220件中 11 - 20件表示
  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たリシャール・ガスケ

    2005年も好調を維持し、驚異的なペースで勝ち星を重ねた。マスターズ・シリーズではインディアン・ウェルズ、マイアミ、ハンブルグ、シンシナティで優勝。マスターズ・シリーズの年間4冠は史上初の快挙だった。グランドスラムは全豪オープンでマラト・サフィンに、全仏オープンでラファエル・ナダルに、それぞれ準決勝で敗れるも、ウィンブルドンでアンディ・ロディックを、全米オープンでアンドレ・アガシをそれぞれ決勝で破って連覇を果たす。シーズン終盤は足首を傷めてしまい、マスターズ・カップの出場が危ぶまれたが、決勝まで勝ち上がり、1984年にジョン・マッケンローが記録したシーズン最高勝率の更新に王手をかけた。しかし、ラウンドロビン戦では攻略していたジュニア時代からのライバル、ダビド・ナルバンディアンに7-6、7-6、2-6、1-6、6-7の逆転負けを喫し、大会連覇とともに記録更新を阻まれた。この年は11大会で優勝。81勝4敗、勝率95.3%を記録した。4敗の内訳は、同世代のサフィンやナルバンディアンの他、ナダルやリシャール・ガスケといった10代の若手で、特にナダルとはその後も幾度となく火花を散らす事となる。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たニック・キリオス

    4月29日イスタンブール・オープン2回戦にて通算クレーコート勝利数200勝達成。決勝ではパブロ・クエバスを破り2009年全仏オープン以来となるレッドクレー大会での優勝を果たした。マドリード・マスターズでは初戦でニック・キリオスに7-6, 6-7, 6-7の接戦で敗れた。BNLイタリア国際では2年ぶりに決勝に進出するもジョコビッチに敗れ4度目の準優勝となった。全仏オープンでは準々決勝でワウリンカに敗れたものの、2000年全豪オープンからの4大大会連続出場が62大会に達し、杉山愛の持つ最多連続出場記録に並んだ。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たユルゲン・メルツァー

    クレーコート・シーズンにおいては、モンテカルロ・マスターズは準々決勝で第7シードのユルゲン・メルツァーにストレートで敗退。続くマドリード・マスターズの初戦でフェリシアーノ・ロペスに7-6, 6-7, 7-6の苦戦を強いられながらも勝利したが、準決勝でナダルに敗退。BNLイタリア国際は、3回戦でリシャール・ガスケに6-4, 6-7, 6-7で早いラウンドで敗退した。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たジェームズ・ブレーク

    マスターズ・シリーズでは、インディアン・ウェルズの2回戦でギリェルモ・カナスに敗れ、ツアー連勝記録が「41」(歴代4位)で止められるも、ハンブルグとシンシナティーで優勝。ハンブルグではナダルのクレー連勝記録を81で止め、シンシナティーではジェームズ・ブレークを破ってATPツアー・シングルス・タイトル獲得数が「50」に達した。また、モンテカルロ、カナダ、マドリードでは準優勝している。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たトミー・ハース

    ウィンブルドンでは、準々決勝でイボ・カルロビッチを下し、四大大会連続準決勝進出記録を更新。準決勝ではトミー・ハースを下し、レンドルが持つ四大大会決勝進出数を更新する20回を達成。決勝ではロディックと対戦し、四大大会男子シングルス決勝史上最多ゲーム数を更新する77ゲームに及ぶ5-7, 7-6, 7-6, 3-6, 16-14の激闘の末に2年ぶり6度目の優勝を果たし、四大大会優勝数歴代最多記録を樹立。また、ウィンブルドン選手権7年連続決勝進出は現行のトーナメント方式になった1922年以降初であり、更に全仏とウィンブルドンの同一年度優勝は、前年のナダルに続き、1968年の四大大会オープン化以降では史上4人目の快挙であった。7月6日に発表された世界ランキングでは、約11ヶ月ぶりに1位に返り咲いた。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たアンドレ・アガシ

    2003年、2月から6月に掛けて6大会で決勝進出、うち4大会で優勝するなど好調な前半戦を過ごした。この勢いでウィンブルドンへ乗り込むと、準決勝で優勝候補のアンディ・ロディックを、決勝ではマーク・フィリプーシスをストレートで下し、念願のグランドスラム優勝をスイス人男子として初めて成し遂げた。更にマスターズ・カップで、これまで全敗を喫していたアンドレ・アガシをはじめ、この年のグランドスラム・チャンピオンを全て退けて栄冠を手にした。この年は7大会で優勝し、78勝17敗(勝率82%)を記録。自己最高の世界ランキング2位でシーズンを締めくくった。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たトマーシュ・ベルディヒ

    2004年、これまで4回戦進出が最高だった全豪オープンで決勝に勝ち進むと、サフィンを破って優勝。2月2日には遂に世界ランキング1位へ上り詰めた。以降、マスターズ・シリーズではインディアン・ウェルズ、ハンブルグ、カナダで優勝。グランドスラムでは全仏オープンこそ3回戦でクレー巧者グスタボ・クエルテンに敗れるも、ウィンブルドンでアンディ・ロディックを、全米オープンでレイトン・ヒューイットを破って優勝。1988年のマッツ・ビランデル以来16年ぶりとなるグランドスラム年間3冠を達成した。この活躍から、アテネ五輪の開会式でスイス選手団の旗手を任された。(シングルス2回戦でトマーシュ・ベルディヒに6-4, 5-7, 5-7で敗れている。)ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たフェリシアーノ・ロペス

    クレーコート・シーズンにおいては、モンテカルロ・マスターズは準々決勝で第7シードのユルゲン・メルツァーにストレートで敗退。続くマドリード・マスターズの初戦でフェリシアーノ・ロペスに7-6, 6-7, 7-6の苦戦を強いられながらも勝利したが、準決勝でナダルに敗退。BNLイタリア国際は、3回戦でリシャール・ガスケに6-4, 6-7, 6-7で早いラウンドで敗退した。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たレイトン・ヒューイット

    2000年2月、マルセイユに出場。ATPツアーで初めて決勝に進み、同胞マルク・ロセに6-2 3-6 6-7(5)で敗れた。3月、マイアミ・マスターズ2回戦で敗れてからは、5月末までに5大会連続初戦負けを喫するなど伸び悩み、大舞台で華々しい活躍を魅せる同世代のレイトン・ヒューイットやマラト・サフィンらの影に埋もれていった。この頃のフェデラーは、センス溢れるプレーを魅せる一方で、熱くなり過ぎて自滅するなど、感情の制御に課題があった。しかし、シドニーオリンピック銅メダル決定戦でアルノー・ディ・パスカルに敗れた頃から急成長が始まる。10月はバーゼルで準優勝。11月にランキングを24位まで上げ、36勝30敗、準優勝2回でシーズンを終えた。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たイワン・レンドル

    シーズン終盤も勢いは止まらず、マスターズ・カップを無敗で連覇。オープン化後唯一である、シーズンを通して対トップ10選手に負けなしと圧倒的な強さを見せつけた。終わってみれば11大会優勝、74勝6敗(勝率92.5%)を記録。年間勝率の9割達成は1989年のイワン・レンドル以来15年ぶりの快挙となった。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

220件中 11 - 20件表示