220件中 71 - 80件表示
  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見た鄭現

    1位ラファエル・ナダルとの差を155ポイントまで詰めた状態で、2月のABNアムロ世界テニス・トーナメントに出場。準々決勝でロビン・ハーセに勝利し、2月19日付で5年3ヶ月ぶり、歴代最年長36歳6ヶ月での世界ランキング1位復帰を果たした。BNPパリバ・オープンでは第23シード鄭現などを下し決勝に進出したが、フアン・マルティン・デル・ポトロにフルセットで敗退し連覇はならなかった。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たシーモン・アスペリン

    北京五輪で、フェデラーは2大会連続でスイス代表旗手を務めた。シングルスでは準々決勝でブレークに4-6, 6-7のストレートで敗れたものの、スタニスラス・ワウリンカと組んだダブルスでは決勝でスウェーデン代表のアスペリン/ヨハンソン組を6-3, 6-4, 6-7, 6-3で下して金メダルを獲得した。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たマーク・フィリプーシス

    2003年、2月から6月に掛けて6大会で決勝進出、うち4大会で優勝するなど好調な前半戦を過ごした。この勢いでウィンブルドンへ乗り込むと、準決勝で優勝候補のアンディ・ロディックを、決勝ではマーク・フィリプーシスをストレートで下し、念願のグランドスラム優勝をスイス人男子として初めて成し遂げた。更にマスターズ・カップで、これまで全敗を喫していたアンドレ・アガシをはじめ、この年のグランドスラム・チャンピオンを全て退けて栄冠を手にした。この年は7大会で優勝し、78勝17敗(勝率82%)を記録。自己最高の世界ランキング2位でシーズンを締めくくった。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たアーサー・アッシュ

    ウィンブルドンではアレクサンドル・ドルゴポロフ、ドゥシャン・ラヨビッチ、ミーシャ・ズベレフ、グリゴール・ディミトロフ、ミロシュ・ラオニッチ、そしてトマーシュ・ベルディハにいずれもストレート勝ちと安定した勝ち上がりで2年ぶりに決勝へ進出。決勝でマリン・チリッチを6-3,6-1,6-4で破り、5年ぶり歴代最多となる8勝目を挙げた。また、ウインブルドンでの全試合ストレート勝ちでの優勝は1976年のビョルン・ボルグ以来の快挙となり、35歳でのウィンブルドン制覇はオープン化以降では1975年のアーサー・アッシュの32歳を大きく更新する最年長優勝となった。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たイワン・リュビチッチ

    2016年からイワン・リュビチッチをコーチ陣に迎え、片手バックハンドの高い打点からでの攻撃力向上、更にはバウンドした直後に打つライジング技術を磨き、更に攻撃的なゲームを展開するようになる。息子には、片手バックハンドではなく、より簡単なダブルバックハンドを教えたいと、2018年全豪オープンで語っている。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たミハイル・ユージニー

    芝前哨戦ゲリー・ウェバー・オープンでは、決勝でミハイル・ユージニーを下し、6月にして、ようやくシーズン初タイトルを獲得。しかし、ウィンブルドンでは、2回戦で世界ランク116位のセルジー・スタホフスキーに7-6, 6-7, 5-7, 6-7で敗れ、4大大会では2003年全仏オープン以来の早期敗退を喫した。この敗戦により、2004年ウィンブルドン選手権から続いていた4大大会連続ベスト8進出記録(歴代最長:36大会連続)が途絶え、大会後のランキングでも10年ぶりに世界ランキングトップ4から陥落した。その後急遽出場したクレーコート2大会でも、背中の怪我の影響もありランキング50位以下の相手に連敗を喫した。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たサム・クエリー

    レーバー・カップではナダルとダブルスを組みジャック・ソック/サム・クエリー組を6-4,1-6,1で破りヨーロッパチームの勝利に貢献した。上海マスターズでは準決勝でフアン・マルティン・デル・ポトロを3-6,6-3,6-3で破り、決勝ではランキング1位となっているラファエル・ナダルを6-4,6-3で下し優勝。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たパブロ・クエバス

    4月29日イスタンブール・オープン2回戦にて通算クレーコート勝利数200勝達成。決勝ではパブロ・クエバスを破り2009年全仏オープン以来となるレッドクレー大会での優勝を果たした。マドリード・マスターズでは初戦でニック・キリオスに7-6, 6-7, 6-7の接戦で敗れた。BNLイタリア国際では2年ぶりに決勝に進出するもジョコビッチに敗れ4度目の準優勝となった。全仏オープンでは準々決勝でワウリンカに敗れたものの、2000年全豪オープンからの4大大会連続出場が62大会に達し、杉山愛の持つ最多連続出場記録に並んだ。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たアルノー・ディ・パスカル

    2000年2月、マルセイユに出場。ATPツアーで初めて決勝に進み、同胞マルク・ロセに6-2 3-6 6-7(5)で敗れた。3月、マイアミ・マスターズ2回戦で敗れてからは、5月末までに5大会連続初戦負けを喫するなど伸び悩み、大舞台で華々しい活躍を魅せる同世代のレイトン・ヒューイットやマラト・サフィンらの影に埋もれていった。この頃のフェデラーは、センス溢れるプレーを魅せる一方で、熱くなり過ぎて自滅するなど、感情の制御に課題があった。しかし、シドニーオリンピック銅メダル決定戦でアルノー・ディ・パスカルに敗れた頃から急成長が始まる。10月はバーゼルで準優勝。11月にランキングを24位まで上げ、36勝30敗、準優勝2回でシーズンを終えた。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たケビン・アンダーソン

    全米オープン前哨戦のシンシナティ・マスターズでは、ロベルト・バウティスタ・アグート、ケビン・アンダーソン、フェリシアーノ・ロペス、準決勝でマレー、決勝でジョコビッチにストレート勝ちし大会連覇と同時に7度目の優勝を飾った。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

220件中 71 - 80件表示