170件中 91 - 100件表示
  • アメリカン・アイドル (シーズン5)

    アメリカン・アイドル (シーズン5)から見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    テーマ:アメリカン・スタンダード(ゲスト&指導 ロッド・スチュワートアメリカン・アイドル (シーズン5) フレッシュアイペディアより)

  • スマイル (チャールズ・チャップリンの曲)

    スマイル (チャールズ・チャップリンの曲)から見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートはアルバム『ザ・グレイト・アメリカン・ソングブック Vol. 2』に収録した(後にシングルカットされている)。スマイル (チャールズ・チャップリンの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 中国女 (曲)

    中国女 (曲)から見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    日本版「イエロー・マジック・オーケストラ」では、歌の部分でベースが派手なチョッパー・ベースになるが、これは当時流行していた、ロッド・スチュワートの「アイム・セクシー」のパロディである。中国女 (曲) フレッシュアイペディアより)

  • グレイト・ロック・クラシックス

    グレイト・ロック・クラシックスから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    グレイト・ロック・クラシックス(Still The Same... Great Rock Classics Of Our Time)は、2006年発表のロッド・スチュワートのアルバムで、全曲カヴァー。グレイト・ロック・クラシックス フレッシュアイペディアより)

  • ベック・ボガート & アピス

    ベック・ボガート & アピスから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    このセッション企画が持ち上がったのは1969年。ベックは当時ジェフ・ベック・グループを率いていたが、バニラ・ファッジで活動していたボガートとアピスによる強力なリズム・セクションに衝撃を受ける。一方ボガートとアピスは既にベックの才能を知っていたため、この話を聞いてセッションに招くことにした。この時バニラ・ファッジはコカ・コーラ社の音楽を依頼されていたが、ギタリストのヴィンス・マーテルが怪我をしていたため、代役としてベックに参加を要請したのである。ニューヨークではレッド・ツェッペリンのメンバーなどを交えて一度だけのライブも行い、互いの力量を確かめ合った。その結果ジェフ・ベック・グループのボーカリストであったロッド・スチュワートを加えた4人で新グループ結成に動くが、スチュワートはフェイセズに加入してしまい、結局3人でバンドを始動することで決まる。ベック・ボガート & アピス フレッシュアイペディアより)

  • クイーン・メリー2

    クイーン・メリー2から見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    クイーン・メリー2に乗船した有名人や賓客としては、イギリス女王エリザベス2世、エディンバラ公フィリップ、ブレア首相、ブッシュ元アメリカ大統領、ミュージシャンロッド・スチュワート、ジャズピアニストデイヴ・ブルーベック、不動産王ドナルド・トランプなどが知られているクイーン・メリー2 フレッシュアイペディアより)

  • レイチェル・ハンター

    レイチェル・ハンターから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    ロックバンド・ウィンガーのリーダー、キップ・ウィンガーと交際していたが、彼を振って21歳のとき、24歳年上の歌手ロッド・スチュワートと結婚する。一男一女を産むが、1999年に別居し、2006年に離婚した。レイチェル・ハンター フレッシュアイペディアより)

  • リリアン・ミューラー

    リリアン・ミューラーから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    ミューラーは、化学教師役でヴァン・ヘイレンの「Hot for Teacher」のビデオに出演した。また、1978年のロッド・スチュワートの「Da Ya Think I'm Sexy?」のビデオで彼の恋人を演じた。リリアン・ミューラー フレッシュアイペディアより)

  • トム・ダウド

    トム・ダウドから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    1970年代前半には、マイアミのCriteria Recording Studiosを拠点としてサザン・ロックの隆盛に貢献。特に、かねてからデュアン・オールマンと親交があったこともあり、オールマン・ブラザーズ・バンドとの関係は2000年代に至るまで続くこととなる。1970年にはデレク・アンド・ザ・ドミノスのアルバム制作にも関わった。1974年にはエリック・クラプトンの第一線への復帰に貢献し、クラプトンとは1980年代中期まで、断続的ではあるが共同作業を行う。ジェイムス・ギャングのアルバム『マイアミ』(1974年)では、プロデュースのみならずキーボードの演奏でも参加。1975年に渡米したロッド・スチュワートも、トムがプロデュースしたアルバム『アトランティック・クロッシング』を大ヒットさせ、1970年代後半を通してトムをプロデューサーに起用し続けた。トム・ダウド フレッシュアイペディアより)

  • スターダスト (曲)

    スターダスト (曲)から見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワート - 「」のタイトルチューンとして採用。スターダスト (曲) フレッシュアイペディアより)

170件中 91 - 100件表示

「ロッド・スチュワート」のニューストピックワード