236件中 81 - 90件表示
  • もりのみやキューズモールBASE

    もりのみやキューズモールBASEから見たクライミングロッククライミング

    正面エントランス付近の棟の1階で営業。高さ約12.5mのクライミングウォールと、高さ約4.5m・幅20m以上のボルダリングウォールを設置している関係で、2階の一部も吹き抜け風に使用している。また、クライミングウォールには、「関西地方では最も多い」という4台のオートビレイ機を設置。ジムの向かい側の棟には、スーパースポーツゼビオもりのみやキューズモール店がある。もりのみやキューズモールBASE フレッシュアイペディアより)

  • 卓田和広のチャ・チャ・チャ・チャレンジ

    卓田和広のチャ・チャ・チャ・チャレンジから見たロッククライミングロッククライミング

    新得町で「クライミングタワーに登れ」(途中でギブアップし挫折する、また報道用として一般利用者が挑戦している違うカットを「ウィークリー十勝」で紹介)卓田和広のチャ・チャ・チャ・チャレンジ フレッシュアイペディアより)

  • 沢登り

    沢登りから見たロッククライミングロッククライミング

    技術的にはロッククライミング(登攀)に属するが、主に水の流れる沢や滝を登るという性質から、ひとつの独特の分野を形成している。一般的には登山道が無い場合が多く、むしろバリエーションルートとして楽しむために登られる事が多い。沢登り フレッシュアイペディアより)

  • 藤内壁

    藤内壁から見たロッククライミングロッククライミング

    藤内壁(とうないへき)は、三重県の御在所岳にある岩の壁。岩登り(ロッククライミング)のスポットである。藤内壁 フレッシュアイペディアより)

  • 双石山

    双石山から見たロッククライミングロッククライミング

    宮崎市中心部から16キロメートルの近場にあり宮崎市民にとって身近な山である。登山道として北西の鏡洲川沿いの塩鶴から針の耳神社と象の墓場を通るルート、東側の加江田渓谷からのルートがある。山頂展望台から宮崎市街地、尾鈴山、日向灘を望むことができる。山頂付近に岩壁がありロッククライミングが盛んとなっている。双石山 フレッシュアイペディアより)

  • エグモント国立公園

    エグモント国立公園から見たロッククライミングロッククライミング

    トレッキング以外で、エグモント国立公園内で行われるアクティビティはピクニックやロッククライミング、スキーとなる。また、ヤギと豚の狩猟も行われている。エグモント国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • バス・ファン・フラーセン

    バス・ファン・フラーセンから見たロッククライミングロッククライミング

    イェール大学、南カリフォルニア大学、トロント大学で教えた後、1982年からプリンストン大学哲学部教授に就任した。『哲学的論理学紀要』や『記号論理学紀要』といった学術雑誌の編集委員を務めている。趣味はロッククライミングバス・ファン・フラーセン フレッシュアイペディアより)

  • コンラッド・アンカー

    コンラッド・アンカーから見たロッククライミングロッククライミング

    コンラッド・アンカー(、1962年11月27日 - )はアメリカ合衆国出身のロッククライマー、登山家、作家。ヒマラヤ山脈の高峰や南極大陸での登山で知られる。コンラッド・アンカー フレッシュアイペディアより)

  • サラリーマン転覆隊

    サラリーマン転覆隊から見たクライミングロッククライミング

    発足時は単なるカヌーチームだった。徐々に、登山、マウンテンバイク、沢登り、クライミングなどアウトドアスポーツ全般に活動を広げていった。キャッチフレーズは「日本で一番過激でヘタなカヌーチーム」。同時に「命の保証はない。感動の保証はある。」というスローガンも使う。隊長は本田亮。(当時は大手広告代理店に勤務。現在は作家活動をしている。)サラリーマン転覆隊 フレッシュアイペディアより)

  • 万葉クリエートパーク

    万葉クリエートパークから見たロッククライミングロッククライミング

    わんぱくランド 面積が約2.4haのアスレチックランドで、ロッククライミングやつり橋などのアスレチック遊具がある。万葉クリエートパーク フレッシュアイペディアより)

236件中 81 - 90件表示

「ロッククライミング」のニューストピックワード