前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
170件中 1 - 10件表示
  • ザ・ファースト・カット・イズ・ザ・ディーペスト

    ザ・ファースト・カット・イズ・ザ・ディーペストから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    「ザ・ファースト・カット・イズ・ザ・ディーペスト」(The First Cut Is the Deepest)は、イギリスのミュージシャンキャット・スティーヴンスの1967年のアルバム『ニュー・マスターズ』(New Masters)に収録された楽曲。この曲は多くのアーティストによってカバーがなされ、P・P・アーノルド(P. P. Arnold, 1967年)、キース・ハンプシャー(Keith Hampshire, 1973年)、ロッド・スチュワート(1977年)、シェリル・クロウ(2003年)など複数のアーティストのヒットシングルとなった。ザ・ファースト・カット・イズ・ザ・ディーペスト フレッシュアイペディアより)

  • トゥルース (アルバム)

    トゥルース (アルバム)から見たロッド・スチュアートロッド・スチュワート

    ファースト・シングルリリース後、ベックは新バンドのメンバー探しでディスコやクラブに入り浸り、この当時「ダーリン・オヴ・ディスコティック」なる渾名を頂戴している。しかしながら足繁く通った甲斐あって、ショットガン・エクスプレスのヴォーカル、ロッド・スチュアートと意気投合する。これにベーシストとしてロン・ウッド、ドラマーのエインズレイ・ダンバーが加わり、第一期ジェフ・ベック・グループが発足する。このメンバーで第二弾シングル「Tallyman / Rock My Plimsoul」を録音するが、ポップ路線に嫌気がさしたエインズレイが脱退し、代わりにミック・ウォーラーが加わる。バンドはこのメンバーでイギリス、アメリカツアーを行った。トゥルース (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 浅川マキ・ライヴ・夜

    浅川マキ・ライヴ・夜から見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    作詩・作曲:ロッド・スチュワート/日本語詩:浅川マキ浅川マキ・ライヴ・夜 フレッシュアイペディアより)

  • トム・ウェイツ

    トム・ウェイツから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    1985年のアルバム『レイン・ドッグ』(1985年)にはキース・リチャーズ等がゲスト参加。同作収録曲「ダウンタウン・トレイン」は、後にロッド・スチュワートによるカヴァーが大ヒットを記録し、トムの代表曲の一つとなる。その後トムは、ローリング・ストーンズのアルバム『ダーティ・ワーク』(1986年)にゲスト参加。また、1986年にはトムの初主演映画『ダウン・バイ・ロー』(監督・脚本:ジム・ジャームッシュ)公開。トム・ウェイツ フレッシュアイペディアより)

  • ドナルド・ダック・ダン

    ドナルド・ダック・ダンから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    1970年代にスタックスを離れてからは現在までフレディ・キング、エルヴィス・プレスリー、デュアン・オールマン、ロッド・スチュワート、リヴォン・ヘルム、トム・ペティ、ボブ・ディラン、エリック・クラプトン、忌野清志郎、マディ・ウォーターズ、ニール・ヤング等のレコーディングやバンドに参加している。ドナルド・ダック・ダン フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・ベック

    ジェフ・ベックから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    その後ベックは自身の新たなバンドを結成する。このバンドは一般には「ジェフ・ベック・グループ」と呼ばれている。ボーカルにはショットガン・エクスプレスに所属していたロッド・スチュアート、ベーシストがロン・ウッド、ピアニストがニッキー・ホプキンス、ドラマーがエインズレイ・ダンバーであった。バンドはこのラインアップでシングル「Tallyman / Rock My Plimsoul」を発表するが、ほどなくエインズレイが脱退、代わってミック・ウォーラー(Micky Waller)が加入し、アルバム『トゥルース』を録音する。その後、メンバーの確執が表面化、1969年になってロン・ウッドとミッキー・ウォーラーが脱退。代ってドラムスがトニー・ニューマン(Tony Newman)に、ベースがダグラス・ブレイクに交代したが、ダグラス・ブレイクは短期間で解雇され、ロン・ウッドが再び加入した。セカンド・アルバム『ベック・オラ』の発表と前後してニッキー・ホプキンスが脱退。さらにロン・ウッドがフェイセズに加入するため脱退。ロッド・スチュワートも最終的にロン・ウッドと共にフェイセズに加入する。ジェフ・ベック フレッシュアイペディアより)

  • スタートレック:エンタープライズ

    スタートレック:エンタープライズから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    本作のテーマ曲「Where My Heart Will Take Me」はスタートレックシリーズでは初となる歌詞付きで、歌手はイギリス出身のラッセル・ワトソン(原曲はロッド・スチュワートの「:en:Faith of the Heart」)。なお、第3シーズンからの番組名変更にともない、主題歌も新アレンジで再録音された。スタートレック:エンタープライズ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ウーマック

    ボビー・ウーマックから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    オハイオ州クリーブランド出身。兄弟達と共にウーマック・ブラザーズというゴスペル・グループで活動していた頃、サム・クックに認められ、サムが主宰するレーベル「SAR Records」と契約。ウーマック・ブラザーズ名義のシングル「Somebody's Wrong」(1961年)はヒットしなかったが、ヴァレンティノスと改名すると、1962年のシングル「ルッキン・フォー・ア・ラヴ」がヒット。1964年のシングル「イッツ・オール・オーヴァー・ナウ」は、ローリング・ストーンズによるカヴァー・ヴァージョンが全英1位のヒットを記録した他、ロッド・スチュワート等にもカヴァーされた。また、サム・クックのライヴでもギターを弾く。ボビー・ウーマック フレッシュアイペディアより)

  • イエス・イッツ・ミー〜レア・トラックス

    イエス・イッツ・ミー〜レア・トラックスから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    エルトン・ジョン名義のデビューシングル「アイブ・ビーン・ラビング・ユー」や、未収録だったシングルB面曲、「マッドマン」の初期版、ロッド・スチュワートに贈った「レット・ミー・ビー・ユア・カー」のデモなど。イエス・イッツ・ミー〜レア・トラックス フレッシュアイペディアより)

  • キーフ

    キーフから見たロッド・スチュアートロッド・スチュワート

    ロッド・スチュアート(Rod Stewart) / An Old Raincoat Won't Ever Let You Down (1970年)キーフ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
170件中 1 - 10件表示

「ロッド・スチュワート」のニューストピックワード