230件中 11 - 20件表示
  • 愛に狂って

    愛に狂ってから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワート - 2006年のアルバム『グレイト・ロック・クラシックス』に収録。愛に狂って フレッシュアイペディアより)

  • イエス・イッツ・ミー〜レア・トラックス

    イエス・イッツ・ミー〜レア・トラックスから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    エルトン・ジョン名義のデビュー・シングル「アイブ・ビーン・ラビング・ユー」や、未収録だったシングルB面曲、「マッドマン」の初期版、ロッド・スチュワートに贈った「レット・ミー・ビー・ユア・カー」のデモなど。イエス・イッツ・ミー〜レア・トラックス フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴィー・サラス

    スティーヴィー・サラスから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    地元でディス・キッズというバンドを結成してシングルを2枚出すものの芽が出ず、ロサンゼルスへ移る。家賃が払えず、ホームレスになってレコーディング・スタジオに寝泊まりしていた22歳の時、ジョージ・クリントンに見出され、アルバム『R&B Skeletons in the Closet』(1986)でギターをプレイして世に出た。ブーツィー・コリンズ『What's Bootsy Doin'?』(1988)、ワズ・(ノット・ワズ)『What Up, Dog』(1988)へのゲスト参加、アンディ・テイラーやロッド・スチュワートとのツアーへの参加など、セッションやハウス・バンドの一員としてキャリアを積む。スティーヴィー・サラス フレッシュアイペディアより)

  • 浅川マキ・ライヴ・夜

    浅川マキ・ライヴ・夜から見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    作詩・作曲:ロッド・スチュワート/日本語詩:浅川マキ浅川マキ・ライヴ・夜 フレッシュアイペディアより)

  • スタートレック:エンタープライズ

    スタートレック:エンタープライズから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    本作のテーマ曲「」はスタートレックシリーズでは初となる歌詞付きで、歌手はイギリス出身のラッセル・ワトソン(原曲はロッド・スチュワートの「」)。なお、第3シーズンからの番組名変更にともない、主題歌も新アレンジで再録音された。スタートレック:エンタープライズ フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・ベック

    ジェフ・ベックから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    その後ベックは自身の新たなバンドを結成する。このバンドは一般には「ジェフ・ベック・グループ」と呼ばれている。ボーカルにはショットガン・エクスプレスに所属していたロッド・スチュワート、ベーシストがロン・ウッド、ピアニストがニッキー・ホプキンス、ドラマーがエインズレイ・ダンバーであった。バンドはこのラインアップでシングル「Tallyman / Rock My Plimsoul」を発表するが、ほどなくエインズレイが脱退、代わってミック・ウォーラー(Micky Waller)が加入し、アルバム『トゥルース』を録音する。その後、メンバーの確執が表面化、1969年になってロン・ウッドとミッキー・ウォーラーが脱退。代ってドラムスがトニー・ニューマン(Tony Newman)に、ベースがダグラス・ブレイクに交代したが、ダグラス・ブレイクは短期間で解雇され、ロン・ウッドが再び加入した。セカンド・アルバム『ベック・オラ』の発表と前後してニッキー・ホプキンスが脱退。さらにロン・ウッドがフェイセズに加入するため脱退。ロッド・スチュワートも最終的にロン・ウッドと共にフェイセズに加入する。ジェフ・ベック フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュアート

    ロッド・スチュアートから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    ロッド・スチュアート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・ステュアート

    ロッド・ステュアートから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    ロッド・ステュアート フレッシュアイペディアより)

  • Rod Stewart

    Rod Stewartから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    Rod Stewart フレッシュアイペディアより)

  • ステュアート

    ステュアートから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワート - イギリスのミュージシャン。ステュアート フレッシュアイペディアより)

230件中 11 - 20件表示

「ロッド・スチュワート」のニューストピックワード