97件中 11 - 20件表示
  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見た布袋寅泰

    布袋寅泰は、カヴァー・アルバム「MODERN TIMES ROCK'N'ROLL」で「セイリング」を取り上げるなど、今なお数多くのミュージシャンに影響を与えていることが伺える。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見た沢田研二沢田 研二

    1970年代後半、ロッドの斬新なファッションやパフォーマンスにいち早く反応したのが、当時人気絶頂だった沢田研二といわれており、「ホット・レッグス」や「アイム・セクシー」の日本語版を音楽番組で歌っている。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見た西城秀樹

    西城秀樹は、自身の西武球場コンサートのエンディングとして長年に渡って「セイリング」を起用し、2003年に脳梗塞を発症し歌手生命の危機に陥った際には、甲状腺癌を克服し復帰したロッドを励みにし、無事回復したことを語っている。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たスバル・レガシィ

    日本では全英チャート1位を記録した「セイリング」が有名。また、「サントリー・ウィスキー」(サントリー)や「ニッカウヰスキー」、「スバル・レガシィ」(富士重工業)のTVCMに出演したことがあり、「今夜きめよう」や「アイム・セクシー」などのヒットでも知られている。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たフジテレビジョン

    1995年には、フジテレビドラマ『沙粧妙子-最後の事件-』の主題歌に「レディ・ラック」が起用され、ロング・ヒット。1996年1月には再度、来日を果たす。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たカーマイン・アピス

    ベックはロッドの参加でティム・ボガート、カーマイン・アピスらと新バンドを結成しようとしたが、ロッドは参加せず、後にベック・ボガート・アンド・アピスとして活動することとなる。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たジェフ・ベック・グループ

    60年代後半からジェフ・ベック・グループ、フェイセズでの在籍を経てソロで活躍。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たフェイセズ

    60年代後半からジェフ・ベック・グループ、フェイセズでの在籍を経てソロで活躍。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たニッカウヰスキー

    日本では全英チャート1位を記録した「セイリング」が有名。また、「サントリー・ウィスキー」(サントリー)や「ニッカウヰスキー」、「スバル・レガシィ」(富士重工業)のTVCMに出演したことがあり、「今夜きめよう」や「アイム・セクシー」などのヒットでも知られている。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たスモール・フェイセス

    アメリカのバンド、カクタスがスチュワートをリード・ヴォーカルとして誘ったが、彼はジェフ・ベック・グループのベーシスト、ロン・ウッドに誘われてスティーヴ・マリオットの脱退したスモール・フェイセスへ参加することを決定した。同バンドは、2人の加入と共にバンド名をフェイセズに変更した。スチュワートはまた、ソロ・アルバムの契約にサインし、ソロ歌手としてマーキュリー・レコードと、そしてフェイセズとしてワーナー・ブラザーズと2つのレコード会社と契約することとなる。1969年に、最初のソロ・アルバム『ハンドバッグと外出着』を発表した。全英チャートで辛うじて139位を記録したものの、目立ったヒットにはならなかった。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

97件中 11 - 20件表示

「ロッド・スチュワート」のニューストピックワード