230件中 41 - 50件表示
  • オーシャン・ウェイ・レコーディング

    オーシャン・ウェイ・レコーディングから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    スタジオの著名な利用者にはポーラ・アブドゥルや、AC/DC、スティーヴ・ペリー、ウイスキータウン、デボラ・アレン、ボブ・シーガー、トーリ・エイモス、B.B.キング、ビッフィ・クライロ、ボン・ジョヴィ、B'z、エリック・クラプトン、ジョー・コッカー、マイケル・ジャクソン、ポール・マッカートニー、ノー・ダウト、カウンティング・クロウズ、ドクター・ドレー、ボブ・ディラン、フィッシュボーン、エイミー・グラント、グリーン・デイ、エルトン・ジョン、マイルス・デイヴィス、ウェイロン・ジェニングス、ウィーザー、R・ケリー、k.d.ラング、ルイス・ミゲル、マナー、エミネム、ミシェル・ンデグオチェロ、ウィリー・ネルソン、アーロン・ネヴィル、トム・ペティ、レディオヘッド、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、R.E.M.、リチャード・マークス、ローリング・ストーンズ、ラッシュ、ジョー・サンプル、ロッド・スチュワート、バーブラ・ストライサンド、トゥール、トラヴィス、ザ・ウォールフラワーズ、XTC、安室奈美恵、アヴリル・ラヴィーン、マーズ・ヴォルタ、TOTO、ビリー・サーマル、ユー・アム・アイなどがいる。オーシャン・ウェイ・レコーディング フレッシュアイペディアより)

  • ポップ・ロック

    ポップ・ロックから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    『American Popular Music』という教本では、ポップ・ロックを次のように定義している。「エルトン・ジョン、ポール・マッカートニー、ロッド・スチュワート、ピーター・フランプトンといったアーティストたちによって表現されたアップビートな類のロック」。これに対して、音楽評論家のジョージ・スタロスティンは、主にギターを基礎にしたキャッチーでポップな歌を用いるポップ・ミュージックのサブジャンル、と定義している。スタロスティンは、伝統的にパワー・ポップと呼ばれてきたもののほとんどがポップ・ロックのサブジャンルに含まれるだろうと言い、リリカルな内容のポップ・ロックについては「普通音楽にとって二次的なもの」と論じた。ポップ・ロック フレッシュアイペディアより)

  • ケニー・ジョーンズ

    ケニー・ジョーンズから見たロッド・スチュアートロッド・スチュワート

    1948年にロンドンに生まれる。1965年にスモール・フェイセスに加入。バンドは1969年にスティーヴ・マリオットが脱退し、ジェフ・ベック・グループからロッド・スチュアートとロン・ウッドが加入する。ワーナー・ブラザースは「スモール・フェイセス」の名前を残すことを要求し、アルバム『ファースト・ステップ』はスモール・フェイセス名義で発表されるが間もなくフェイセズと改名する。ジョーンズはフェイセズで5枚のアルバムをレコーディングし、1976年の解散までバンドに残った。ケニー・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ミック・フリートウッド

    ミック・フリートウッドから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    キーボード奏者のピーター・バーデンスは自身のバンド、The Cheynesでフリートウッドに最初のギグの機会を与えた。こうして若いドラマーの音楽キャリアに種がまかれた。The Cheynesからボ・ストリート・ランナーズ、ピーター・B's、ショットガン・エクスプレス(ロッド・スチュワートがいた)とジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズと彼はバンドを渡り歩いた。ギグ中に繰り返された酩酊のためにブルースブレイカーズを追い出されたミック・フリートウッドは、数ヶ月後に歌手でギタリストのピーター・グリーンにベーシストのジョン・マクヴィーと共に彼の新しいバンド、フリートウッド・マックに参加するように頼まれ加入。なお、ピーター・グリーン在籍時のアルバム『ミスター・ワンダフル』のジャケットに写る半裸の男性、『英吉利の薔薇』のジャケットに写る女装した男性はミックである。ミック・フリートウッド フレッシュアイペディアより)

  • 1234 (ロン・ウッドのアルバム)

    1234 (ロン・ウッドのアルバム)から見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    「レッド・アイズ」はミック・ジャガーにインスパイアされて作曲されたインストゥルメンタルである。また、「プライスレス」のアレンジはロッド・スチュワートによる。1234 (ロン・ウッドのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ランドウ

    マイケル・ランドウから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    1980年、ロサンゼルスのスタジオ・ミュージシャンによって結成されたAORグループ「マクサス」に加入し、翌年アルバム『Maxus』を発表。ここでの卓越したギタープレイが大いに注目を集め、以後セッションプレイヤーとしてピンク・フロイド、マイルズ・デイヴィス、ロッド・スチュワート、ジェームス・テイラーなどの大物の作品に起用される人気ミュージシャンとなった。更に多くの日本人ミュージシャンの作品にも参加している(後述)。1990年代からは、自身のソロ活動やバンド活動も精力的にこなすようになり、1990年には初のソロアルバム『Tales From The Bulge』を発表。以後、セッション業と平行しながら、これまでにソロ、バンドを合わせて13作のアルバムを発表している。ネット上の音楽コミュニティサイト、My Spaceに自身のページを持っており、そこでいくつかの作品を聴く事ができる。マイケル・ランドウ フレッシュアイペディアより)

  • ピットドリー・スタジアム

    ピットドリー・スタジアムから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    ラグビーユニオンでも代表試合の実績があり、ほかにコンサートとしてはエルトン・ジョン やロッド・スチュワートらがライブを行った。ピットドリー・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • PGP-RTB

    PGP-RTBから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    ユーゴトン同様に、PGP-RTBもユーゴスラビア国外の作品を国内で販売する権利を持っており、ダイアー・ストレイツ、 ポリス、スティング、ブライアン・フェリー、スタイル・カウンシル、ジェームス・ブラウン、ジミ・ヘンドリックス、ビージーズ、ロッド・スチュワート、ステイタス・クォー、ボン・ジョヴィ、デフ・レパードなどの作品が同レーベルから販売された。PGP-RTB フレッシュアイペディアより)

  • キャリアー・ドーム

    キャリアー・ドームから見たロッド・スチュアートロッド・スチュワート

    ドームでは過去に、ブルース・スプリングスティーンやポリス、プリンス、エルトン・ジョン、フランク・シナトラ、ビリー・ジョエル、ザ・グレイトフル・デッド、ロッド・スチュアート、U2、ジェネシス、ローリング・ストーンズ、ガース・ブルックス、ザ・フー、ニール・ダイアモンド、ピンク・フロイド、バリー・マニロウが、コンサートを行った。キャリアー・ドーム フレッシュアイペディアより)

  • コパカバーナ (リオデジャネイロ市)

    コパカバーナ (リオデジャネイロ市)から見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    1994年の大晦日には、ロッド・スチュワートのコンサートが行われ、350万人も動員した。コパカバーナ (リオデジャネイロ市) フレッシュアイペディアより)

230件中 41 - 50件表示

「ロッド・スチュワート」のニューストピックワード