103件中 11 - 20件表示
  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見た稲葉浩志

    B'zの稲葉浩志もロッドの歌声に影響を受けたといい、ロッドの声に憧れお酒でうがいをしたことがあると述べている。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見た沢田研二

    1970年代後半、沢田研二は、「ホット・レッグス」や「アイム・セクシー」の日本語版を音楽番組で歌っている。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見た西城秀樹

    西城秀樹は、ロッドのマイクパフォーマンスを自らのステージに取り入れ、ソロ初来日公演の際には、雑誌のインタビューで対談している。また、自身の大阪球場コンサートのエンディングとして長年に渡って「セイリング」を起用。2003年に脳梗塞を発症し歌手生命の危機に陥った際には、甲状腺癌を克服し復帰したロッドを励みにし、無事回復したことを語っている。世良公則はフェイセズ時代からのロッド通としてファンの間では知られており、ラジオ番組や雑誌などに度々コメントを寄せている。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たオリコン

    「アイム・セクシー」を収録した『スーパースターはブロンドがお好き』は、日本のオリコンアルバムチャートでも2位まで上昇する大ヒットを飛ばし、1979年3月のソロ初の日本公演チケットは、ハガキによる抽選販売であった。会場の収容人数が合計8万人に対し、40万通を超える応募が殺到し、日本でも人気が高いことが実証された。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たカーマイン・アピス

    ショットガン・エクスプレスの解散後、ジェフ・ベック率いるジェフ・ベック・グループに参加する。1968年に、最初のアルバム『トゥルース』が英米でヒットし、大規模なツアーが行われた。セカンドアルバム『ベック・オラ』もヒットしたが、バンドは1969年末に解散した。ベックはロッドの参加でティム・ボガート、カーマイン・アピスらと新バンド結成を計画したが、ロッドは参加せず、73年にベック・ボガート・アンド・アピスとして活動することとなる。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たフェイセズ

    1960年代後半からジェフ・ベック・グループ、フェイセズでの在籍を経てソロで活躍。独特のしゃがれたハスキーボイスで、そのヴォーカルスタイルは同時代のロックミュージシャンに大きな影響を与えた。元サッカー選手でもあり、ライブでは客席にサッカーボールを蹴り込むパフォーマンスが定番となっている。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たスバル・レガシィ

    スバル レガシィ(1993年- 1995年)自身の代表曲、"People Get Ready"や"Sailing"をBGMに、ヨーロッパの草原で撮影されている。最後にロッドが「LEGACY,MY 1st.」と言う締め方になっていた。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たスモール・フェイセス

    アメリカのバンド、カクタスがロッドをリード・ヴォーカルとして誘ったが、彼はジェフ・ベック・グループのベーシスト、ロン・ウッドに誘われてスティーヴ・マリオットの脱退したスモール・フェイセスへ参加することを決定した。同バンドは、2人の加入と共にバンド名をフェイセズに変更した。フェイセズはアルコールに強く、酔いどれバンドとしても知られた。スチュワートはまた、ソロ・アルバムの契約にサインし、ソロ歌手としてマーキュリー・レコードと、そしてフェイセズとしてワーナー・ブラザースと2つのレコード会社と契約することとなる。1969年に、最初のソロ・アルバム『ロッド・スチュワート・アルバム』を発表した。全英チャートで辛うじて139位を記録したものの、目立ったヒットにはならなかった。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たデイヴィッド・フォスター

    2012年6月、ユニバーサルミュージック内のVerve Recordsと多数のアルバムリリースを含めた契約を交わす。同年秋には、自伝を海外限定で出版(その後、日本でも発売)。また、キャリア初のクリスマス・アルバム『メリー・クリスマス、ベイビー』を発表。製作総指揮をデイヴィッド・フォスターが務め、全米で初登場3位を記録。全英では初登場2位(全英での第2位は、1998年リリースの『ザ・ニュー・ボーイズ』以来、14年半振り)を記録した。本作と同時進行で、ロック・アルバムを制作中であることがアナウンスされた。自身15年振りとなる作詞・作曲のオリジナルナンバーを多数含むアルバム『タイム〜時の旅人〜』を2013年春に発表。1979年の『グレイテスト・ヒッツ』以来、自身34年振りとなる全英チャート1位を獲得した。これは英国の音楽史上においてボブ・ディランに次ぐ記録で、イギリス人ミュージシャンではトム・ジョーンズの32年を上回る最長記録である。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見た浅川マキ

    徳永英明の「VOCALIST」シリーズは、ロッドのカヴァー・シリーズの成功がきっかけだったことが「ソウルブック」のブックレットに記載されている。KOKIAは「グレイト・アメリカン・ソング・ブック」シリーズから3曲を取り上げた。布袋寅泰は、カヴァー・アルバム「MODERN TIMES ROCK'N'ROLL」で「セイリング」を取り上げた。浅川マキは、ロッドのキャリア初期作品に思い入れがあり、ライブで「ガソリン・アレイ」等をカヴァーした。TM NETWORKの宇都宮隆もファンを公言している。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

103件中 11 - 20件表示

「ロッド・スチュワート」のニューストピックワード