前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
940件中 1 - 10件表示
  • スポーツ 最近の出来事 2010年11月

    スポーツ 最近の出来事 2010年11月から見たロッテロッテ

    (プロ野球)日本シリーズ、ロッテ(パ・リーグ)?中日(セ・リーグ)の第7戦は、ナゴヤドームで行われ、今シーズン3度目の延長となり12回の末(試合時間4時間56分)、8-7でロッテが中日に競り勝ち、通算4勝2敗1引き分けで5年ぶり4度目(前身の毎日時代の1回を含む)の日本一になった。毎日新聞スポーツ 最近の出来事 2010年11月 フレッシュアイペディアより)

  • ピクト

    ピクトから見たロッテロッテ

    ロッテ Fit’s 「ショッピング」篇、「犬の散歩」篇ピクト フレッシュアイペディアより)

  • 懐炉

    懐炉から見たロッテロッテ

    1975年、アメリカ陸軍が使用していたフットウォーマーを元に、旭化成工業(現・旭化成)が鍼灸師ルート等を通じて全国で「アッタカサン」を販売。それを原型にして、日本純水素(現・日本パイオニクス)が1978年に開発、ロッテ電子工業(現・ロッテ健康産業)が「ホカロン」の商品名で使い捨てカイロを全国発売し、これがヒット商品となって一般に普及した。それぞれの発明者は、「アッタカサン」が旭化成工業の山下巌と飛高幹生、「ホカロン」が日本純水素の田浦照親と戸室美智男とされている。なお、ロッテがホカロンを最初に開発したという情報がメディアには流れているが、カイロの外袋を開封することで発熱が開始するタイプとし、かつ量産化のための技術開発を行ったのは日本純水素である。また、脱酸素剤を開発中に化学反応による薬剤の発熱がみられたことを応用して開発したものでもなく、鉄粉が酸化される際の発熱は前述の「フットウォーマー」や「アッタカサン」でもすでに利用されている。日本純水素は三菱ガス化学のグループ企業であり、ロッテとは資本関係は一切無い。以後このタイプのカイロは急速にシェアを伸ばし、カイロ灰専業の桐灰化学やマイコール、白元、大日本除虫菊、フマキラーなどの家庭日用品メーカーが追随した。このタイプはハクキンカイロに代わって現在主流の方式となっている。シール付きの使い捨てカイロ、いわば貼るタイプのカイロが発売されたのは1988年であり、マイコールが業界に先駆けて販売し、成功を収めた。現在ではミニサイズ、靴下用、肩用、座布団サイズなどいろいろなバリエーションが発売されており、冬場商品の定番となっている。懐炉 フレッシュアイペディアより)

  • ヘテ

    ヘテから見たロッテロッテ

    2004年に、日本のアサヒビールを中心とした企業グループにヘテ飲料を売却している(その後アサヒビールはLG生活健康にヘテ飲料を売却している)韓国の清涼飲料水市場において同社はロッテ・チルソン、コカ・コーラに次ぐ第3位のシェアを有しており、業界再編の要になると分析されている。ヘテ フレッシュアイペディアより)

  • 千葉ロッテマリーンズ

    千葉ロッテマリーンズから見たロッテロッテ

    1月18日、永田は友人である岸信介の斡旋により、ロッテをスポンサーに迎えて業務提携を結び、球団名を「ロッテオリオンズ」に改称。ただ、正式な球団買収ではないので球団の経営は従来通り毎日大映球団(=永田側)が行って、ロッテは球団名の冠スポンサー(現在に置き換えれば命名権の制度に近い)を取得する形としてとどまった。このため、ロッテ本社からの人材の派遣は行われなかった。首位阪急と5.5ゲーム差の3位。千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 錠菓

    錠菓から見たロッテロッテ

    アイスブレーカーズ(ICE BREAKERS)(ロッテ錠菓 フレッシュアイペディアより)

  • ロッテアイス

    ロッテアイスから見たロッテロッテ

    日本の大手菓子メーカー「ロッテ」等を傘下に置く持株会社である株式会社ロッテホールディングスの一角を担う関連企業で、2013年度の国内シェアは17.2%でアイス業界首位。市販用向けおよび業務用アイスの製造・販売を行っている。2008年(平成20年)4月1日、ロッテスノーがロッテ冷菓を合併し、現在の社名となった。ロッテアイス フレッシュアイペディアより)

  • マグマ大使 (テレビドラマ)

    マグマ大使 (テレビドラマ)から見たロッテロッテ

    これに先駆けて、ピー・プロダクションは『クラブ君の冒険』(秋玲二原作)というテレビ特撮番組の白黒パイロットフィルムを制作していた。ピープロ社長のうしおそうじによると、この作品を虫プロで試写した際に、同席していた東急エージェンシーのプロデューサー上島一男の目に留まることとなった。これを買い付けた上島はスポンサーにロッテをつなぎ、局に打診したところ、ロッテ側から「もっと知名度のあるものを」との声が上がった。これを受けてうしおが、当時手塚治虫が雑誌連載中だった『マグマ大使』の映像化を思いつき、箱根で忘年会中だった旧友手塚の元へ直接談判に向かい、実現させたのが当作である。手塚側は実写化に当たって、当初この『マグマ大使』と『ビッグX』の2作を候補に挙げたという 。マグマ大使 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 矢島美容室

    矢島美容室から見たロッテロッテ

    その半年後の2008年5月29日、番組内で「とんねるず×DJ OZMAプロジェクト」が始動。とんねるずがDJ OZMAをドッキリにはめ、その後ミーティングをするために六本木に繰り出したが、具体的な構想はここでは話し合われなかった。8月になりDJ OZMAが、レーベルをエイベックスと契約(同時期にDJ OZMA自身もエイベックスへ移籍している。また、エイベックスになった経緯はかつての野猿の流れを汲んでの事である)し、デビュー曲をロッテの新商品のガムのCMソングにタイアップすることを報告。しかし、この時点でプロジェクトの概要やデビュー曲自体については何も発表されなかった。矢島美容室 フレッシュアイペディアより)

  • SUPER MONKEY'S

    SUPER MONKEY'Sから見たロッテロッテ

    1992年4月より、TBS系『KATO&KENテレビバスターズ』のアシスタント(バスターズガール)としての出演や、ロッテ「シリアルアイス」のCMに初出演し、本格的に芸能活動をスタート。また同時期に、日本テレビ系バラエティ番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』に琉球空手少女として出演した。SUPER MONKEY'S フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
940件中 1 - 10件表示

「ロッテホールディングス」のニューストピックワード