768件中 21 - 30件表示
  • 妖怪人間ベム

    妖怪人間ベムから見たロッテロッテ

    1話完結形式で、ベム・ベラ・ベロが3人で各地を放浪しながら妖怪を退治していくフォーマット。同年にはフジテレビで先行して東映動画(現・東映アニメーション)の『ゲゲゲの鬼太郎』が放送されているが、本作はよりホラー色が強く、西洋的な異国情緒の漂う雰囲気となっている。この時期には他にも、『怪物くん』『バンパイヤ』『怪奇大作戦』『河童の三平 妖怪大作戦』が放送されており、妖怪ブームの最中だった。本放送時のスポンサーはロッテ。チューインガムなど関連商品が発売されている。妖怪人間ベム フレッシュアイペディアより)

  • ネクロスの要塞 (ゲーム)

    ネクロスの要塞 (ゲーム)から見たロッテロッテ

    ロッテより食玩シリーズとして発売されていた『ネクロスの要塞』をゲーム化したもの。発売当時主流だったコマンド選択式のオーソドックスなスタイルのRPGとして制作され、アニメーションによるスピーディーな戦闘シーンが最大の特徴だった。概ねのストーリーは同シリーズ1-4弾の『大魔神ネクラーガ編』がベースとなっており、全7章のオムニバス形式のシナリオで構成されている。パーティーのメンバーは各章ごとに固定されるが、最終章のみマーシナリー以外のメンバーをプレイヤーが任意に選択できる。セーブ方法にはパスワード方式を用いているが、天の声2などの外部記憶ユニットにも対応していた。ネクロスの要塞 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • フィンガー5

    フィンガー5から見たロッテロッテ

    1975年にフジテレビ系列で月曜19:00-19:30に放映されたアメリカのテレビドラマ「新・名犬ラッシー」の主題歌。しかし、番組のスポンサーが明治製菓で、フィンガー5はロッテのコマーシャルに出演していたことから、番組では別人が歌っていたという。フィンガー5 フレッシュアイペディアより)

  • ヨンア

    ヨンアから見たロッテロッテ

    2010年にロッテの美容系飲料のテレビコマーシャルで同じく韓国出身の女優チェ・ジウと共演。これを受けて“第二のユンソナ”の評を与えたメディアもあった。ちょうどバラエティ番組『紳助社長のプロデュース大作戦!』にレギュラー出演を開始するなど活動の幅を広げ始めた時期のことであった。ヨンア フレッシュアイペディアより)

  • 原田真二

    原田真二から見たロッテロッテ

    ロッテ・アーモンドチョコレート」 ‐「ROMANTIC DANCE」(アルバム『urban game』)原田真二 フレッシュアイペディアより)

  • IKKO

    IKKOから見たロッテロッテ

    ロッテ「レモビタのど飴」CM出演IKKO フレッシュアイペディアより)

  • 百人町

    百人町から見たロッテロッテ

    1950年にロッテ新宿工場が操業を開始すると、雇用を期待した本国の朝鮮人や在日朝鮮人などが更に集まった。百人町 フレッシュアイペディアより)

  • SHAMEFUL

    SHAMEFULから見たロッテロッテ

    前シングル「Upside Down」より2年5ヶ月ぶりのシングルで、ロッテのガム「ZEUS THUNDER SPARK」のTVCF曲である。また同TVCFには電気グルーヴの2人も出演しており、内容は歯を噛み合わせることで音と映像を表現する技術を利用したものとなっているSHAMEFUL フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤卓

    佐藤卓から見たロッテロッテ

    ロッテ - ミントガムシリーズ(パッケージデザイン)佐藤卓 フレッシュアイペディアより)

  • 長友佑都

    長友佑都から見たロッテロッテ

    ロッテ『ACUO』 キモチつながる 篇 (2011年)長友佑都 フレッシュアイペディアより)

768件中 21 - 30件表示

「ロッテホールディングス」のニューストピックワード