230件中 21 - 30件表示
  • トム・トラバーツ・ブルース

    トム・トラバーツ・ブルースから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートによるカヴァーは、1992年にシングルA面としてヨーロッパでリリースされた。このカヴァーを発案したのは、ワーナー・ブラザーズ・レコードの取締役であるロブ・ディッキンスで、ロッドはロブの演奏を聴いて、「この曲を録音しなければならない」と思ったという。カップリング曲は、1991年のアルバム『ヴァガボンド・ハート』収録曲「ノー・ホールディング・バック」と、1989年のシングル・ヒット曲「ダウンタウン・トレイン」の2曲。後者は、やはりトム・ウェイツのカヴァーである。なお、作者のトム・ウェイツは、後にロブ・ディッキンスに「誰にもカヴァーできない曲を書いたつもりだったんだけどな」と語っている。トム・トラバーツ・ブルース フレッシュアイペディアより)

  • ブルー・マーダー

    ブルー・マーダーから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    こうしてバンドは1989年にアルバム『ブルー・マーダー』でデビューを飾る。リーダーであるサイクスは、800万枚を売り上げ、×8プラチナムとなったアルバム『白蛇の紋章〜サーペンス・アルバス』の立役者であり、そのサウンドを継ぐアルバムとしてレコード会社は多大な期待を寄せた。しかしツアーは盛況であったものの、アルバムは期待に程遠い売り上げとなってしまう(米69位、英45位)。なお、初来日公演では、ホワイトスネイクの「スティル・オブ・ザ・ナイト」、ザ・ファームの「クローサー」、ロッド・スチュワートの「ホット・レッグス」といった、メンバー3人が過去に関わってきた曲も演奏された。ブルー・マーダー フレッシュアイペディアより)

  • フランキー・ミラー

    フランキー・ミラーから見たロッド・スチュアートロッド・スチュワート

    フランシス・ジョン・ミラー(Francis John Miller/Frankie Miller 1949年11月4日?)は、イギリス・スコットランド出身のシンガーソングライター。オーティス・レディングの再来とも言われるハスキーヴォイスを活かした歌唱力と、幅広い音楽性を持つ作曲能力で、主に1970年代を中心に活躍した。日本ではロバート・パーマー、ジェス・ローデンと並び「英国ブルー・アイド・ソウル御三家」と称されることが多く、声質についてロッド・スチュアートと対比されることもある。フランキー・ミラー フレッシュアイペディアより)

  • スモール・チェンジ

    スモール・チェンジから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    1992年、ロッド・スチュワートが「トム・トラバーツ・ブルース」のカヴァーをシングル・ヒットさせる(全英6位)。ロッドは、1993年にMTVアンプラグドに出演した際も同曲を歌った。2003年には、マリア・ジョアンとマリオ・ラジーニャの連名によるアルバム『アンダーカヴァーズ』でも同曲がカヴァーされた。スモール・チェンジ フレッシュアイペディアより)

  • フランクス・ワイルド・イヤーズ

    フランクス・ワイルド・イヤーズから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    「セント・クリストファー」は、ロッド・スチュワート『ユア・ザ・スター』(1995年)でカヴァーされた。ロッドがトムの楽曲を取り上げるのは、「ダウンタウン・トレイン」「トム・トラバーツ・ブルース」に続いて3度目。フランクス・ワイルド・イヤーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジャスト・イナフ・エデュケーション・トゥ・パフォーム

    ジャスト・イナフ・エデュケーション・トゥ・パフォームから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    本作からは「ミスター・ライター」(全英5位)、「ハヴ・ア・ナイス・デイ」(全英5位)、「ステップ・オン・マイ・オールド・サイズ・ナインズ」(全英16位)、「ヴェガス・トゥー・タイムズ」(全英23位)がシングル・ヒットした。また、「ステップ・オン・マイ・オールド・サイズ・ナインズ」と「ヴェガス・トゥー・タイムズ」の間に「ハンドバッグス・アンド・グラッドラグス」(クリス・ファーロウやロッド・スチュワートの歌唱で知られる曲のカヴァー)が全英4位を記録しており、この曲はステレオフォニックスとローリー・レイサムの共同プロデュースで、後に本作のイギリス盤再発CDに追加収録された。ジャスト・イナフ・エデュケーション・トゥ・パフォーム フレッシュアイペディアより)

  • ロキュメンタリー

    ロキュメンタリーから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    MTVでは1980年代から1990年代はじめにかけて、ロキュメンタリーと題したシリーズを流した。主なミュージシャンは、AC/DC(1991年)、エアロスミス(1990年)、エリック・クラプトン(1990年)、デフ・レパード(1988年、1992年)、ドン・ヘンリー(1990年)、ロッド・スチュワート(1988年)、ピンク・フロイド(1989年)、モトリー・クルー(1989年)、ジェネシス(1992年)、メタリカ(1992年、1996年)、ローリング・ストーンズ、マドンナ、レッド・ツェッペリン、ドアーズ、ヴァン・ヘイレン等。ロキュメンタリー フレッシュアイペディアより)

  • マーク・アントワン

    マーク・アントワンから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    国際人として活動しているアントワンは、1990年代にアメリカのロサンゼルスに移る。彼は元来はブルースは弾かなかったが、ブルースも弾けるようになったと言う。スティングやセリーヌ・ディオン、ロッド・スチュワート、テイク6等様々なアーティストと共演をし、映画音楽の作曲もこなしていった。そんな中、彼はプロモーションの為にスペインへ訪れる事になり、この地に根付く音楽に彼は強烈なインパクトを抱いたという。マーク・アントワン フレッシュアイペディアより)

  • Songs and visions

    Songs and visionsから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワート ROD STEWART(英国)Songs and visions フレッシュアイペディアより)

  • FIANCHI

    FIANCHIから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    作詞・作曲:Rod Stewart・Duane Hitchings・Carmine AppiceFIANCHI フレッシュアイペディアより)

230件中 21 - 30件表示

「ロッド・スチュワート」のニューストピックワード