前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
768件中 1 - 10件表示
  • 塚越規

    塚越規から見たロッテロッテ

    LOTTE ACUO「部長課長」篇(出演:松坂桃李、森下能幸、原金太郎)塚越規 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーモンキーズ

    スーパーモンキーズから見たロッテロッテ

    同11月、メンバーも出演したロッテ『マスカットガム』のCMソング「愛してマスカット」をリリース。近年はほとんど歌われていなかったが、2012年の安室の5大ドームツアー「namie amuro 5大ドーム TOUR 2012 ?20th Anniversary Best?」で久々に披露された。スーパーモンキーズ フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ 最近の出来事 2010年11月

    スポーツ 最近の出来事 2010年11月から見たロッテロッテ

    (プロ野球)日本シリーズ、ロッテ(パ・リーグ)?中日(セ・リーグ)の第7戦は、ナゴヤドームで行われ、今シーズン3度目の延長となり12回の末(試合時間4時間56分)、8-7でロッテが中日に競り勝ち、通算4勝2敗1引き分けで5年ぶり4度目(前身の毎日時代の1回を含む)の日本一になった。毎日新聞スポーツ 最近の出来事 2010年11月 フレッシュアイペディアより)

  • 懐炉

    懐炉から見たロッテロッテ

    1975年、アメリカ陸軍が使用していたフットウォーマーを元に、旭化成工業が九州でのみ「アッタカサン」を販売。それを原型にして、日本バイオニクスが1978年に開発、ロッテ電子工業が「ホカロン」の商品名で使い捨てカイロを全国発売し、これがヒット商品となって一般に普及した。以後このタイプのカイロは急速にシェアを伸ばし、カイロ灰専業の桐灰化学やマイコール、白元、大日本除虫菊、フマキラーなどの家庭日用品メーカーが追随した。このタイプはハクキンカイロに代わって現在主流の方式となっている。シール付きの使い捨てカイロ、いわば貼るタイプのカイロが発売されたのは1988年であり、マイコールが業界に先駆けて販売し、成功を収めた。現在ではミニサイズ、靴下用、肩用、座布団サイズ、等々色々なバリエーションが発売されており、冬場商品の定番となっている。懐炉 フレッシュアイペディアより)

  • ヘテ

    ヘテから見たロッテロッテ

    2004年に、日本のアサヒビールを中心とした企業グループにヘテ飲料を売却している(その後アサヒビールはLG生活健康にヘテ飲料を売却している)韓国の清涼飲料水市場において同社はロッテ・チルソン、コカ・コーラに次ぐ第3位のシェアを有しており、業界再編の要になると分析されている。ヘテ フレッシュアイペディアより)

  • 矢島美容室

    矢島美容室から見たロッテロッテ

    その半年弱後の2008年5月29日、番組内で「とんねるず×DJ OZMAプロジェクト」が始動。とんねるずがDJ OZMAをドッキリにはめ、その後ミーティングをするために六本木に繰り出したが、具体的な構想はここでは話し合われなかった。8月になりDJ OZMAが、レーベルをエイベックスと契約(同時期にDJ OZMA自身もエイベックスへ移籍している。また、エイベックスになった経緯はかつての野猿の流れを汲んでの事である)し、デビュー曲をロッテの新商品のガムのCMソングにタイアップすることを報告。しかし、この時点でプロジェクトの概要やデビュー曲自体については何も発表されなかった。矢島美容室 フレッシュアイペディアより)

  • 林静一

    林静一から見たロッテロッテ

    ロッテの梅味キャンディー『小梅』のキャラクター「小梅ちゃん」のイラストレーションや、同棲生活をテーマにした漫画『赤色エレジー』で知られる。その繊細で叙情的なタッチはしばしば竹久夢二の系譜を受け継ぐと評される。画家、実写映画の監督、アニメーション作家として多才な活動を見せている。林静一 フレッシュアイペディアより)

  • ロッテアイス

    ロッテアイスから見たロッテロッテ

    の菓子メーカー、ロッテグループの一角である。2010年度の国内シェアは17.2%でアイス業界首位。市販用向けおよび業務用アイスの製造・販売を行っている。2008年(平成20年)4月1日、ロッテスノーがロッテ冷菓を合併し、現在の社名となる。ロッテアイス フレッシュアイペディアより)

  • 森迫 永依

    森迫永依から見たロッテロッテ

    ロッテ 「2人でガーナ篇」など多数森迫永依 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉ロッテマリーンズ

    千葉ロッテマリーンズから見たロッテロッテ

    1969年1月18日、永田は友人である岸信介の斡旋により、ロッテをスポンサーに迎えて業務提携を結び、球団名を「ロッテオリオンズ」に改称。ただ、正式な球団買収ではないので球団の経営は従来通り毎日大映球団(=永田側)が行って、ロッテは球団名の冠スポンサー(現在に置き換えれば命名権の制度に近い)を取得する形としてとどまった。このため、ロッテ本社からの人材の派遣は行われなかった。千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
768件中 1 - 10件表示

「ロッテホールディングス」のニューストピックワード