28件中 11 - 20件表示
  • 中谷雄太

    中谷雄太から見たロジユニヴァースロジユニヴァース

    見習い騎手期間の3年間で平地25勝・障害1勝の26勝を記録。その後減量がなくなり騎乗数・勝利数が低迷し年間未勝利に終わるシーズンもあり、引退を考えた時期もあったが、加藤征弘・萩原清厩舎などで厩務に従事するようになり、2009年のダービー馬となったロジユニヴァースの調教をつけるなど関係者の信頼を得て、徐々に乗り鞍を増やしている。中谷雄太 フレッシュアイペディアより)

  • 馬なり1ハロン劇場

    馬なり1ハロン劇場から見たロジユニヴァースロジユニヴァース

    ロジユニヴァース:地道なライブ活動を行っており、歌唱や楽曲のセンスの高さで一躍トップアーティストの仲間入りを果たすも、皐月でのフェスで自身が「井の中の蛙」だったことを思い知らされる。その後リーチザクラウンと意気投合したことから本格的にユニットを組む。担当パートはキーボード。馬なり1ハロン劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 大西直宏

    大西直宏から見たロジユニヴァースロジユニヴァース

    2006年12月6日に引退届を提出、同17日の中山開催で騎手生活から引退した。大西が引退した時点で美浦トレーニングセンターに所属する現役のダービージョッキーが皆無となる事態となり、その「空白期間」は2009年5月にロジユニヴァースで横山典弘が新たなダービージョッキーとなるまで約2年半に渡り続くこととなった。大西直宏 フレッシュアイペディアより)

  • STARHORSE2

    STARHORSE2から見たロジユニヴァースロジユニヴァース

    1998年クラシック世代を削除する替わりに2009年クラシック世代を追加、馬ではブエナビスタやロジユニヴァースを、騎手では藤岡康太や田中博康などが追加。STARHORSE2 フレッシュアイペディアより)

  • 第54回有馬記念

    第54回有馬記念から見たロジユニヴァースロジユニヴァース

    まず、ファン投票1位のウオッカはジャパンカップ(優勝)レース中に鼻出血を発症し、規定により出走ができなくなっていた。このほか、3位の東京優駿馬・ロジユニヴァースは体調が整わないため、7位のオウケンブルースリ、9位の秋華賞馬・レッドディザイアは休養に入るため出走回避した。また、6位のスクリーンヒーローはジャパンカップのレース後に屈腱炎を発症し引退が表明された。第54回有馬記念 フレッシュアイペディアより)

  • セイウンワンダー

    セイウンワンダーから見たロジユニヴァースロジユニヴァース

    3歳となっての始動戦は3月8日の弥生賞に出走することになった。無敗馬ロジユニヴァースとの初の直接対決に注目が集まり、ロジユニヴァースに続く2番人気に支持されたが、レースでは馬体重プラス12キロが響いたのか、最後の直線で失速しロジユニヴァースに敗れて8着という結果に終わった。セイウンワンダー フレッシュアイペディアより)

  • サニーブライアン

    サニーブライアンから見たロジユニヴァースロジユニヴァース

    サニーブライアン以後、2009年のロジユニヴァースまで関東馬のダービー制覇はなく、また関東所属の騎手としても、ロジユニヴァースに騎乗した横山典弘まで12年間、関東所属のダービージョッキーは現れなかった(大西は2006年に騎手を引退している)。サニーブライアン フレッシュアイペディアより)

  • アンライバルド

    アンライバルドから見たロジユニヴァースロジユニヴァース

    4月19日、皐月賞に出走。8枠16番からの発走となった。レース前の各新聞紙面にはロジユニヴァース・リーチザクラウンとの三強の争いとの見方が強かったが、折り合いを欠いたリーチザクラウンは直線入り口で失速、中団やや前方につけていたロジユニヴァースも第4コーナーで早々と馬群に飲み込まれた。アンライバルドは中団後ろでの競馬から直線半ばで前にいる馬をまとめて交わし、残り200m程で抜け出して先頭に立つと2着のトライアンフマーチに1馬身半の着差をつけ快勝した。アンライバルド フレッシュアイペディアより)

  • 堀宣行

    堀宣行から見たロジユニヴァースロジユニヴァース

    2015年にはドゥラメンテで皐月賞、日本ダービーを制覇。21世紀に入ってからは、美浦所属の調教師としては2009年にロジユニヴァースで制した萩原清に続いてのダービートレーナーとなった。またモーリスで安田記念、マイルチャンピオンシップ、香港マイルを制しJRA賞年度代表馬及び最優秀短距離馬に選出された。自身としては、JRA賞最多勝利調教師とJRA賞最高勝率調教師の2冠を達成する。堀宣行 フレッシュアイペディアより)

  • ワンアンドオンリー

    ワンアンドオンリーから見たロジユニヴァースロジユニヴァース

    鞍上の横山典弘にとってはロジユニヴァース以来2度目の制覇、生産者ノースヒルズにとってはキズナに続く2連覇、そして管理する橋口弘次郎調教師にとっては初のダービー制覇となった。また、ワンアンドオンリーの父ハーツクライも同じく橋口師の管理馬であり、2004年日本ダービーで2着に惜敗している(なおこの時の鞍上も横山である)。ハーツクライから実に10年越し、またこの間リーチザクラウン・ローズキングダムと2回のダービー2着を経験した末の悲願達成であった。ワンアンドオンリー フレッシュアイペディアより)

28件中 11 - 20件表示

「ロジユニヴァース」のニューストピックワード