前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
230件中 1 - 10件表示
  • トゥルース (アルバム)

    トゥルース (アルバム)から見たロッド・スチュアートロッド・スチュワート

    『トゥルース』(Truth)は、1968年に発表されたジェフ・ベック・グループのアルバムでデビュー作。参加メンバーのロッド・スチュアート、ロン・ウッドにとってはキャリア初の出世作となった。ビルボード200での最高位15位。トゥルース (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・ベック・グループ

    ジェフ・ベック・グループから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    英ギタリスト ジェフ・ベックがリーダーバンドとして結成。活動時期によって2つの期に分かれ、無名時代のロッド・スチュワート、ロン・ウッド、コージー・パウエルらが在籍した事でも知られる。ヘヴィなブルースロックのスタイルが、ハードロックの形成に多大な影響を与えた。ジェフ・ベック・グループ フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ファースト・カット・イズ・ザ・ディーペスト

    ザ・ファースト・カット・イズ・ザ・ディーペストから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    「ザ・ファースト・カット・イズ・ザ・ディーペスト」(The First Cut Is the Deepest)は、イギリスのミュージシャンキャット・スティーヴンスの1967年のアルバム『ニュー・マスターズ』(New Masters)に収録された楽曲。この曲は多くのアーティストによってカバーがなされ、P・P・アーノルド(P. P. Arnold, 1967年)、キース・ハンプシャー(Keith Hampshire, 1973年)、ロッド・スチュワート(1977年)、シェリル・クロウ(2003年)など複数のアーティストのヒットシングルとなった。ザ・ファースト・カット・イズ・ザ・ディーペスト フレッシュアイペディアより)

  • ロック・イン・リオ

    ロック・イン・リオから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    最初の開催は1985年11月11日から20日までの10日間開催され、クイーン、アイアン・メイデン、ジョージ・ベンソン、ジェームス・テイラー、ロッド・スチュワート、ゴーゴーズ、ニーナ・ハーゲン、AC/DC、スコーピオンズ、オジー・オズボーン、イエス、B-52'sらが出演、特にクイーンが出演した11日と18日の公演はグローボを通じ世界60カ国で中継され、2億人が視聴したとも言われている。ロック・イン・リオ フレッシュアイペディアより)

  • 俺と仲間

    俺と仲間から見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    フェイセズのロッド・スチュワートとイアン・マクレガンに加えて、ローリング・ストーンズのキース・リチャーズ、ミック・ジャガー、ミック・テイラーもレコーディングに参加した。なお、ウッドは後にテイラーの後任としてローリング・ストーンズに加入している。俺と仲間 フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ウーマック

    ボビー・ウーマックから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    オハイオ州クリーブランド出身。兄弟達と共にウーマック・ブラザーズというゴスペル・グループで活動していた頃、サム・クックに認められ、サムが主宰するレーベル「SAR Records」と契約。ウーマック・ブラザーズ名義のシングル「Somebody's Wrong」(1961年)はヒットしなかったが、ヴァレンティノスと改名すると、1962年のシングル「ルッキン・フォー・ア・ラヴ」がヒット。1964年のシングル「イッツ・オール・オーヴァー・ナウ」は、ローリング・ストーンズによるカヴァー・ヴァージョンが全英1位のヒットを記録した他、ロッド・スチュワート等にもカヴァーされた。また、サム・クックのライヴでもギターを弾く。ボビー・ウーマック フレッシュアイペディアより)

  • ツイストで踊りあかそう

    ツイストで踊りあかそうから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    「ツイストで踊りあかそう」は、『アニマル・ハウス』(1978年)、『グリーン・ホーネット』(2011年)といった映画のサウンドトラックで使用された。また、1987年の映画『インナースペース』のサウンドトラックでは、サム・クックによるオリジナル・ヴァージョンに加えて、ロッド・スチュワートによる同曲のカヴァーも使用された。ツイストで踊りあかそう フレッシュアイペディアより)

  • DARKNESS IV

    DARKNESS IVから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    日本語作詞:浅川マキ/作詞:ロッド・スチュワート/作曲:ロン・ウッドDARKNESS IV フレッシュアイペディアより)

  • トム・ウェイツ

    トム・ウェイツから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    1985年のアルバム『レイン・ドッグ』(1985年)にはキース・リチャーズ等がゲスト参加。同作収録曲「ダウンタウン・トレイン」は、後にロッド・スチュワートによるカヴァーが大ヒットを記録し、トムの代表曲の一つとなる。その後トムは、ローリング・ストーンズのアルバム『ダーティ・ワーク』(1986年)にゲスト参加。また、1986年にはトムの初主演映画『ダウン・バイ・ロー』(監督・脚本:ジム・ジャームッシュ)公開。トム・ウェイツ フレッシュアイペディアより)

  • ドナルド・ダック・ダン

    ドナルド・ダック・ダンから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    1970年代にスタックスを離れてからは現在までフレディ・キング、エルヴィス・プレスリー、デュアン・オールマン、ロッド・スチュワート、リヴォン・ヘルム、トム・ペティ、ボブ・ディラン、エリック・クラプトン、忌野清志郎、マディ・ウォーターズ、ニール・ヤング等のレコーディングやバンドに参加している。ドナルド・ダック・ダン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
230件中 1 - 10件表示

「ロッド・スチュワート」のニューストピックワード