ロッド・スチュワート ニュース&Wiki etc.

ロデリック・デイヴィッド・スチュワート,CBE(Roderick David Stewart,CBE, 1945年1月10日 - )は、スコットランド家系のイギリスのミュージシャン。 (出典:Wikipedia)

「ロッド・スチュワート」Q&A

  • Q&A

    ドラマーのことに関して質問します。Zepのボンゾに比べたら、カーマイン・アピスは比肩…

    [続きを読む]

    回答数:6質問日時 - 2016年11月23日 20:13

  • Q&A

    永ちゃんの曲は、、、、、 Gコードと Bm、、、、 またCメジャーからBmに…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月11日 18:48

  • Q&A

    ある洋楽のタイトルが知りたいです。 お店で流れていた有線なので歌手もわかりません。 …

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年10月29日 23:53

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ロッド・スチュワート」のつながり調べ

  • クイーン (バンド)

    クイーン (バンド)から見たロッド・スチュワート

    1984年、クイーンはイギリスの音楽雑誌どころか世界中からバッシングを浴びるような事件を起こす。当時、南アフリカで問題になっていた人種差別のアパルトヘイト制度を弾圧するため、スポーツ選手やミュージシャンなどの著名人は南アフリカへ行かないようボイコット運動が進められていた。しかし、クイーンはそれを破って南アフリカのサンシティでライヴを行った。クイーンは帰国と同時に国際的な非難にさらされ、同じくサンシティで公演を行ったエルトン・ジョンやロッド・スチュワート、オリビア・ニュートン・ジョンなどのアーティストも批判された。サンシティはギャラが高いことで有名だったため、金目的でライヴを行ったように世間からは見られた。しかし、ブライアンは「僕たちは熟慮の上で、サンシティへ行ったんだ」と述べ「南アフリカで反アパルトヘイト運動をしている人たちに親愛感を覚えたんだ。僕らが行くことで彼らを助けることになったと思うし、彼らがそう感じていることも知っている」と語った。実際、南アフリカでもクイーンの人気は高く、同年発売されたシングル「ブレイク・フリー」は南アフリカで1位を獲得するどころか、反アパルトヘイト運動を行っている人々のプロテストソングとして歌われていた。さらにブライアンは「ボイコットという形で彼らを孤立させることを疑問に思う」と述べたが、クイーンの主張は誰からも相手にされず、音楽評論家たちはクイーンに罰金を支払うよう命じ、国連はクイーンの名をブラックリストに刻んだ。(クイーン (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • マルメ・スタディオン

    マルメ・スタディオンから見たロッド・スチュワート

    またコンサートとしての開催も多くあり、エルトン・ジョンやドリー・パートン、イーグルス、キッス、ロッド・スチュワートらがコンサートを行った。(マルメ・スタディオン フレッシュアイペディアより)

「ロッド・スチュワート」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ロッド・スチュワート」のニューストピックワード