103件中 41 - 50件表示
  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見た世良公則

    西城秀樹は、ロッドのマイクパフォーマンスを自らのステージに取り入れ、ソロ初来日公演の際には、雑誌のインタビューで対談している。また、自身の大阪球場コンサートのエンディングとして長年に渡って「セイリング」を起用。2003年に脳梗塞を発症し歌手生命の危機に陥った際には、甲状腺癌を克服し復帰したロッドを励みにし、無事回復したことを語っている。世良公則はフェイセズ時代からのロッド通としてファンの間では知られており、ラジオ番組や雑誌などに度々コメントを寄せている。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たロンドン

    ロバートとエルシー・スチュワート夫妻の5人兄弟の末っ子だった。彼の両親はロンドン北部で新聞販売業を営み、一家は店の2階に住んでいた。ロッドが、ロンドンのハイゲートで誕生する数分前に、ドイツのV2ロケットがちょうど通りの向かいの警察署へ命中した。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たうがい

    B'zの稲葉浩志もロッドの歌声に影響を受けたといい、ロッドの声に憧れお酒でうがいをしたことがあると述べている。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たナイト

    ロデリック・デイヴィッド・“ロッド”・スチュワート,Sir(Roderick David "Rod" Stewart,Sir, 1945年1月10日 - )は、スコットランド家系のイギリスのミュージシャン。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たロックの殿堂

    1994年、リオ・デ・ジャネイロのコパカパーナ・ビーチで敢行された、『ニューイヤー・イブ・コンサート』で観客数380万人を動員し、ギネス認定。同年、これまでの功績が評価され、ロックの殿堂入りを果たす。MTV「アンプラグド」の成功もあり、本来ワールドツアーは終了していたものの、1994年4月には10年振りの日本公演を敢行。海外アーティストの来日公演でありながらオーケストラは全て日本人を起用するという異色の編成で、アンプラグドスタイルでのライブを行っている。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見た

    B'zの稲葉浩志もロッドの歌声に影響を受けたといい、ロッドの声に憧れお酒でうがいをしたことがあると述べている。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たスコットランド

    ロデリック・デイヴィッド・“ロッド”・スチュワート,Sir(Roderick David "Rod" Stewart,Sir, 1945年1月10日 - )は、スコットランド家系のイギリスのミュージシャン。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見た横浜アリーナ

    4月22日,23日,24日 横浜アリーナ、26日,27日 大阪城ホール、29日 真駒内アイスアリーナロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見た日本武道館

    3月5日 福岡スポーツセンター、7日,14日,15日,16日 日本武道館、10日 名古屋市国際展示場、11日,12日 フェスティバルホールロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たスーパースターはブロンドがお好き

    『明日へのキック・オフ』(1977年)から数年は、カーマイン・アピス(ドラム)を中心としたバック・バンドを従えて活動。『スーパースターはブロンドがお好き』(1978年)は、ディスコ・ミュージックの要素を取り入れた「アイム・セクシー」のヒットもあって、全米1位に輝く。ちなみに、この「アイム・セクシー」は、ブラジルのアーティスト、ジョルジ・ベンの「タジ・マハール」に非常によく似ているため、裁判となった。裁判の結果はロッドの敗訴だった。後年、盗作である事をロッド本人が認めている。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

103件中 41 - 50件表示

「ロッド・スチュワート」のニューストピックワード