236件中 51 - 60件表示
  • モルデ

    モルデから見たロッククライミングロッククライミング

    冬季のモルデ市民の楽しみは、スキーである。その他にロッククライミング、アイス・クライミング、ボルダリング、ベースジャンピングが楽しめる。モルデ フレッシュアイペディアより)

  • 西方ヶ岳

    西方ヶ岳から見たロッククライミングロッククライミング

    西方ヶ岳は、若狭湾に沈み込むことでリアス式海岸を生み出し敦賀湾を形作っている敦賀半島のほぼ中ほどにあり、北の蠑螺ヶ岳とともに半島の主稜を構成する。野坂岳、岩籠山とともに敦賀三山を構成するこの山は福井県内にある山のなかでは珍しいことに、この山の北にそびえる蠑螺ヶ岳とともに、全てが花崗岩で構成されている。その山容は、花崗岩の風化の影響を受けて山肌が白くなっており、見る者にアルペンの様な印象を与え、登山者にはロッククライミングをしているかのような気分も味わわせてくれる。そして、この花崗岩のみの山中にはかもしか台やオーム岩など多くの花崗岩でできた奇岩が存在している。特に西方ヶ岳中腹の標高500m付近に立つオーム岩は、江戸時代には「言葉石」と呼ばれており『東遊記』には小浜藩主も遊覧に来るほどであったと伝わっている。西方ヶ岳の標高は、764.1mととりたてて言うほど高いというわけではないものの、海から直接立ち上がっていることも相まって、実際の標高以上に高く聳え立つように見えるという。このように海岸から、いきなり標高を稼ぐこの西方ヶ岳においては、その植生が下界では暖地性のものであるのに対し、西方ヶ岳山頂付近には天然のブナ林が広がっているなどと、垂直分布図の模型のように植物の種類が豊富であり、しかも、冬の季節風に曝されるということもあって少々変わった特徴がある。また、西方ヶ岳と北の蠑螺ヶ岳の山頂間の尾根道は、夏にはドウダンツツジやベニドウダンが咲き乱れ、その他にも季節によってササユリやサツキ、イカリソウやイワウチワなどの生えている草木を愛でることができる。さらに、かもしか台の先にある尼池という池には白いミズバショウが咲いていることもある。西方ヶ岳 フレッシュアイペディアより)

  • 蠑螺が岳

    蠑螺が岳から見たロッククライミングロッククライミング

    蠑螺が岳は、若狭湾に沈み込むことでリアス式海岸を生み出し敦賀湾を形作っている敦賀半島の北よりの位置にある。南の西方ヶ岳とともに半島の主稜を構成しているこの山は、福井県内にある山のなかでは珍しいことに、西方ヶ岳とともに、全てが花崗岩で構成されている。その山容は、花崗岩の風化の影響を受けて山肌が白くなっており、見る者にアルペンの様な印象を与え、登山者にはロッククライミングをしているかのような気分も味わわせてくれる。蠑螺が岳の標高は、685.5mととりたてて言うほど高いというわけではないものの、海から直接立ち上がっていることも相まって、実際の標高以上に高く聳え立つように見えるという。このように海岸から、いきなり標高を稼ぐこの蠑螺ヶ岳においては、その植生が下界では暖地性のものであるのに対し、蠑螺ヶ岳山頂付近には天然のブナ林が広がっているなどと、垂直分布図の模型のように植物の種類が豊富であり、しかも、冬の季節風に曝されるということもあって少々変わった特徴がある。また、蠑螺ヶ岳と南の西方ヶ岳の山頂間の尾根道は、夏にはドウダンツツジやベニドウダンが咲き乱れ、その他にも季節によってササユリやサツキ、イカリソウやイワウチワなどの生えている草木を愛でることができる。さらに、かもしか台の先にある尼池という池には白いミズバショウが咲いていることもある。蠑螺が岳 フレッシュアイペディアより)

  • 周南緑地

    周南緑地から見たロッククライミングロッククライミング

    周南市の市制施行記念事業として整備され、2007年(平成19年)3月19日に完成した。長さ約40mのローラーすべり台やロッククライミング体験施設を組み合わせた大型複合遊具(対象年齢3歳 - 12際)のほか、幼児用遊具(対象年齢3歳 - 6歳)、多目的広場(芝生広場)等を備える。周南緑地 フレッシュアイペディアより)

  • 平戸市立大島小学校

    平戸市立大島小学校から見たロッククライミングロッククライミング

    3月 - 運動場にロッククライミングの遊具を設置。平戸市立大島小学校 フレッシュアイペディアより)

  • グランピアンズ国立公園

    グランピアンズ国立公園から見たロッククライミングロッククライミング

    アトラクション:春の野草、ロッククライミング、キャンピング、山歩きなど。近くの町・ホールズギャップ(Halls Gap)に宿泊施設など があるグランピアンズ国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • フリッツ・カスパレク

    フリッツ・カスパレクから見たロッククライミングロッククライミング

    少年時代はフィールド競技と自転車競技、そしてダンスに夢中であった。18歳の時にロッククライミングに出会い、以降グローセ・チンネ(大チンネ)北壁、マルモラータ南バットレスなどの登頂をなし遂げる。1938年にハインリヒ・ハラーと共にアイガー北壁に挑み、登攀中に合流したヘックマイヤーらのドイツ人パーティと共に初登頂に成功した。フリッツ・カスパレク フレッシュアイペディアより)

  • 宝剣岳

    宝剣岳から見たロッククライミングロッククライミング

    他に千畳敷から岩場を登り山頂を直接目指すルート等があるが、ロッククライミングの高度な技術を持つ者以外は登攀不可能である。宝剣岳 フレッシュアイペディアより)

  • 岳人列伝

    岳人列伝から見た岩登りロッククライミング

    ラーリの輿入れの日、カンバは僅かのザイル、ハーケンなどの岩登り道具と自らの肉体のみで「勇者の壁」と呼ばれる高さ1000メートルの絶壁に挑む。全ては二度と悔しい思いをしないため、一刻も早く大人になるために。岳人列伝 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァルテル・ボナッティ

    ヴァルテル・ボナッティから見たクライミングロッククライミング

    1948年夏にレッコ県グリーニャの尖峰で初めて本格的なクライミングを行った。翌年の1949年には早くも難ルートの北西壁、モンブランの西壁、グランドジョラス北壁の登攀に成功する。ヴァルテル・ボナッティ フレッシュアイペディアより)

236件中 51 - 60件表示

「ロッククライミング」のニューストピックワード