278件中 51 - 60件表示
  • セルジー・スタホフスキー

    セルジー・スタホフスキーから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    セルジー・エドゥアルドヴィチ・スタホフスキー(Sergiy Stakhovsky, , 1986年1月6日 - )は、ウクライナ・キエフ出身の男子プロテニス選手。2013年ウィンブルドン選手権男子シングルス2回戦でロジャー・フェデラーを破った選手として知られる。これまでにATPツアーでシングルス4勝、ダブルス3勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス31位、ダブルス33位。身長193cm、体重80kg。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。日本語では「セルギー・スタホフスキー」や「セルゲイ・スタコウスキー」などの表記も見られる。スタホフスキーはATPツアーで7度決勝に進出しているが、そのすべてで優勝している。セルジー・スタホフスキー フレッシュアイペディアより)

  • グリゴール・ディミトロフ

    グリゴール・ディミトロフから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    年初のブリスベン国際ではジル・シモン、ビクトル・トロイツキに勝利し、ロジャー・フェデラーとの準々決勝まで進出。翌週のシドニー国際では決勝に進出。グリゴール・ディミトロフ フレッシュアイペディアより)

  • ドミニク・ティエム

    ドミニク・ティエムから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2016年の2月アルゼンチン・オープンでは準決勝でBIG4の一角のラファエル・ナダルを6-4, 4-6, 7-6(4)で破り決勝進出。決勝でニコラス・アルマグロを7-6(2), 3-6, 7-6(4)で破り、優勝。ツアー4勝目をあげた。続けてリオ・オープンでは、準々決勝で当時世界ランク6位のダビド・フェレールを6-3, 6-2で破り、準決勝進出。準決勝でギド・ページャに1-6, 4-6で敗れた。同じ月のメキシコ・オープンではグリゴール・ディミトロフを7-5, 6-2で破るなどして決勝進出。決勝ではバーナード・トミックを7-6(6), 4-6, 6-3で下して優勝。500シリーズ、そしてハードコートでの初タイトルとなった。その後のBNPパリバ・オープンでは、ジョー=ウィルフリード・ツォンガに、マイアミ・マスターズではノバク・ジョコビッチに、モンテカルロ・マスターズではナダルに破れそれぞれベスト16。その後のBMWオープンでは期待の新星であるアレクサンダー・ズベレフなどを破り、決勝進出。決勝でフィリップ・コールシュライバーに敗れ、準優勝。BNLイタリア国際では3回戦でロジャー・フェデラーに7-6(2), 6-4で勝利し準々決勝進出。準々決勝では錦織圭に3-6, 5-7で敗れた。翌週のニース・オープンでは決勝でA・ズベレフを6-4, 3-6, 6-0で破り、2連覇、今季3勝目を挙げた。翌週の全仏オープンでは、初進出の準々決勝でゴフィンを4-6, 7-6(7), 6-4, 6-1で破りベスト4進出。全仏オープンでのオーストリア人によるベスト4はトーマス・ムスター、ユルゲン・メルツァーに次ぐ3人目である。準決勝ではジョコビッチに2-6, 1-6, 4-6で敗れる。翌週の世界ランキングを7位とし、初のトップ10入りを果たす。芝シーズンに入ると初戦のメルセデス・カップでは準決勝で再びフェデラーを3-6, 7-6(7), 6-4で破り、芝では初めて決勝に進出。決勝でもコールシュライバーに6-7(2), 6-4, 6-4で勝利し、芝初優勝を果たす。ゲリー・ウェバー・オープンでは準決勝でフロリアン・マイヤーに敗れた。ウィンブルドンでは2回戦でイジー・ベセリーに6-7(4), 6-7(5), 6-7(6)で敗れた。ドミニク・ティエム フレッシュアイペディアより)

  • ジル・シモン

    ジル・シモンから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2008年はシモンにとって更なる飛躍の年となり、5月のハサン2世グランプリ、7月のインディアナポリス・テニス選手権で優勝。7月のロジャーズ・カップ2回戦では世界ランク1位のロジャー・フェデラーを2-6, 7-5, 6-4のフルセットで下す番狂わせを演じ、ニコラス・キーファーとの準決勝まで進出する。さらに10月のマドリード・マスターズでは準決勝に進出すると、世界ランク1位のラファエル・ナダルを3-6, 7-5, 7-6(6)で破り、マスターズ初の決勝進出。決勝でアンディ・マリーに4-6, 6-7(6)で敗れた。10月20日付の世界ランキングで10位に入り、初の世界トップ10入りを果たす。年末の男子ツアー最終戦テニス・マスターズ・カップにも初出場を果たすと、予選ラウンドの「レッド・グループ」で再びフェデラーを破り、前世界王者の決勝ラウンド進出を阻止する勝利を挙げて、決勝ラウンドに勝ち進む。準決勝ではノバク・ジョコビッチに6-4, 3-6, 5-7で敗れ、決勝進出はならなかった。ジル・シモン フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピックにおけるテニス競技

    北京オリンピックにおけるテニス競技から見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

     ロジャー・フェデラー (ベスト8)北京オリンピックにおけるテニス競技 フレッシュアイペディアより)

  • BIG4 (テニス)

    BIG4 (テニス)から見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    BIG4(ビッグ・フォー、英語:Big Four )とは、男子プロテニスにおいて突出した成績を残している選手4人の総称。ロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダル、ノバク・ジョコビッチ、アンディ・マレーを指す。BIG4 (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • ニック・キリオス

    ニック・キリオスから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    地元オーストラリアでの全豪オープンで4回戦でアンドレアス・セッピを破り、地元勢では2005年以来のベスト8進出となった。4大大会男子シングルスのティーンエイジャーで、2回以上ベスト8進出したのは、2001年のロジャー・フェデラー以来となる。準々決勝では第6シードのアンディ・マリーに3-6, 6-7, 3-6で敗れた。ニック・キリオス フレッシュアイペディアより)

  • 2005年全豪オープン男子シングルス

    2005年全豪オープン男子シングルスから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    マラト・サフィンが前回優勝のロジャー・フェデラーを準決勝で倒し、決勝でレイトン・ヒューイットに勝利して優勝した。マラト・サフィンは2回目で最後のグランドスラムタイトルとなった。2005年全豪オープン男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 2008年ウィンブルドン選手権

    2008年ウィンブルドン選手権から見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ラファエル・ナダル def. ロジャー・フェデラー, 6?4, 6?4, 6?7(5), 6?7(8), 9?72008年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年ウィンブルドン選手権

    1998年ウィンブルドン選手権から見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラー def. イラクリ・ラバーゼ, 6?4, 6?41998年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

278件中 51 - 60件表示