236件中 41 - 50件表示
  • エクストリーム・ネットワークス

    エクストリーム・ネットワークスから見たロッククライミングロッククライミング

    1996年に設立され、レイヤ3スイッチ、レイヤ2スイッチ、無線LAN等のネットワーク機器の製造、販売を行っている。コーポレート・カラーは「紫」であり、同社製品は「紫」を主体にしているため、同社製品を紫箱と呼ぶこともある。製品の名称は、ロッククライミングやエクストリームスポーツに由来するものが多く、BlackDiamond、Alpine、Summit、Altitudeと名付けられている。エクストリーム・ネットワークス フレッシュアイペディアより)

  • ポータレッジ

    ポータレッジから見たロッククライミングロッククライミング

    ポータレッジ(英 portaledge )とはロッククライマーが一昼夜以上の長期間を崖ですごす為に開発された、携帯用の崖に吊るす簡易テントのこと。特にBig wall Climbingに必用とされる。1960年代にヨセミテ国立公園の登山家がハンモックを改良したコット(簡易キャンプベッド)を使用し始め、1972年に初の折りたたみ式ポータレッジが作られた。1980年代から市販されている。テントの土台とは別に悪天候用にストームフライとよばれるテントカバーで覆うこともできる。ポータレッジ フレッシュアイペディアより)

  • 登高器

    登高器から見たロッククライミングロッククライミング

    登高器(とうこうき、Ascender )は、高所作業や、ロッククライミング等に使う器具の一つである。フィックスロープ(端が固定されたロープ)にセットすると、カムなどの働きにより、上方には移動するが下方には移動しない仕組みになっている。登高器 フレッシュアイペディアより)

  • クライミングチョック

    クライミングチョックから見たロッククライミングロッククライミング

    クライミングチョックは、ロッククライミングで使われる確保器具の登山用具の一つ。クライミングチョック フレッシュアイペディアより)

  • 懸垂下降器

    懸垂下降器から見たクライミングロッククライミング

    懸垂下降器(Descender )は懸垂下降、クライミングで使われる用具の一つ。懸垂下降器 フレッシュアイペディアより)

  • タジキスタンの文化

    タジキスタンの文化から見たロッククライミングロッククライミング

    タジキスタンの山々ではヒルクライミングやマウンテンバイキング、ロッククライミング、スキー、スノーボード、ハイキング、登山といったアウトドアスポーツが盛んである。しかし、アウトドアスポーツを楽しめる時期は限定されており、7000m以上の標高の山があるパミール高原では、マウンテンバイキングやハイキングのツアーが国内や国際的な機関により運営されている。タジキスタンの文化 フレッシュアイペディアより)

  • アークテリクス

    アークテリクスから見たロッククライミングロッククライミング

    ロッククライミング、スキー、スノーボード、トレッキング、ハイキングに関連したアパレル、ギアを商品主力としている。アークテリクス フレッシュアイペディアより)

  • アークテリクス

    アークテリクスから見たクライミングロッククライミング

    創業者であるクライマーのDave LaneとJeremy Guardは、クライミングハーネスを作るため前身のRock Solid社を設立。同社の最も人気のある製品となる熱ラミネート加工の技術を用いてフィット性を向上させたVaporハーネスを販売した。創業から2年目で移転や増員を経て、同様の技術を用いたBora backpackを発売した。1996年にはWLゴア&アソシエイツ社からライセンスを取得し、ゴアテックスをアウトドア用のアパレルに利用した。同社のアパレルで売れているTheta ARとGamma MX jacketsがその製品ラインアップに含まれる。アークテリクスのデザインは、長年にわたり雑誌から数々の賞を受けている。アークテリクス フレッシュアイペディアより)

  • チンドキ

    チンドキから見たロッククライミングロッククライミング

    頂上付近はほぼ丸裸の岩からなり、北斜面も南斜面も岩が露出した石灰岩の頂上部ではっきりと区切られている。稜線は東西に伸びている。頂上付近の急斜面はロッククライミングに人気がある。チンドキ フレッシュアイペディアより)

  • アンボト

    アンボトから見たロッククライミングロッククライミング

    もっともよく知られたルートはウルキオラメンディ峠からのルートである。ウルキオラメンディ(1,009 m)の側面を登り、アスンツェ(870 m)を超えた後に、パゴセライ(970 m)のピークを経て、石の多いアルエタ斜面を登って、アヒンディ(1,227 m)のピークを過ぎると、アンボト山頂のすぐ西側に至る。北斜面は比高約1000 mの岩がちなルートであり、ロッククライミングを必要とする場所もあるため、悪天候時または凍結時には大きな危険をはらんでいる。アンボト フレッシュアイペディアより)

236件中 41 - 50件表示

「ロッククライミング」のニューストピックワード