103件中 31 - 40件表示
  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たクライヴ・デイヴィス

    2002年、アトランティック・レーベルを離れ、クライヴ・デイヴィスが設立したJ RECORDSに移籍し、新境地の開拓を図る。2002年から2005年にかけては、スタンダード・ナンバーをカヴァーした『ザ・グレイト・アメリカン・ソングブック』シリーズ全4作が全米だけで830万枚の大ヒット。全世界で2000万枚以上のセールスを記録。Vol.3では、自身25年振りとなる全米1位を達成。グラミー賞の"最優秀トラディショナル・ポップ・アルバム"部門を受賞。通算14度目のノミネートで待望の初受賞となり、復活を果たした。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たミック・フリートウッド

    スティームパケットは1966年前半に解散し、ロッドはベリル・マースデンの率いるショットガン・エクスプレスに参加した。ショットガン・エクスプレスは、後にフリートウッド・マックを結成したミック・フリートウッドとピーター・グリーン、またピーター・バーデンス(元ゼム、後にキャメル)が参加していた。ショットガン・エクスプレスは、解散直前に1枚のシングルを発表している。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たB'z

    B'zの稲葉浩志もロッドの歌声に影響を受けたといい、ロッドの声に憧れお酒でうがいをしたことがあると述べている。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たトム・ジョーンズ (歌手)

    2012年6月、ユニバーサルミュージック内のVerve Recordsと多数のアルバムリリースを含めた契約を交わす。同年秋には、自伝を海外限定で出版(その後、日本でも発売)。また、キャリア初のクリスマス・アルバム『メリー・クリスマス、ベイビー』を発表。製作総指揮をデイヴィッド・フォスターが務め、全米で初登場3位を記録。全英では初登場2位(全英での第2位は、1998年リリースの『ザ・ニュー・ボーイズ』以来、14年半振り)を記録した。本作と同時進行で、ロック・アルバムを制作中であることがアナウンスされた。自身15年振りとなる作詞・作曲のオリジナルナンバーを多数含むアルバム『タイム〜時の旅人〜』を2013年春に発表。1979年の『グレイテスト・ヒッツ』以来、自身34年振りとなる全英チャート1位を獲得した。これは英国の音楽史上においてボブ・ディランに次ぐ記録で、イギリス人ミュージシャンではトム・ジョーンズの32年を上回る最長記録である。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たスティーヴィー・ニックス

    2011年からはスティーヴィー・ニックスとのジョイント・ライヴや、ラスベガスを中心としたコンサート活動を行う。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たピーター・グリーン (ミュージシャン)

    スティームパケットは1966年前半に解散し、ロッドはベリル・マースデンの率いるショットガン・エクスプレスに参加した。ショットガン・エクスプレスは、後にフリートウッド・マックを結成したミック・フリートウッドとピーター・グリーン、またピーター・バーデンス(元ゼム、後にキャメル)が参加していた。ショットガン・エクスプレスは、解散直前に1枚のシングルを発表している。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たKOKIA

    徳永英明の「VOCALIST」シリーズは、ロッドのカヴァー・シリーズの成功がきっかけだったことが「ソウルブック」のブックレットに記載されている。KOKIAは「グレイト・アメリカン・ソング・ブック」シリーズから3曲を取り上げた。布袋寅泰は、カヴァー・アルバム「MODERN TIMES ROCK'N'ROLL」で「セイリング」を取り上げた。浅川マキは、ロッドのキャリア初期作品に思い入れがあり、ライブで「ガソリン・アレイ」等をカヴァーした。TM NETWORKの宇都宮隆もファンを公言している。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たカクタス

    アメリカのバンド、カクタスがロッドをリード・ヴォーカルとして誘ったが、彼はジェフ・ベック・グループのベーシスト、ロン・ウッドに誘われてスティーヴ・マリオットの脱退したスモール・フェイセスへ参加することを決定した。同バンドは、2人の加入と共にバンド名をフェイセズに変更した。フェイセズはアルコールに強く、酔いどれバンドとしても知られた。スチュワートはまた、ソロ・アルバムの契約にサインし、ソロ歌手としてマーキュリー・レコードと、そしてフェイセズとしてワーナー・ブラザースと2つのレコード会社と契約することとなる。1969年に、最初のソロ・アルバム『ロッド・スチュワート・アルバム』を発表した。全英チャートで辛うじて139位を記録したものの、目立ったヒットにはならなかった。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見た山内テツ

    4thアルバム『ウー・ラ・ラ』ではレコーディングに参加しない楽曲まであり、フェイセズも当時のレコード会社の方針でロッドのバック・バンドのような扱いになってしまう。また、『ウー・ラ・ラ』をロッドが「完全な失敗作」などと批判する記事が掲載されたり、ソロ歌手として全米進出を目論んでいた矢先、レコード会社移籍問題で裁判になるといったトラブルも報じられた。これらが要因となり、1973年5月、ロニー・レーンが脱退。同年7月には、日本人ベーシスト、山内テツが加入する。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たジョルジ・ベンジョール

    『明日へのキック・オフ』(1977年)から数年は、カーマイン・アピス(ドラム)を中心としたバック・バンドを従えて活動。『スーパースターはブロンドがお好き』(1978年)は、ディスコ・ミュージックの要素を取り入れた「アイム・セクシー」のヒットもあって、全米1位に輝く。ちなみに、この「アイム・セクシー」は、ブラジルのアーティスト、ジョルジ・ベンの「タジ・マハール」に非常によく似ているため、裁判となった。裁判の結果はロッドの敗訴だった。後年、盗作である事をロッド本人が認めている。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

103件中 31 - 40件表示

「ロッド・スチュワート」のニューストピックワード