230件中 51 - 60件表示
  • ジム・ヴァランス

    ジム・ヴァランスから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    以降は、裏方での活動に専念し、ブライアン・アダムズ、エアロスミス、グラス・タイガー、キッス、ティナ・ターナー、ロッド・スチュワート、スコーピオンズ、オジー・オズボーン、アリス・クーパーなどのバンドやアーティストに楽曲を提供したり、制作アドバイザーとして、エアロスミスを含めた様々なアーティストの楽曲の編曲を務めたりした。しかしながら、主に自らが制作に関わったアーティストを中心にバックミュージシャンとしての活動は散発的に行っており、外部に露出しての演奏は殆どなくなったが、スタジオを中心に様々なバンドやミュージシャンの楽曲にゲスト・ミュージシャンとして参加していた。ジム・ヴァランス フレッシュアイペディアより)

  • DOOR TO DOOR

    DOOR TO DOORから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    挿入歌:ロッド・スチュワート「SMILE」DOOR TO DOOR フレッシュアイペディアより)

  • アート・ウッド

    アート・ウッドから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    アートウッズは商業的に成功せず、1967年に分裂した。1969年にウッドは弟のロン・ウッド、ロッド・スチュワート、ロニー・レーン、イアン・マクレガン、キム・ガードナーと共にクワイエット・メロンを結成する。バンドは4曲を録音し、テープをウッドとの契約を解除したフォンタナに渡した。その後ウッドは音楽業界から引退し、ガードナーは他のバンドに移籍、残るメンバーは後のフェイセズとなった。アート・ウッド フレッシュアイペディアより)

  • リック・サヴェージ

    リック・サヴェージから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    幼少の頃、彼は兄からギターを教わっていた。彼らはロッド・スチュワートのマギー・メイやドン・マクリーンのアメリカン・パイといった曲をプレイした。また、ライバルであるシェフィールド・ウェンズデイへの傾倒にも関わらず、シェフィールド・ユナイテッドでのプロサッカー選手としてプレーを続けた。しかし、最終的には音楽を選択し、トニー・ケニングやピート・ウィリスといった数名のクラスメイトとデフ・レパードの母体であるアトミック・マスを結成した。彼らはこのバンドの中でクイーン、 スレイド、ディープ・パープルや他の当時人気のあったバンドのカバーをしていた。リック・サヴェージ フレッシュアイペディアより)

  • ジミー・ジョンソン (ベース奏者)

    ジミー・ジョンソン (ベース奏者)から見たロッド・スチュアートロッド・スチュワート

    プロとして活動を始めたのが1969年という長いキャリアを持ち、過去にはジェームス・テイラー、ケニー・ロギンス、ロッド・スチュアート、スタン・ゲッツ、リー・リトナー、アール・クルー、渡辺貞夫等数多くの有名なアーティストと競演している。ジミー・ジョンソン (ベース奏者) フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・ポメランツ

    デヴィッド・ポメランツから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    ロングアイランドに生まれ、育ったポメランツは、幼い頃から音楽に興味を示し、シナゴーグの合唱隊で歌い、ピアノ、ギター、ドラムスの演奏を習い、14歳のときには曲を書いてレコードに吹き込んでいた。19歳の時、MCA/デッカと契約し、2枚のアルバム『New Blues』と、チック・コリア をフィーチャーした『Time To Fly』を制作し、前座としてロッド・スチュワート、ビリー・ジョエル、スリー・ドッグ・ナイト、ドアーズなどのツアーに参加した。デヴィッド・ポメランツ フレッシュアイペディアより)

  • メイド・イン・ヘヴン

    メイド・イン・ヘヴンから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    「レット・ミー・リヴ」はアルバム『ザ・ワークス』に向けてのセッションでロッド・スチュワートと共に制作した曲。メイド・イン・ヘヴン フレッシュアイペディアより)

  • ドーナル・ラニー

    ドーナル・ラニーから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    セッション参加 - ケイト・ブッシュ『センシュアル・ワールド』、エルヴィス・コステロ『スパイク』、ロッド・スチュワート『ユーアー・ザ・スター(A Spanner In The Works)』、遊佐未森『roka』、アルタン『アナザー・スカイ』、 ソウル・フラワー・モノノケ・サミット『デラシネ・チンドン』他多数ドーナル・ラニー フレッシュアイペディアより)

  • サンディエゴ・チキン

    サンディエゴ・チキンから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    この頃サンディエゴ・チキンの成功にならい、メジャーリーグを始めアメリカ全土のプロスポーツチームに、マスコットが急速に普及していった。また元々ロック系ラジオ局のキャラクターだったチキンは、球場に現れる際もロックミュージックと共に登場するというスタイルだったのだが、チキンの登場以降メジャーリーグの各球場は、それまでオルガン演奏だけだった場内にロックミュージックのレコードを流し始めた。サンディエゴ・チキンの人気はスポーツイベントなどにとどまらなくなり、様々なメディアなどにも登場するようになった。チキンは1979年、ロッド・スチュワートのヒット曲「アイム・セクシー」のレコードのカバーに登場した。1982年から1985年にかけて放送された、NBCテレビの"The Baseball Bunch"という子ども向け教育番組では、元メジャーリーグ捕手ジョニー・ベンチと共に番組の進行役を務めている。また1980年代、マクドナルドの創始者レイ・クロックが当時サンディエゴ・パドレスのオーナーでもあったことから、マクドナルドのコマーシャルには頻繁にサンディエゴ・チキンが登場した。サンディエゴ・チキン フレッシュアイペディアより)

  • テューペロ (ミシシッピ州)

    テューペロ (ミシシッピ州)から見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    テューペロのコロシアムであるバンコープ・アリーナは1993年に開館され、イーグルス、ロッド・スチュワート、ボブ・ディラン、ワイドスプレッド・パニック、トム・ペティ・アンド・ザ・ハートブレーカーズ、エアロスミス、キッス、レーナード・スキナード、エルトン・ジョン、ケリー・クラークソン、クリードなどが公演を行ってきた。テューペロ (ミシシッピ州) フレッシュアイペディアより)

230件中 51 - 60件表示

「ロッド・スチュワート」のニューストピックワード