男子選手としてサンターナ以来「42年ぶり」2人目のウィンブルドン優勝者になった。マニュエル・サンタナ フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・クロフォード

    ジャック・クロフォードから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    クロフォードは1933年全豪選手権から1934年ウィンブルドン選手権まで、4大大会男子シングルス「7大会連続」決勝進出の記録を持っていたが、ロジャー・フェデラー(スイス)が2005年ウィンブルドンから2007年全米オープンまで「10大会連続」決勝に進み、クロフォードの記録を70年ぶりに更新した。ジャック・クロフォード フレッシュアイペディアより)

167件中 41 - 50件表示

「ロジャー・フェデラー」のニューストピックワード