103件中 51 - 60件表示
  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見た馬の耳に念仏

    フェイセズとしても3枚目のアルバム『馬の耳に念仏』がヒットし、「ステイ・ウィズ・ミー」が代表曲として知られるが、ロッドのソロ活動が成功するうち、バンド内に亀裂が生じることとなる。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たウー・ラ・ラ

    4thアルバム『ウー・ラ・ラ』ではレコーディングに参加しない楽曲まであり、フェイセズも当時のレコード会社の方針でロッドのバック・バンドのような扱いになってしまう。また、『ウー・ラ・ラ』をロッドが「完全な失敗作」などと批判する記事が掲載されたり、ソロ歌手として全米進出を目論んでいた矢先、レコード会社移籍問題で裁判になるといったトラブルも報じられた。これらが要因となり、1973年5月、ロニー・レーンが脱退。同年7月には、日本人ベーシスト、山内テツが加入する。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たサッカー

    墓掘り人夫などの日雇い仕事を転々とした後、彼はサッカー選手として西ロンドンを本拠とするブレントフォードFCに参加したが、わずか3週間ほどでクラブから退団。1960年代前半に、放浪の罪で追放されたスペインのフォーク歌手、ウィズ・ジョーンズのツアーに加わり、音楽の経歴が始まった。イギリスに帰国すると、バーミンガムでジミー・パウエル・アンド・ザ・ファイブ・ディメンションズにヴォーカリスト、ブルースハープ奏者として加入した。バンドは、パイ・レコードと契約した。彼はまた、1964年の大ヒット、ミリー・スモールの「マイ・ボーイ・ローリーポップ」のレコーディングにも参加した。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見た明日へのキック・オフ

    明日へのキック・オフ』(1977年)から数年は、カーマイン・アピス(ドラム)を中心としたバック・バンドを従えて活動。『スーパースターはブロンドがお好き』(1978年)は、ディスコ・ミュージックの要素を取り入れた「アイム・セクシー」のヒットもあって、全米1位に輝く。ちなみに、この「アイム・セクシー」は、ブラジルのアーティスト、ジョルジ・ベンの「タジ・マハール」に非常によく似ているため、裁判となった。裁判の結果はロッドの敗訴だった。後年、盗作である事をロッド本人が認めている。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たナイト・オン・ザ・タウン

    グループ時代から並行してソロ活動を続け、「マギー・メイ」や「ユー・ウェア・イット・ウェル」などのヒットを飛ばしていた。やがてフェイセズ解散後、イギリスでの重税を逃れるため、渡米して『アトランティック・クロッシング』(1975年)を制作。ジャケット写真では、まさに大西洋を一跨ぎしようとするイラストが描かれている。スティーヴ・クロッパーやジェシ・エド・デイヴィスなど、有名なアメリカ人ミュージシャンが多数参加した作品で、ここから「セイリング」がヒット。ライブ後半の重要なレパートリーに数えられる。『ナイト・オン・ザ・タウン』(1976年)からは「今夜きめよう」が全米で8週連続1位を記録する大ヒットとなる。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たエヴリ・ピクチャー・テルズ・ア・ストーリー

    2ndソロ・アルバム『ガソリン・アレイ』をギタリスト、マーティン・クイッテントンと共に発表し、ソロ・ツアーを行った。その後、3rdソロ・アルバム『エヴリ・ピクチャー・テルズ・ア・ストーリー』が英米チャート共に同時1位という、史上5度目となる快挙を成し遂げる。また、シングル・カットされた「リーズン・トゥ・ビリーヴ/マギー・メイ」も大ヒット(全英1位/Billboard Hot 100で全米1位)を記録する。「マギー・メイ」は当初シングルB面扱いだったが、同曲を気に入ったDJ達が後にA面扱いにした(プレス上はB面のままである)。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たグレイト・ロック・クラシックス

    当初、このシリーズは3部作で完結と言われていたが、このVol.3の大ヒットもあり、続編となるVol.4を発表した。2006年にはロック回帰を宣言したカヴァー・アルバム『グレイト・ロック・クラシックス』が再び全米1位を記録。待望のロック・アルバムとして、日本ではランキングこそ振るわなかったもののロング・セラーとなった。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たマギー・メイ (ロッド・スチュワートの曲)

    2ndソロ・アルバム『ガソリン・アレイ』をギタリスト、マーティン・クイッテントンと共に発表し、ソロ・ツアーを行った。その後、3rdソロ・アルバム『エヴリ・ピクチャー・テルズ・ア・ストーリー』が英米チャート共に同時1位という、史上5度目となる快挙を成し遂げる。また、シングル・カットされた「リーズン・トゥ・ビリーヴ/マギー・メイ」も大ヒット(全英1位/Billboard Hot 100で全米1位)を記録する。「マギー・メイ」は当初シングルB面扱いだったが、同曲を気に入ったDJ達が後にA面扱いにした(プレス上はB面のままである)。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たガソリン・アレイ

    2ndソロ・アルバム『ガソリン・アレイ』をギタリスト、マーティン・クイッテントンと共に発表し、ソロ・ツアーを行った。その後、3rdソロ・アルバム『エヴリ・ピクチャー・テルズ・ア・ストーリー』が英米チャート共に同時1位という、史上5度目となる快挙を成し遂げる。また、シングル・カットされた「リーズン・トゥ・ビリーヴ/マギー・メイ」も大ヒット(全英1位/Billboard Hot 100で全米1位)を記録する。「マギー・メイ」は当初シングルB面扱いだったが、同曲を気に入ったDJ達が後にA面扱いにした(プレス上はB面のままである)。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たアトランティック・クロッシング

    グループ時代から並行してソロ活動を続け、「マギー・メイ」や「ユー・ウェア・イット・ウェル」などのヒットを飛ばしていた。やがてフェイセズ解散後、イギリスでの重税を逃れるため、渡米して『アトランティック・クロッシング』(1975年)を制作。ジャケット写真では、まさに大西洋を一跨ぎしようとするイラストが描かれている。スティーヴ・クロッパーやジェシ・エド・デイヴィスなど、有名なアメリカ人ミュージシャンが多数参加した作品で、ここから「セイリング」がヒット。ライブ後半の重要なレパートリーに数えられる。『ナイト・オン・ザ・タウン』(1976年)からは「今夜きめよう」が全米で8週連続1位を記録する大ヒットとなる。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

103件中 51 - 60件表示

「ロッド・スチュワート」のニューストピックワード