170件中 101 - 110件表示
  • マルメ・スタディオン

    マルメ・スタディオンから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    またコンサートとしての開催も多くあり、エルトン・ジョンやドリー・パートン、イーグルス、キッス、ロッド・スチュワートらがコンサートを行った。マルメ・スタディオン フレッシュアイペディアより)

  • スモール・フェイセス

    スモール・フェイセスから見たロッド・スチュアートロッド・スチュワート

    ハンブル・パイを結成するべくスティーヴ・マリオットはバンドを脱退。残ったロニー・レーン、イアン・マクレガン、ケニー・ジョーンズの3人は、ジェフ・ベック・グループをクビになっていたロッド・スチュアート(ボーカル)、ロン・ウッド(ギター)を加え、一時はクワイエット・メロンと名乗るが、数ヶ月でフェイセズと改名して再出発する。スモール・フェイセス フレッシュアイペディアより)

  • 田中豊雪

    田中豊雪から見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    スクェア在籍時、武道館でのイベントで演奏中にステージから飛び降りたという逸話がある。武道館のステージは非常に高く出来ており、危険なため飛び降りるミュージシャンはまずいない。1985年年末のスクェア武道館ライブにおいて和泉宏隆より「武道館のステージから飛び降りたのはロッド・スチュワート、大友康平、そして田中豊雪だ」とこの逸話が紹介された。田中豊雪 フレッシュアイペディアより)

  • フェイセズ

    フェイセズから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    スティーヴ・マリオットがハンブル・パイを結成するためスモール・フェイセスから脱退し、残されたロニー・レーン、イアン・マクレガン、ケニー・ジョーンズの三人にジェフ・ベック・グループからロッド・スチュワート、ロン・ウッドが加わり、フェイセズが結成された。フェイセズ フレッシュアイペディアより)

  • ポップ・ロック

    ポップ・ロックから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    『American Popular Music』という教本では、ポップ・ロックを次のように定義している。「エルトン・ジョン、ポール・マッカートニー、ロッド・スチュワート、ピーター・フランプトンといったアーティストたちによって表現されたアップビートな類のロック」。これに対して、音楽評論家のジョージ・スタロスティンは、主にギターを基礎にしたキャッチーでポップな歌を用いるポップ・ミュージックのサブジャンル、と定義している。スタロスティンは、伝統的にパワー・ポップと呼ばれてきたもののほとんどがポップ・ロックのサブジャンルに含まれるだろうと言い、リリカルな内容のポップ・ロックについては「普通音楽にとって二次的なもの」と論じた。ポップ・ロック フレッシュアイペディアより)

  • ロキュメンタリー

    ロキュメンタリーから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    MTVでは1980年代から1990年代はじめにかけて、ロキュメンタリーと題したシリーズを流した。主なミュージシャンは、AC/DC(1991年)、エアロスミス(1990年)、エリック・クラプトン(1990年)、デフ・レパード(1988年、1992年)、ドン・ヘンリー(1990年)、ロッド・スチュワート(1988年)、ピンク・フロイド(1989年)、モトリー・クルー(1989年)、ジェネシス(1992年)、メタリカ(1992年、1996年)、ローリング・ストーンズ、マドンナ、レッド・ツェッペリン、ドアーズ、ヴァン・ヘイレン等。ロキュメンタリー フレッシュアイペディアより)

  • スマイラー

    スマイラーから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    『スマイラー』(Smiler)は、ロッド・スチュワートが1974年に発表したアルバム。スタジオ・アルバムとしては5作目。スマイラー フレッシュアイペディアより)

  • ロル・クレーム

    ロル・クレームから見たロッド・スチュアートロッド・スチュワート

    1988年にコンビを解消。ロルは元バグルスのトレヴァー・ホーンの片腕としてロッド・スチュアート、ティナ・ターナーら、数多くのアーティストのレコーディングに参加。1999年に再結成アート・オブ・ノイズに正式参加した。トレヴァー・ホーンとは2006年にザ・プロデューサーズというバンドを結成、2007年にシングルを、2012年にアルバムを発表した。また1991年には、アンソニー・C・ウィンクラーの小説を原作とした劇場長編映画"The Lunatic"を監督している。ロル・クレーム フレッシュアイペディアより)

  • ロン・ウッド

    ロン・ウッドから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    彼のミュージシャンとしてのキャリアは、西ロンドンのイーズリーを拠点としたザ・バーズ(the Birds)で、1964年から始まる。60年代後半にはザ・クリエイションに参加。その後、ジェフ・ベック・グループにベーシストとして、ロッド・スチュワートと共に参加する。彼らは1969年の『ベック・オラ』発表後、バンドを離れた。ロン・ウッド フレッシュアイペディアより)

  • カーマイン・アピス

    カーマイン・アピスから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    1977年、ロッド・スチュワートのバンドに加入する。後にアピスは「ヴォーカルに被らないドラミングをここで覚えた」と語っている。カーマイン・アピス フレッシュアイペディアより)

170件中 101 - 110件表示

「ロッド・スチュワート」のニューストピックワード