132件中 91 - 100件表示
  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たセルビア

    全豪オープン決勝でフェルナンド・ゴンサレスを下し、全試合ストレート勝ちで優勝を果たす。4大大会では1980年全仏オープンのビョルン・ボルグ以来27年ぶり史上4人目で、全豪オープンでは1971年のケン・ローズウォール以来36年ぶりの達成であった。その後の春の北米ハードコート・シーズンはインディアンウェルズ・マスターズとマイアミ・マスターズにてギリェルモ・カナスに連敗し、欧州クレー・シーズンではローマ・マスターズでフィリポ・ボランドリに敗れてしまう。しかし、モンテカルロ・マスターズ、(当時)ハンブルグ・マスターズ、全仏オープンでは決勝に進出し、いずれもR・ナダルと対戦。ハンブルグではナダルのクレーコート連勝記録を81で止めて優勝。2人はウィンブルドン決勝でも顔を合わせ、3時間45分にも及ぶ激戦の末にフェデラーが競り勝ち、ビョルン・ボルグ以来の選手権5連覇という偉業を成し遂げた。続く全米オープン前哨戦のカナダ・マスターズでは決勝でセルビアの新星ノバク・ジョコビッチに敗退するも、シンシナティ・マスターズ決勝でJ・ブレークを破って優勝。ATPツアー・シングルス・タイトル獲得数が「50」に到達。8月27日、彼の世界ランキング1位連続座位記録は「187週」に入り、同記録の最長保持者シュテフィ・グラフの186週を抜いて、歴代最長記録を樹立。 その後、全米オープン決勝でN・ジョコビッチを下し、大会4連覇を達成すると同時に自身3度目の4大大会年間3冠という偉業を成し遂げた。続く欧州インドア・シーズンはマドリード・マスターズ決勝とパリ・マスターズ準決勝でD・ナルバンディアンに連敗するもスイス・インドアで2連覇達成。また、マスターズカップの決勝でダビド・フェレールに勝利して、通算4度目の優勝を果たす。12月には世界ランキング1位連続在位期間が「200週」に到達。この年は8大会で優勝し、戦績 68勝9敗(勝率88.3%)を記録した。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見た2009年全豪オープン

    全豪オープン決勝でラファエル・ナダルに4時間19分に及ぶ激闘の末に敗れた。その後のインディアンウェルズ・マスターズ準決勝でアンディ・マレーに、マイアミ・マスターズ準決勝でノバク・ジョコビッチに敗れた。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たスイス

    ロジャー・フェデラー(英語:Roger Federer、1981年8月8日 - )とは、スイス・バーゼル出身の男子プロテニス選手。身長185cm、体重85kg。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。男子プロテニス界にて重要視される数々の記録を塗り替え、築き上げている事から史上最高のテニスプレーヤーとの呼び声が高い。また、優秀な成績を収めたアスリートに贈られるローレウス世界スポーツ賞を2005年から2008年にかけて4度受賞し、競技の枠を超えて高い評価を受けている。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たBNPパリバ・マスターズ

    全米オープン準決勝ではノバク・ジョコビッチと対戦。マッチポイントを握りながらも、逆転され、セットカウント2-3で敗れた。これにより自身2002年以来となる四大大会無冠に終わった。その後の欧州インドア・シーズンは出場したスイス・インドア、パリ・マスターズ、ATPワールドツアー・ファイナルの全てで優勝。ツアー・ファイナルでは自身100回目の決勝を70回目の優勝で飾っており、更には歴代最多となる同大会6度目の優勝を果たした。この年は4大会で優勝を挙げ、戦績64勝12敗(勝率84.2%)とした。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見た2006年ウィンブルドン選手権

    全豪オープン決勝でキプロスの新星マルコス・バグダティスを退けて2年ぶり2度目の優勝を果たすと、インディアンウェルズ・マスターズとマイアミ・マスターズで優勝。ドバイ・テニス選手権では決勝でラファエル・ナダルに敗れ、2005年から続いていたハードコートでの連勝(歴代最多56連勝)を止められてしまった。続く欧州クレー・シーズンではモンテカルロ・マスターズ、ローマ・マスターズ、全仏オープンといった出場した全ての大会で決勝進出し、いずれもクレーコートを得意とするラファエル・ナダルに阻まれた。二人はウィンブルドンでも決勝対決となり、フェデラーが連敗の雪辱を果たして選手権4連覇を達成。全米オープン前哨戦のシンシナティ・マスターズでは初戦でイギリスの新星のアンディ・マレー(当時ランク21位)に敗れてしまったが、続くカナダ・マスターズで優勝。全米オープンでアンディ・ロディックを下し自身2度目の4大大会年間3冠を成し遂げた。秋、ジャパン・オープン出場の為に初来日し、決勝でティム・ヘンマンを 6-3, 6-3 で下して初来日を優勝で飾っている。その後の欧州インドア・シーズンはマドリード・マスターズを含む出場した全ての大会で優勝し、マスターズ・カップは決勝でジェームズ・ブレークを圧倒して2年ぶり3度目の優勝を果たした。この年のツアー優勝は12大会、戦績 92勝5敗(勝率94.8%)を誇り、テニス史上類を見ない驚異的な成績を収めた。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見た2009年ウィンブルドン選手権

    2009年ウィンブルドン、準々決勝でイボ・カロビッチを下し、四大大会連続準決勝進出数を更新。準決勝ではトミー・ハースを下し、レンドルが持つ四大大会決勝進出数を更新する20回に到達。決勝ではロディックと対戦し、四大大会男子シングルス部門の最多ゲーム数を更新する77ゲームに及ぶ 5-7, 7-6, 7-6, 3-6, 16-14 の激闘の末に2年ぶり6度目の優勝を果たし、四大大会優勝数を15度に伸ばした。また、ウィンブルドン選手権7年連続決勝進出は現行のトーナメント方式になった1922年以降初めての事で、更に全仏とウィンブルドンの同一年度優勝は、前年のラファエル・ナダルに続いて、1968年の四大大会オープン化以降では史上4人目の達成であった。7月6日に発表された世界ランキングで、およそ11ヶ月ぶりに1位に返り咲いた。続く全米オープン前哨戦シンシナティ・マスターズ決勝で、ジョコビッチを下して優勝。2009年全米オープン決勝でフアン・マルティン・デル・ポトロに 6-3, 6-7, 6-4, 6-7, 2-6 の惜敗。大会6連覇は成らなかった。その後の欧州インドア・シーズンはスイス・インドア決勝でジョコビッチに敗れ、2009年度からロンドンに移転した年間最終戦ATPワールドツアー・ファイナルも準決勝で敗退。この年は4大会で優勝を挙げ、戦績61勝12敗(勝率83.6%)とした。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見た2013年全豪オープン

    全豪オープンでは、準々決勝でジョー=ウィルフリード・ツォンガをフルセットで下して10年連続ベスト4入りをするも、準決勝で第3シードのアンディ・マレーに4-6, 7-6, 3-6, 7-6, 2-6のフルセットの末惜敗した。2月開催で前年覇者として挑んだABNアムロ世界テニス・トーナメント・ドバイ・テニス選手権では、それぞれ準々決勝・準決勝で敗れた。3月に開催されたインディアンウェルズ・マスターズでも、前年度優勝者として挑んだが、準々決勝で第5シードラファエル・ナダルとの丸一年ぶりの対戦に4-6, 2-6のストレートで完敗。またこの対戦で両者の対戦は29回となったが、準々決勝以下で対戦をするのは初めてのこととなった。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見た2010年ウィンブルドン選手権

    しかし、全仏オープンでは準々決勝でロビン・セーデリングに 6-3, 3-6, 5-7, 4-6 で敗れ、連続準決勝以上進出記録が23大会で途切れ、世界ランキング1位通算在位も歴代1位のピート・サンプラスの「286週」まであと1週と迫っていたが、6月7日発表の世界ランキングで2位に転落。続くウィンブルドンでも準々決勝にてトマーシュ・ベルディハに 4-6, 6-3, 1-6, 4-6 で敗れてしまう。フェデラーが同大会決勝進出を逃したのは実に8年ぶりのことであり、大会後のランキングでは3位に転落してしまった。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見た2005年全仏オープン

    2005年も好調を維持し、全豪オープンでマラト・サフィンに、全仏オープンでラファエル・ナダルに、いずれも準決勝で敗れたものの ウィンブルドンではアンディ・ロディックを、全米オープンではアンドレ・アガシを破って優勝を果した。また、ATPツアー史上初となるマスターズシリーズ年間4冠を達成する等、非常に優秀な成績を収めると共に、ジョン・マッケンローが持つ年間勝率歴代最高記録を更新する勢いで勝ち星を重ねていった。年末の欧州インドア・シーズン中に負った怪我を押して出場した年間最終戦マスターズ・カップでは、記録更新の掛かった決勝戦でダビド・ナルバンディアンに 7-6, 7-6, 2-6, 1-6, 6-7 の逆転負けを喫し、快挙達成に至らなかった。この年も11大会で優勝し、年間成績は 81勝4敗(勝率95.3%)を記録した。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たグランドスラム (テニス)

    続く欧州クレーコート・シーズンは、マドリード・マスターズ決勝でナダルのクレーコート連勝数を33勝で止めて優勝。続く2009年全仏オープンは、ラファエル・ナダルが4回戦でロビン・セーデリングに敗れた事で、フェデラーにキャリア・グランドスラムの達成が期待された。そんな中で準々決勝でガエル・モンフィスを下し、四大大会準決勝連続進出記録を20大会連続に伸ばし、準決勝でフアン・マルティン・デル・ポトロを下して四大大会決勝進出回数でイワン・レンドルの19大会目に並んだ。決勝でセーデリングを 6-1, 7-6, 6-4 で破り、悲願の全仏オープン初優勝を果たし、史上6人目となるキャリア・グランドスラムを達成。サンプラスの歴代1位と並ぶ四大大会14度目の優勝を挙げた。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

132件中 91 - 100件表示