170件中 11 - 20件表示
  • ロッド・スチュアート

    ロッド・スチュアートから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    ロッド・スチュアート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・ステュアート

    ロッド・ステュアートから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    ロッド・ステュアート フレッシュアイペディアより)

  • アート・ウッド

    アート・ウッドから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    アートウッズは商業的に成功せず、1967年に分裂した。1969年にウッドは弟のロン・ウッド、ロッド・スチュワート、ロニー・レーン、イアン・マクレガン、キム・ガードナーと共にクワイエット・メロンを結成する。バンドは4曲を録音し、テープをウッドとの契約を解除したフォンタナに渡した。その後ウッドは音楽業界から引退し、ガードナーは他のバンドに移籍、残るメンバーは後のフェイセズとなった。アート・ウッド フレッシュアイペディアより)

  • Rod Stewart

    Rod Stewartから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    Rod Stewart フレッシュアイペディアより)

  • 今夜きめよう

    今夜きめようから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    「今夜きめよう」(原題:Tonight's the Night (Gonna Be Alright))は、ロッド・スチュワートが1976年に発表したシングル。今夜きめよう フレッシュアイペディアより)

  • フランキー・ミラー

    フランキー・ミラーから見たロッド・スチュアートロッド・スチュワート

    フランシス・ジョン・ミラー(Francis John Miller/Frankie Miller 1949年11月4日?)は、イギリス・スコットランド出身のシンガーソングライター。オーティス・レディングの再来とも言われるハスキーヴォイスを活かした歌唱力と、幅広い音楽性を持つ作曲能力で、主に1970年代を中心に活躍した。日本ではロバート・パーマー、ジェス・ローデンと並び「英国ブルー・アイド・ソウル御三家」と称されることが多く、声質についてロッド・スチュアートと対比されることもある。フランキー・ミラー フレッシュアイペディアより)

  • SPECTRUM BRASSBAND CLUB

    SPECTRUM BRASSBAND CLUBから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートのセイリングのパロディSPECTRUM BRASSBAND CLUB フレッシュアイペディアより)

  • ブルー・マーダー

    ブルー・マーダーから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    こうしてバンドは1989年にアルバム『ブルー・マーダー』でデビューを飾る。リーダーであるサイクスは、800万枚を売り上げ、×8プラチナムとなったアルバム『白蛇の紋章〜サーペンス・アルバス』の立役者であり、そのサウンドを継ぐアルバムとしてレコード会社は多大な期待を寄せた。しかしツアーは盛況であったものの、アルバムは期待に程遠い売り上げとなってしまう(米69位、英45位)。なお、初来日公演では、ホワイトスネイクの「スティル・オブ・ザ・ナイト」、ザ・ファームの「クローサー」、ロッド・スチュワートの「ホット・レッグス」といった、メンバー3人が過去に関わってきた曲も演奏された。ブルー・マーダー フレッシュアイペディアより)

  • DARKNESS IV

    DARKNESS IVから見たロッド・スチュアートロッド・スチュワート

    日本語作詩:浅川マキ/作詩:ロッド・スチュアート/作曲:ロン・ウッドDARKNESS IV フレッシュアイペディアより)

  • 恋することのもどかしさ

    恋することのもどかしさから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    1976年にウイングスがリリースしたライヴアルバム『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』からシングル・カットされ、アメリカで10位、イギリスで28位を記録している。また、ロッド・スチュワート率いるフェイセズが同曲をカバーしており、1971年の2ndアルバム『ロング・プレイヤー』にてライブ音源を収録。またライブ版とは正反対のアコースティックな色を全面に出したスタジオ版をシングルとしてリリースしている。恋することのもどかしさ フレッシュアイペディアより)

170件中 11 - 20件表示

「ロッド・スチュワート」のニューストピックワード