167件中 71 - 80件表示
  • カリム・アラミ

    カリム・アラミから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    またオリンピックのモロッコ代表選手としてもバルセロナ五輪に単複両部門で、2000年シドニー五輪ではシングルス部門に出場しており、バルセロナ五輪では1回戦のマルク・ロセ(フランス)戦で6-2,4-6,2-1とした所で棄権。エルアノーウィと組んだダブルスも1回戦で戦わずして棄権する羽目になるという苦い敗戦を味わったが、2度目の出場となったシドニー五輪では1回戦で第10シードのフランコ・スキラーリ(アルゼンチン)、2回戦でジャンルカ・ポッツィ(イタリア)、3回戦でファブリス・サントロ(フランス)を倒す活躍を見せ、ロジャー・フェデラー(スイス)との準々決勝まで進出している。カリム・アラミ フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・レンショー

    ウィリアム・レンショーから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    それから77年後の1981年に、ウィリアム・レンショーの名前がテニスファンの話題として復活する。1976年から1980年までウィンブルドンの男子シングルスに「5連覇」していたビョルン・ボルグが、昔のレンショーの6連覇に並ぶかどうかに期待がかけられたが、1981年の決勝戦でジョン・マッケンローに 6-4, 6-7, 6-7, 4-6 で敗れ、大会6連覇の記録を逃したのである。オールカマーズ・ファイナルの時代に成し遂げられたレンショーの記録と、すべての選手が1回戦からトーナメントを戦う現行の方式でなされたボルグの記録とでは、条件の違いは明らかだった。しかし、あくまでも数字の記録上においては、ウィンブルドンの男子シングルス連覇記録はレンショーがトップになる。(女子シングルスでは、1987年にマルチナ・ナブラチロワが6連覇を達成した。)1983年、レンショー兄弟は揃って国際テニス殿堂入りを果たす。2000年のウィンブルドンで、ピート・サンプラスが4年連続「7度目」の男子シングルス優勝を、2012年のウィンブルドンで、ロジャー・フェデラーが3年ぶり「7度目」の男子シングルス優勝を果たし、それぞれ優勝回数の歴代1位としてウィリアム・レンショーに並んだ。ウィリアム・レンショー フレッシュアイペディアより)

  • 2010年ゲリー・ウェバー・オープン

    2010年ゲリー・ウェバー・オープンから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    レイトン・ヒューイット def. ロジャー・フェデラー, 3?6, 7?6(4), 6?42010年ゲリー・ウェバー・オープン フレッシュアイペディアより)

  • イラクリ・ラバーゼ

    イラクリ・ラバーゼから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ラバーゼはサッカー選手であった父の指導の下、6歳からテニスを始めた。1998年のウィンブルドンジュニア男子シングルスで、ロジャー・フェデラーに敗れて準優勝になったことがある。同年にプロ入り。下部大会でしばらく下積み生活を送った後、2001年頃からランクも上昇し、ツアー大会にも出場できるようになる。9月の中国・上海大会1回戦で、当時ランキング2位のアンドレ・アガシをストレートで下すという大番狂わせを演じていた。この年はダブルスでツアー2大会で準優勝を遂げ、シングルスより一足先にトップ100に食い込んでいる。イラクリ・ラバーゼ フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・コスタ

    アルベルト・コスタから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    2004年は低迷に悩みながらも、5月第1週にATPマスターズシリーズ大会であるローマ・マスターズの2回戦でロジャー・フェデラーを破った。この年にフェデラーを破った選手は、年間を通してわずか6人しかいなかったが、コスタはその1人に数えられる。アルベルト・コスタ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年全豪オープン男子シングルス

    2011年全豪オープン男子シングルスから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    前年度優勝者の第2シードロジャー・フェデラーは、準決勝で第3シードのノバク・ジョコビッチに敗退。決勝はジョコビッチと前年度準優勝者で第5シードのアンディ・マレーの対決となり、ジョコビッチかマレーを6?4,6?2,6?3のストレートで下し優勝した。2011年全豪オープン男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 2010年ウィンブルドン選手権

    2010年ウィンブルドン選手権から見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    男子シングルス1回戦では、第1シードのロジャー・フェデラーの他、ノバク・ジョコビッチ、アンディ・ロディック、ニコライ・ダビデンコら上位シード勢は順当に勝ち上がったが、第11シードのマリン・チリッチがフロリアン・マイヤーに、第17シードイワン・リュビチッチがミハル・プルジシエツニに、第22シードのスタニスラス・ワウリンカがデニス・イストミンに、第30シードのトミー・ロブレドがピーター・ルクザックにそれぞれ敗れる波乱があった。2010年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年ウィンブルドン選手権男子シングルス

    2010年ウィンブルドン選手権男子シングルスから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    前年度優勝者のロジャー・フェデラーは準々決勝でベルディハに敗退、フェデラーがウィンブルドンシングルスで決勝進出を逃したのは、第7シードで臨んだ2002年1回戦で予選から勝ち上がってきたマリオ・アンチッチに破れて以来、実に8年ぶりの出来事であった。2010年ウィンブルドン選手権男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 2009年全仏オープン男子シングルス

    2009年全仏オープン男子シングルスから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラー (初優勝)2009年全仏オープン男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 2006年カタール・エクソンモービル・オープン

    2006年カタール・エクソンモービル・オープンから見たロジャー・フェデラーロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラー def. ガエル・モンフィス, 6-3, 7-6(5)2006年カタール・エクソンモービル・オープン フレッシュアイペディアより)

167件中 71 - 80件表示

「ロジャー・フェデラー」のニューストピックワード