204件中 51 - 60件表示
  • キャメルトロフィー

    キャメルトロフィーから見たクライミングロッククライミング

    国別対抗戦の形式で行われ、各国で行われる予選会を経て決定された各国3名ずつの参加者が、世界の秘境を自動車で走破しながら、その日毎に与えられるタスクと呼ばれるあらゆる課題を3名で力を合わせて攻略していくレースである。メインである四輪駆動車による不整地や悪路の走破テクニックを競うのはもちろんのこと、シュノーケリング、スキューバダイビング、クライミング、オリエンテーリングなど、到着ポイントによりさまざまなタスクが存在する、アドベンチャーレースのはしりとも言えるレースである。一応はレースという形態をとっており順位も存在はするが、優勝しても賞金は一切ない。どちらかといえば全チームの全員がコースを完走することに主眼を置いており、本来順位を競い合うチーム同士であっても、完走のために互いが助け合うシーンが随所で見られる。キャメルトロフィー フレッシュアイペディアより)

  • 木場山

    木場山から見たロッククライマーロッククライミング

    等高線は南部が詰まり北部は緩やかな特徴をもつ低山。北部背後に高坪山(105.8m)を控え、東部の2つの山である姫御前山、燈籠地山(54m)と3山が南部前面に瀬戸内海に向かって急落し、高さ50m、約800mにわたって小赤壁と呼ばれる奇岩からなる絶壁を形成している。こうした絶壁は瀬戸内海では非常に珍しく「落ちかけ岩」、「ケッテ岩」などと名づけられた奇岩を連続させており、ロッククライマーにも人気が高い。木場山 フレッシュアイペディアより)

  • 雪彦峰山県立自然公園

    雪彦峰山県立自然公園から見たロッククライミングロッククライミング

    雪彦山 - 標高 915メートルの岩山。日本三彦山の一つ。また日本有数の垂直の岩壁はロッククライミングの好適地として知られる。雪彦峰山県立自然公園 フレッシュアイペディアより)

  • 双石山

    双石山から見たロッククライミングロッククライミング

    宮崎市中心部から16キロメートルの近場にあり宮崎市民にとって身近な山である。登山道として北西の鏡洲川沿いの塩鶴から針の耳神社と象の墓場を通るルート、東側の加江田渓谷からのルートがある。山頂展望台から宮崎市街地、尾鈴山、日向灘を望むことができる。山頂付近に岩壁がありロッククライミングが盛んとなっている。双石山 フレッシュアイペディアより)

  • ハートフルスクエアーG

    ハートフルスクエアーGから見たロッククライミングロッククライミング

    ハートフルスクエアーG(ハートフルスクエアーじー)は、岐阜県岐阜市の岐阜市が管理運営する生涯学習拠点施設である。体育ルームにはロッククライミングの練習ができるクライミングウオールが設置してあるなど市民の多様なニーズに対応している。また情報誌を定期的に発行し広報活動も積極的に行っている。ちなみに名称の「G」は「GIFU」の頭文字である。ハートフルスクエアーG フレッシュアイペディアより)

  • ハートフルスクエアーG

    ハートフルスクエアーGから見たクライミングロッククライミング

    多目的体育室 - バドミントン、ミニテニス、ソフトバレー、インディアカ、卓球などの競技や体操、ダンス、エアロビックなどにも使用できる体育室。北側壁面にクライミングウォールが施してある。ハートフルスクエアーG フレッシュアイペディアより)

  • シエラクラブ

    シエラクラブから見たロッククライミングロッククライミング

    ウィリアム・コルビーは1901年にシエラクラブとして初めて組織的な野外活動をヨセミテ渓谷で実行した。毎年実施される『ハイトリップ』という長期間のトレッキングは、Francis P. Farquhar、Joseph Nisbet LeConte、Norman Clyde、Walter A. Starr, Jr.、Jules Eichorn、Glen Dawson、Ansel Adams、David R. Brower など名だたる登山家に率いられてきた。シエラクラブの野外活動により初登頂された山峰はシェラネバダ山脈には数多い。当時のクラブ会員はロッククライミングやハンドクラフトの先駆者でもある。1911年に初の支部であるAngelesが結成されると、すぐにロサンゼルス近郊や西海岸一帯の山岳地帯で野外活動や登山を始めた。第2次世界大戦中はシエラクラブのリーダーが数多く第10山岳師団に集結してその経験を戦線で実践した。シエラクラブ フレッシュアイペディアより)

  • エクストリーム・アイロン掛け

    エクストリーム・アイロン掛けから見たロッククライミングロッククライミング

    行なう場所としては、難易度の高いクライミングを伴う山の斜面や、森、カヌーの上、スキーやスノーボードの最中、大きな銅像の頂上、大通りの真ん中などがあり、アイロン掛けの目的をほとんど無視して、スキューバ・ダイビングをしながら行うこともあるほか、パラシュート降下中。湖の氷上でも行われた。これらのパフォーマンスは個人および団体でも行われる。エクストリーム・アイロン掛け フレッシュアイペディアより)

  • 登山家

    登山家から見たクライミングロッククライミング

    登山家(とざんか)は登山・クライミング、山スキーを生活の中心としている人達のこと。実際には、登山・クライミングなどを通じて得た経験を元に、登山ガイド(アルパインガイド・山岳ガイド)、登山学校経営、登山ショップ経営、講演活動、執筆活動などを行って生活の糧を得ている。登山家 フレッシュアイペディアより)

  • アラセリ・セガーラ

    アラセリ・セガーラから見たロッククライミングロッククライミング

    アラセリ・セガーラ(Araceli Segarra, 1970年3月26日 - )は、スペイン・カタルーニャ州・リェイダ出身のファッションモデル、クライマー、登山家。スペイン人の女性として初めてエベレストの登頂に成功した。アラセリ・セガーラ フレッシュアイペディアより)

204件中 51 - 60件表示

「ロッククライミング」のニューストピックワード