1 2 3 次へ
25件中 21 - 25件表示
  • サニーブライアン

    サニーブライアンから見たロジユニヴァースロジユニヴァース

    サニーブライアン以後、2009年のロジユニヴァースまで関東馬のダービー制覇はなく、また、関東所属の騎手としても、ロジユニヴァースに騎乗した横山典弘まで12年間、関東所属のダービージョッキーは現れなかった(大西は2006年に騎手を引退している)。サニーブライアン フレッシュアイペディアより)

  • 大竹正博

    大竹正博から見たロジユニヴァースロジユニヴァース

    萩原清厩舎で調教助手をしていたときにのちにダービー馬となるロジユニヴァースの調教などに携わっている。ロジユニヴァースが栗東留学をする際には大竹がロジユニヴァースに同行をした。大竹正博 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌2歳ステークス

    札幌2歳ステークスから見たロジユニヴァースロジユニヴァース

    1996年までは札幌競馬場→函館競馬場の順に開催していたため、2歳馬による最初の重賞競走として施行していたが、1997年に函館競馬場と開催順を入れ替えるとともに、2歳馬の距離体系の整備の一環として、施行距離が芝1800mに変更され、中央競馬北海道開催のフィナーレを飾る競走となった。夏競馬で唯一の2歳馬による中距離の重賞競走となったため、翌年のクラシック路線を占う意味で重要なステップレースとして位置づけられている。第35回優勝のジャングルポケット、第43回優勝のロジユニヴァースは翌年の日本ダービーを制覇し、また、第40回優勝のアドマイヤムーンはクラシック制覇こそならなかったが、古馬になってから中距離GIを3勝した。このほか、第35回3着のテイエムオーシャンは翌年の桜花賞と秋華賞、第46回2着のゴールドシップは翌年の皐月賞と菊花賞、第38回9着のスズカマンボは古馬になって天皇賞(春)を制している。札幌2歳ステークス フレッシュアイペディアより)

  • ノーザンファーム

    ノーザンファームから見たロジユニヴァースロジユニヴァース

    ロジユニヴァース(2006年産:2009年東京優駿)ノーザンファーム フレッシュアイペディアより)

  • 馬なり1ハロン劇場

    馬なり1ハロン劇場から見たロジユニヴァースロジユニヴァース

    ロジユニヴァース:地道なライブ活動を行っており、歌唱や楽曲のセンスの高さで一躍トップアーティストの仲間入りを果たすも、皐月でのフェスで自身が「井の中の蛙」だったことを思い知らされる。その後リーチザクラウンと意気投合したことから本格的にユニットを組む。担当パートはキーボード。馬なり1ハロン劇場 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
25件中 21 - 25件表示