132件中 11 - 20件表示
  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たジェームズ・ブレーク

    全豪オープン決勝でキプロスの新星マルコス・バグダティスを退けて2年ぶり2度目の優勝を果たすと、インディアンウェルズ・マスターズとマイアミ・マスターズで優勝。ドバイ・テニス選手権では決勝でラファエル・ナダルに敗れ、2005年から続いていたハードコートでの連勝(歴代最多56連勝)を止められてしまった。続く欧州クレー・シーズンではモンテカルロ・マスターズ、ローマ・マスターズ、全仏オープンといった出場した全ての大会で決勝進出し、いずれもクレーコートを得意とするラファエル・ナダルに阻まれた。二人はウィンブルドンでも決勝対決となり、フェデラーが連敗の雪辱を果たして選手権4連覇を達成。全米オープン前哨戦のシンシナティ・マスターズでは初戦でイギリスの新星のアンディ・マレー(当時ランク21位)に敗れてしまったが、続くカナダ・マスターズで優勝。全米オープンでアンディ・ロディックを下し自身2度目の4大大会年間3冠を成し遂げた。秋、ジャパン・オープン出場の為に初来日し、決勝でティム・ヘンマンを 6-3, 6-3 で下して初来日を優勝で飾っている。その後の欧州インドア・シーズンはマドリード・マスターズを含む出場した全ての大会で優勝し、マスターズ・カップは決勝でジェームズ・ブレークを圧倒して2年ぶり3度目の優勝を果たした。この年のツアー優勝は12大会、戦績 92勝5敗(勝率94.8%)を誇り、テニス史上類を見ない驚異的な成績を収めた。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たフアン・マルティン・デル・ポトロ

    続く欧州クレーコート・シーズンは、マドリード・マスターズ決勝でナダルのクレーコート連勝数を33勝で止めて優勝。続く2009年全仏オープンは、ラファエル・ナダルが4回戦でロビン・セーデリングに敗れた事で、フェデラーにキャリア・グランドスラムの達成が期待された。そんな中で準々決勝でガエル・モンフィスを下し、四大大会準決勝連続進出記録を20大会連続に伸ばし、準決勝でフアン・マルティン・デル・ポトロを下して四大大会決勝進出回数でイワン・レンドルの19大会目に並んだ。決勝でセーデリングを 6-1, 7-6, 6-4 で破り、悲願の全仏オープン初優勝を果たし、史上6人目となるキャリア・グランドスラムを達成。サンプラスの歴代1位と並ぶ四大大会14度目の優勝を挙げた。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たウィリアム・レンショー

    全豪オープン準決勝でノバク・ジョコビッチに敗れ、 大会3連覇を逃すと同時に2005年ウィンブルドンから続いていた4大大会連続決勝進出記録が10大会で途絶えてしまった。その後の北米ハードコート・シーズンで平凡な成績が続き、マスメディアからフェデラー時代の終焉の声が目立つようになる。欧州クレー・シーズンではモンテカルロ・マスターズ、(当時)ハンブルク・マスターズ、全仏オープンにて決勝に進出。いずれもラファエル・ナダルに阻まれた。続くウィンブルドンではウィリアム・レンショーが1881年?1886年にかけて達成した選手権6連覇の達成が期待されたが、決勝でナダルに4-6, 4-6, 7-6, 7-6, 7-9 の激戦の末に敗れてしまい、偉業達成とはならなかった。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たビョルン・ボルグ

    全豪オープン決勝でフェルナンド・ゴンサレスを下し、全試合ストレート勝ちで優勝を果たす。4大大会では1980年全仏オープンのビョルン・ボルグ以来27年ぶり史上4人目で、全豪オープンでは1971年のケン・ローズウォール以来36年ぶりの達成であった。その後の春の北米ハードコート・シーズンはインディアンウェルズ・マスターズとマイアミ・マスターズにてギリェルモ・カナスに連敗し、欧州クレー・シーズンではローマ・マスターズでフィリポ・ボランドリに敗れてしまう。しかし、モンテカルロ・マスターズ、(当時)ハンブルグ・マスターズ、全仏オープンでは決勝に進出し、いずれもR・ナダルと対戦。ハンブルグではナダルのクレーコート連勝記録を81で止めて優勝。2人はウィンブルドン決勝でも顔を合わせ、3時間45分にも及ぶ激戦の末にフェデラーが競り勝ち、ビョルン・ボルグ以来の選手権5連覇という偉業を成し遂げた。続く全米オープン前哨戦のカナダ・マスターズでは決勝でセルビアの新星ノバク・ジョコビッチに敗退するも、シンシナティ・マスターズ決勝でJ・ブレークを破って優勝。ATPツアー・シングルス・タイトル獲得数が「50」に到達。8月27日、彼の世界ランキング1位連続座位記録は「187週」に入り、同記録の最長保持者シュテフィ・グラフの186週を抜いて、歴代最長記録を樹立。 その後、全米オープン決勝でN・ジョコビッチを下し、大会4連覇を達成すると同時に自身3度目の4大大会年間3冠という偉業を成し遂げた。続く欧州インドア・シーズンはマドリード・マスターズ決勝とパリ・マスターズ準決勝でD・ナルバンディアンに連敗するもスイス・インドアで2連覇達成。また、マスターズカップの決勝でダビド・フェレールに勝利して、通算4度目の優勝を果たす。12月には世界ランキング1位連続在位期間が「200週」に到達。この年は8大会で優勝し、戦績 68勝9敗(勝率88.3%)を記録した。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たマラト・サフィン

    フェデラーはボリス・ベッカーに憧れて、8歳からテニスを始めた。1998年にウィンブルドンの男子ジュニア部門でシングルスとダブルスの両方で優勝を果たし、同年にプロ転向を表明。1999年にはブレストで開催されたチャレンジャー大会で優勝している。2000年シドニー五輪の男子シングルス部門 銅メダル決定戦でアルノー・ディ・パスカルに敗れた頃から急成長を始め、2001年の1月5日には国別対抗戦であるホップマンカップにてスイスの優勝に貢献し、同年2月4日にはミラン・インドアーズでようやくATPツアー・シングルス部門のタイトルを手にした。この頃のフェデラーは専門家の間で期待されていたものの、メジャーな大会で目立った活躍は無く、既に輝かしい活躍を魅せていた同世代のレイトン・ヒューイットやマラト・サフィン、フアン・カルロス・フェレーロに隠れた存在であったが、2001年ウィンブルドン4回戦で第1シードのピート・サンプラスを3時間41分のフルセット 7-6, 5-7, 6-4, 6-7, 7-5 の末に破る大金星を挙げ、大きな注目を集めた。当時サンプラスは1993年大会から2000年大会の8年間に7度も優勝に輝き、ウィンブルドンでは無敵の強さを誇っていたため、この出来事はサンプラス時代の終焉が近い事を予感させる出来事となった。翌2002年には四大大会に次ぐ大規模トーナメント群であるマスターズ・シリーズ(現:ATPマスターズ1000)に所属するハンブルグ・マスターズ(現:ドイツ国際オープン)でマラト・サフィンを破って優勝し、同年に世界ランキングでトップ10入りを果たす。そして2003年、サンプラスを破った舞台であるウィンブルドンでマーク・フィリプーシスを 7-6, 6-2, 7-6 で下して4大大会初優勝を果たし、スイス出生の男子プロテニス選手として初の四大大会優勝者となった。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たステファン・エドベリ

    ツアーの選手同士の中から選ばれる「ステファン・エドバーグ・スポーツマンシップ賞」を2004年から2012年の間に8度も受賞しており、試合中のマナーの良さやフェアプレイなども高く評価されている。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たロビン・セーデリング

    続く欧州クレーコート・シーズンは、マドリード・マスターズ決勝でナダルのクレーコート連勝数を33勝で止めて優勝。続く2009年全仏オープンは、ラファエル・ナダルが4回戦でロビン・セーデリングに敗れた事で、フェデラーにキャリア・グランドスラムの達成が期待された。そんな中で準々決勝でガエル・モンフィスを下し、四大大会準決勝連続進出記録を20大会連続に伸ばし、準決勝でフアン・マルティン・デル・ポトロを下して四大大会決勝進出回数でイワン・レンドルの19大会目に並んだ。決勝でセーデリングを 6-1, 7-6, 6-4 で破り、悲願の全仏オープン初優勝を果たし、史上6人目となるキャリア・グランドスラムを達成。サンプラスの歴代1位と並ぶ四大大会14度目の優勝を挙げた。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たダビド・ナルバンディアン

    2005年も好調を維持し、全豪オープンでマラト・サフィンに、全仏オープンでラファエル・ナダルに、いずれも準決勝で敗れたものの ウィンブルドンではアンディ・ロディックを、全米オープンではアンドレ・アガシを破って優勝を果した。また、ATPツアー史上初となるマスターズシリーズ年間4冠を達成する等、非常に優秀な成績を収めると共に、ジョン・マッケンローが持つ年間勝率歴代最高記録を更新する勢いで勝ち星を重ねていった。年末の欧州インドア・シーズン中に負った怪我を押して出場した年間最終戦マスターズ・カップでは、記録更新の掛かった決勝戦でダビド・ナルバンディアンに 7-6, 7-6, 2-6, 1-6, 6-7 の逆転負けを喫し、快挙達成に至らなかった。この年も11大会で優勝し、年間成績は 81勝4敗(勝率95.3%)を記録した。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たリシャール・ガスケ

    クレーコート・シーズン、モンテカルロ・マスターズは準々決勝で第7シードのユルゲン・メルツァーに 4-6, 4-6 で敗退。続くマドリード・マスターズの初戦でフェリシアーノ・ロペスに 7-6, 6-7, 7-6 の苦戦を強いられながらも押し切り、その後の準決勝でナダルに敗退。ローマ・マスターズは、3回戦目でリシャール・ガスケに 6-4, 6-7 , 6-7 で早期敗退とやや失速してしまった。全仏オープン、ナダルとジョコビッチの席巻が注目される中、フェデラーはそれを覆す勢いで勝ち星を重ねて行き、準決勝で絶好調のジョコビッチを 7-6, 6-3, 3-6, 7-6 で退けて決勝進出を果たす。これによりジョコビッチの開幕戦からの連勝記録を41で止め、対ジョコビッチ戦の連敗も3で止めた。しかし、決勝はナダルにセットカウント1-3で敗れた。続くウィンブルドンは準々決勝で第12シードのジョー=ウィルフリード・ツォンガに 6-3, 7-6, 4-6, 4-6, 4-6 の逆転負けを喫した。これはフェデラーにとって、4大大会における初めての2セットアップからの逆転劇であった。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たフェルナンド・ゴンサレス

    全豪オープン決勝でフェルナンド・ゴンサレスを下し、全試合ストレート勝ちで優勝を果たす。4大大会では1980年全仏オープンのビョルン・ボルグ以来27年ぶり史上4人目で、全豪オープンでは1971年のケン・ローズウォール以来36年ぶりの達成であった。その後の春の北米ハードコート・シーズンはインディアンウェルズ・マスターズとマイアミ・マスターズにてギリェルモ・カナスに連敗し、欧州クレー・シーズンではローマ・マスターズでフィリポ・ボランドリに敗れてしまう。しかし、モンテカルロ・マスターズ、(当時)ハンブルグ・マスターズ、全仏オープンでは決勝に進出し、いずれもR・ナダルと対戦。ハンブルグではナダルのクレーコート連勝記録を81で止めて優勝。2人はウィンブルドン決勝でも顔を合わせ、3時間45分にも及ぶ激戦の末にフェデラーが競り勝ち、ビョルン・ボルグ以来の選手権5連覇という偉業を成し遂げた。続く全米オープン前哨戦のカナダ・マスターズでは決勝でセルビアの新星ノバク・ジョコビッチに敗退するも、シンシナティ・マスターズ決勝でJ・ブレークを破って優勝。ATPツアー・シングルス・タイトル獲得数が「50」に到達。8月27日、彼の世界ランキング1位連続座位記録は「187週」に入り、同記録の最長保持者シュテフィ・グラフの186週を抜いて、歴代最長記録を樹立。 その後、全米オープン決勝でN・ジョコビッチを下し、大会4連覇を達成すると同時に自身3度目の4大大会年間3冠という偉業を成し遂げた。続く欧州インドア・シーズンはマドリード・マスターズ決勝とパリ・マスターズ準決勝でD・ナルバンディアンに連敗するもスイス・インドアで2連覇達成。また、マスターズカップの決勝でダビド・フェレールに勝利して、通算4度目の優勝を果たす。12月には世界ランキング1位連続在位期間が「200週」に到達。この年は8大会で優勝し、戦績 68勝9敗(勝率88.3%)を記録した。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

132件中 11 - 20件表示