220件中 61 - 70件表示
  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たグスタボ・クエルテン

    2004年、これまで4回戦進出が最高だった全豪オープンで決勝に勝ち進むと、サフィンを破って優勝。2月2日には遂に世界ランキング1位へ上り詰めた。以降、マスターズ・シリーズではインディアン・ウェルズ、ハンブルグ、カナダで優勝。グランドスラムでは全仏オープンこそ3回戦でクレー巧者グスタボ・クエルテンに敗れるも、ウィンブルドンでアンディ・ロディックを、全米オープンでレイトン・ヒューイットを破って優勝。1988年のマッツ・ビランデル以来16年ぶりとなるグランドスラム年間3冠を達成した。この活躍から、アテネ五輪の開会式でスイス選手団の旗手を任された。(シングルス2回戦でトマーシュ・ベルディヒに6-4, 5-7, 5-7で敗れている。)ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たカルロス・モヤ

    サーキットを卒業してプロとなった1999年は世界ランキング302位から出発。チャレンジャーツアーとATPツアーを股にかけ、後者は主にワイルドカードを貰いながら転戦した。チャレンジャーは優勝1回、ツアーは準々決勝進出が2回、マスターズ・シリーズ、グランドスラム、デビスカップの出場も果たした。また、当時のトップ選手であるカルロス・モヤやセドリック・ピオリーンから金星を挙げた。9月に世界ランキング100位の壁を破り、64位でシーズンを終え、13勝17敗を記録した。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たエルネスツ・グルビス

    クレーコートシーズンでは、モンテカルロ・マスターズでは6年ぶりに決勝進出を果たすが、スタニスラス・ワウリンカに敗れ準優勝。BNLイタリア国際では初戦で敗退し、全仏オープンでは、4回戦で第18シードのエルネスツ・グルビスにフルセットの末敗退し、同大会10年ぶりにベスト8進出を逃した。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たジャック・ソック

    レーバー・カップではナダルとダブルスを組みジャック・ソック/サム・クエリー組を6-4,1-6,1で破りヨーロッパチームの勝利に貢献した。上海マスターズでは準決勝でフアン・マルティン・デル・ポトロを3-6,6-3,6-3で破り、決勝ではランキング1位となっているラファエル・ナダルを6-4,6-3で下し優勝。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たマルク・ロセ

    2000年2月、マルセイユに出場。ATPツアーで初めて決勝に進み、同胞マルク・ロセに6-2 3-6 6-7(5)で敗れた。3月、マイアミ・マスターズ2回戦で敗れてからは、5月末までに5大会連続初戦負けを喫するなど伸び悩み、大舞台で華々しい活躍を魅せる同世代のレイトン・ヒューイットやマラト・サフィンらの影に埋もれていった。この頃のフェデラーは、センス溢れるプレーを魅せる一方で、熱くなり過ぎて自滅するなど、感情の制御に課題があった。しかし、シドニーオリンピック銅メダル決定戦でアルノー・ディ・パスカルに敗れた頃から急成長が始まる。10月はバーゼルで準優勝。11月にランキングを24位まで上げ、36勝30敗、準優勝2回でシーズンを終えた。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たドゥシャン・ラヨビッチ

    ウィンブルドンではアレクサンドル・ドルゴポロフ、ドゥシャン・ラヨビッチ、ミーシャ・ズベレフ、グリゴール・ディミトロフ、ミロシュ・ラオニッチ、そしてトマーシュ・ベルディハにいずれもストレート勝ちと安定した勝ち上がりで2年ぶりに決勝へ進出。決勝でマリン・チリッチを6-3,6-1,6-4で破り、5年ぶり歴代最多となる8勝目を挙げた。また、ウインブルドンでの全試合ストレート勝ちでの優勝は1976年のビョルン・ボルグ以来の快挙となり、35歳でのウィンブルドン制覇はオープン化以降では1975年のアーサー・アッシュの32歳を大きく更新する最年長優勝となった。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たセドリック・ピオリーン

    サーキットを卒業してプロとなった1999年は世界ランキング302位から出発。チャレンジャーツアーとATPツアーを股にかけ、後者は主にワイルドカードを貰いながら転戦した。チャレンジャーは優勝1回、ツアーは準々決勝進出が2回、マスターズ・シリーズ、グランドスラム、デビスカップの出場も果たした。また、当時のトップ選手であるカルロス・モヤやセドリック・ピオリーンから金星を挙げた。9月に世界ランキング100位の壁を破り、64位でシーズンを終え、13勝17敗を記録した。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たケン・ローズウォール

    グランドスラムでは、全豪オープンを全試合ストレート勝ちで優勝。グランドスラムでの達成は1980年全仏オープンのビョルン・ボルグ以来27年ぶり史上4人目で、全豪オープンとしては1971年のケン・ローズウォール以来の快挙であった。全仏オープンは決勝でナダルに敗れ、年間グランドスラムを阻まれた。ウィンブルドンは決勝でナダルとの接戦を制し、1980年のビョルン・ボルグ以来となる5連覇を達成。全米オープンも決勝で新鋭ノバク・ジョコビッチを破り、前人未到を更新する4連覇を果たした。これにより、歴代最多となる10大会連続グランドスラム決勝進出を達成した。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たロビン・ハーセ

    1位ラファエル・ナダルとの差を155ポイントまで詰めた状態で、2月のABNアムロ世界テニス・トーナメントに出場。準々決勝でロビン・ハーセに勝利し、2月19日付で5年3ヶ月ぶり、歴代最年長36歳6ヶ月での世界ランキング1位復帰を果たした。BNPパリバ・オープンでは第23シード鄭現などを下し決勝に進出したが、フアン・マルティン・デル・ポトロにフルセットで敗退し連覇はならなかった。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たギリェルモ・カナス

    マスターズ・シリーズでは、インディアン・ウェルズの2回戦でギリェルモ・カナスに敗れ、ツアー連勝記録が「41」(歴代4位)で止められるも、ハンブルグとシンシナティーで優勝。ハンブルグではナダルのクレー連勝記録を81で止め、シンシナティーではジェームズ・ブレークを破ってATPツアー・シングルス・タイトル獲得数が「50」に達した。また、モンテカルロ、カナダ、マドリードでは準優勝している。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

220件中 61 - 70件表示