前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
236件中 1 - 10件表示
  • ロッククライミング調査

    ロッククライミング調査から見たロッククライミングロッククライミング

    ロッククライミング技術を使って、難所・高所に取り付いて行う調査作業形態の呼称。ロッククライミング調査 フレッシュアイペディアより)

  • フレンキシェ・シュヴァイツ

    フレンキシェ・シュヴァイツから見たロッククライミングロッククライミング

    逐語的に直訳すれば、「フランケン地方のスイス」という意味で、この地方の起伏に富んだ地形を山岳国家スイスに重ね合わせてこう呼ぶ。実際には標高300mから600mほどの山や丘陵が連なる地域であるが、切り立った断崖などもあり、クライマーやトレッキング愛好家に人気がある。また、麓はなだらかな丘陵地であり、変化に富んだ景観が楽しめるためサイクリング客も多い。またニュルンベルク、バンベルク、バイロイトと古都に囲まれ、歴史的価値のある古城を有した美しい町並みが点在していることから、代表的な観光街道の一つである古城街道の一部となっている。フレンキシェ・シュヴァイツ フレッシュアイペディアより)

  • 石門公園

    石門公園から見たロッククライミングロッククライミング

    津乃峰山と鍛治ヶ峰の境に位置。高さ約30mの巨石が門のように並立していることから石門と呼ばれ、ロッククライミングのゲレンデとして利用されることが多い。公園の周囲はフジの名所として知られる。石門公園 フレッシュアイペディアより)

  • 御在所岳

    御在所岳から見たロッククライミングロッククライミング

    急峻な岩壁やツツジ科の花々が美しい、変化に富んだ山である。春にはツツジや桜、そして様々な植物、夏にはアカトンボ、秋には紅葉、冬には樹氷や冬山登山と、四季を通じて楽しむ山として最適であるが、一方では「藤内壁」(とうないへき)などの岩肌を有し、ロッククライミングの名所ともなっている。冬には藤内壁のアイスクライミングも楽しめる。御在所岳 フレッシュアイペディアより)

  • スタック・アン・アーミン

    スタック・アン・アーミンから見たロッククライミングロッククライミング

    この海食柱のすぐそばには、昔ここを狩場としていた人々が住んでいた形跡がある。ただし、ここに長期滞在するには不向きだったようで、ここに年中人が住んでいた(定住していた)わけではないと考えられている。この海食柱には幾種もの海鳥が営巣しており、かつては絶滅種のオオウミガラスも生息していた。昔は、この海食柱に登って卵を採ってきたりもした。また、そのような目的ではなくロッククライミングを楽しむために、この海食柱を利用する者が見られた。しかし現在は、ここに住む海鳥とその繁殖地を守るための規則が定められ、色々と制限されるようになった。1957年に、スタック・アン・アーミンの周辺の列島が、スコットランドのナショナルトラストの管理下に入ってから、このスタック・アン・アーミンを訪れるのは、少数の科学者、時折やってくるジャーナリストくらいのものであるはずだが、ひょっとすると今でも不法にロッククライミングをしている者もいるかもしれない。スタック・アン・アーミン フレッシュアイペディアより)

  • さんまのナンでもダービー

    さんまのナンでもダービーから見たロッククライミングロッククライミング

    ロッククライマー。当時中学生であり、最終レースのダービー池に準レギュラーで出演。綱のぼり企画にも登場した。優勝回数が非常に多く常に一番人気であり、渡辺二郎、タイガーマスク、おさるなどに勝利した。1度はおさるに負けて苦汁を飲み、逆に当時無名であったおさるの知名度が全国区になったほどだった。ダービー池クラシック競走のトライアルレース「弥生賞」では、実績十分で断然の一番人気だったが、花粉症だったためまさかの大惨敗。初出走で人気薄の山崎裕太が2着に入る大波乱を起こさせたが、本番の皐月賞ではぶっちぎりの優勝で雪辱を果たした。さんまのナンでもダービー フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタンの観光

    ウズベキスタンの観光から見たロッククライミングロッククライミング

    ウズベキスタン国内における観光客の活動としてはロッククライミングなどの屋外のスポーツから考古学的、宗教的な歴史を知ることまで様々である。ウズベキスタンの観光 フレッシュアイペディアより)

  • ヨセミテ国立公園

    ヨセミテ国立公園から見たロッククライミングロッククライミング

    ヨセミテ渓谷は、国立公園全体の1%にすぎないが、ほとんどの観光客が訪れ、滞在する場所である。エル・キャピタンは、花崗岩の絶壁であり、様々なクライミング・ルートがあること、1年を通じて登れることから、世界中でも人気の高いロッククライミングのスポットである。花崗岩ドームのセンチネルドーム、ハーフドームはそれぞれ渓谷の底から約1160メートル、1470メートルの高さがある。ヨセミテ国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • ながの村

    ながの村から見たロッククライミングロッククライミング

    集落機能の低下に危機感を抱いた地元有志が地域の活性化と集落機能の維持を目的に,まちおこしグループ「永野を考える会」を結成した。神石町の中心部と集落とを結ぶ県道の拡幅整備を県に要望したが、通行台数が見込めないことから望み薄との状況であった。そこで、永野地区を訪れる人を増やそうと、資源発掘に着手。永野地区内にある断崖絶壁の渓谷「下帝釈峡」に存在すると伝承された鍾乳洞を探索した。この『幻の鍾乳洞』の発掘調査から始まった会の活動は、その後、渓谷コンサート、フォトコンテスト、手作り山荘の建設など、地域資源を活用した都市との交流事業として継続している。断崖は西日本各地からロッククライミングに訪れる人が絶えない。ながの村 フレッシュアイペディアより)

  • ロッククライマー

    ロッククライマーから見たロッククライミングロッククライミング

    ロッククライマー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
236件中 1 - 10件表示

「ロッククライミング」のニューストピックワード