25件中 11 - 20件表示
  • 大西直宏

    大西直宏から見たロジユニヴァースロジユニヴァース

    2006年12月6日に引退届を提出、同17日の中山開催で騎手生活から引退した。大西が引退した時点で美浦トレーニングセンターに所属する現役のダービージョッキーが皆無となる事態となり、その「空白期間」は2009年5月にロジユニヴァースで横山典弘が新たなダービージョッキーとなるまで約2年半に渡り続くこととなった。大西直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 第54回有馬記念

    第54回有馬記念から見たロジユニヴァースロジユニヴァース

    まず、ファン投票1位のウオッカはジャパンカップ(優勝)レース中に鼻出血を発症し、規定により出走ができなくなっていた。このほか、3位の東京優駿馬・ロジユニヴァースは体調が整わないため、7位のオウケンブルースリ、9位の秋華賞馬・レッドディザイアは休養に入るため出走回避した。また、6位のスクリーンヒーローはジャパンカップのレース後に屈腱炎を発症し引退が表明された。第54回有馬記念 フレッシュアイペディアより)

  • セイウンワンダー

    セイウンワンダーから見たロジユニヴァースロジユニヴァース

    3歳となっての始動戦は3月8日の弥生賞に出走することになった。無敗馬ロジユニヴァースとの初の直接対決に注目が集まり、ロジユニヴァースに続く2番人気に支持されたが、レースでは馬体重プラス12キロが響いたのか、最後の直線で失速しロジユニヴァースに敗れて8着という結果に終わった。セイウンワンダー フレッシュアイペディアより)

  • アンライバルド

    アンライバルドから見たロジユニヴァースロジユニヴァース

    4月19日、皐月賞に出走。8枠16番からの発走となった。レース前の各新聞紙面にはロジユニヴァース・リーチザクラウンとの三強の争いとの見方が強かったが、折り合いを欠いたリーチザクラウンは直線入り口で失速、中団やや前方につけていたロジユニヴァースも第4コーナーで早々と馬群に飲み込まれた。アンライバルドは中団後ろでの競馬から直線半ばで前にいる馬をまとめて交わし、残り200m程で抜け出して先頭に立つと2着のトライアンフマーチに1馬身半の着差をつけ快勝した。アンライバルド フレッシュアイペディアより)

  • ラジオNIKKEI杯2歳ステークス

    ラジオNIKKEI杯2歳ステークスから見たロジユニヴァースロジユニヴァース

    特に2000年は翌年の皐月賞を制するアグネスタキオン、東京優駿・ジャパンカップを制し年度代表馬となるジャングルポケット、NHKマイルカップ・ジャパンカップダートを制するクロフネの3頭で決着する非常にレベルの高いレースとなった。ほかにも優勝馬からはナリタタイシン、タヤスツヨシ、アドマイヤベガ、ザッツザプレンティ、ロジユニヴァース、ヴィクトワールピサが、出走馬からはゴールドシップ(2011年2着、2012年皐月賞・菊花賞優勝)、ヴィクトリー(2006年2着、2007年皐月賞優勝)、アサクサキングス(2006年5着、2007年菊花賞優勝)が、他にもヴァーミリアン(2004年優勝、クラシックは不振だったが後にダートGI/JpnIを9勝)、コスモバルク(2003年優勝、地方競馬所属として史上初。後にシンガポール航空インターナショナルカップ優勝)、アドマイヤムーン(2005年2着、ドバイデューティフリーなどGI3勝)、ヒルノダムール(2009年4着、2011年天皇賞(春)優勝)、ダノンシャンティ(2010年3着、2011年NHKマイルカッブ優勝)、ハタノヴァンクール(2011年15着、2012年ジャパンダートダービー優勝)など多数のクラシックホースやGIホース、無数の重賞勝馬を生み出している。ラジオNIKKEI杯2歳ステークス フレッシュアイペディアより)

  • アトラクション (競走馬)

    アトラクション (競走馬)から見たロジユニヴァースロジユニヴァース

    近親にLord of Men(サラマンドル賞)、Sonic Lady(アイリッシュ1000ギニー)、ロジユニヴァース(東京優駿)などがいる。アトラクション (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • ブエナビスタ (競走馬)

    ブエナビスタ (競走馬)から見たロジユニヴァースロジユニヴァース

    この後はファン投票で1位となった宝塚記念へ出走。ドリームジャーニーやジャガーメイルといった有力馬が出そろったが、1番人気に支持された。レースでは同期の日本ダービー優勝馬ロジユニヴァースを見る形でレースを進めた。直線に入ると内からアーネストリーを交わして一旦先頭に立ったが、外から追い込んできたナカヤマフェスタに交わされ2着に敗れた。ブエナビスタ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • アーネストリー

    アーネストリーから見たロジユニヴァースロジユニヴァース

    秋のGI戦線への緒戦として8月22日の札幌記念に1番人気で出走した。3番手を追走し、直線半ばで先頭に立つとそのまま押し切る形で、ロジユニヴァースに1馬身3/4の差を付け勝利した。鞍上の佐藤が勝利後のインタビューでは「内側につけようとも考えたが、力が違うと思い、外を回して安全策でいって勝ってくれた」と答えている。アーネストリー フレッシュアイペディアより)

  • 競馬伝説Live!

    競馬伝説Live!から見たロジユニヴァースロジユニヴァース

    2009年春 - 総数17,386票 1サーバー平均1,023票(日本ダービー) - 優勝はロジユニヴァース競馬伝説Live! フレッシュアイペディアより)

  • ゼンノロブロイ

    ゼンノロブロイから見たロジユニヴァースロジユニヴァース

    この時期のゼンノロブロイは骨膜炎を発症しており、調教師の藤沢和雄は強い負荷をかける調教を施さない方針をとっていたが、3戦2勝の成績で臨んだ東京優駿(日本ダービー)トライアルの青葉賞を制し、重賞初制覇を達成。横山をして「(日本ダービーは)この馬で勝てなきゃ、当分勝てない」と言わしめた。東京優駿では終始2番手を進み先頭を伺う競馬を見せたが直線でネオユニヴァースに交わされ、2着に敗れた(ちなみに、横山はこの6年後ネオユニヴァースの仔ロジユニヴァースでダービーを初勝利している)。ゼンノロブロイ フレッシュアイペディアより)

25件中 11 - 20件表示

「ロジユニヴァース」のニューストピックワード