97件中 71 - 80件表示
  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見た福岡国際センター

    11月28日,29日,12月5日 日本武道館、30日 名古屋市国際展示場、12月2日 福岡国際センター、3日 大阪城ホール、7日 仙台市体育館、8日 横浜文化体育館ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たベック・オラ

    ベック・オラ』 - Beck Ola (1970)ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見た月寒グリーンドーム

    1月12日 福岡国際センター、14日 大阪城ホール、17日 名古屋レインボーホール、18日,22日,23日 日本武道館、20日 月寒グリーンドームロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たセットリスト

    その後もツアーは行われ、1974年2月には大阪と東京で全4公演の来日公演も組まれた(大阪2日目はキャンセル)。しかし、ライブアルバムの発表を機に“ロッド・スチュワート&フェイセズ”とクレジット表記まで変更されたこと、フェイセズのツアーにも関わらず、セットリストの多くはロッドのソロ名義の曲となり、関係の修復は困難となった。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たイギリス

    ロデリック・デイヴィッド・スチュワート,CBE(Roderick David Stewart,CBE, 1945年1月10日 - )は、スコットランド家系のイギリスのミュージシャン。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たブレントフォードFC

    墓堀り人夫などの日雇い仕事を転々とした後、彼はサッカー選手として西ロンドンを本拠とするブレントフォードFCに参加したが、1960年代前半に、放浪の罪で追放されたスペインのフォーク歌手、ウィズ・ジョーンズのツアーに加わり、音楽の経歴が始まった。イギリスに帰国すると、バーミンガムでジミー・パウエル・アンド・ザ・ファイブ・ディメンションズにヴォーカリスト、ブルースハープ奏者として加入した。バンドは、パイ・レコードと契約した。彼はまた、1964年の大ヒット、ミリー・スモールの「マイ・ボーイ・ローリーポップ」のレコーディングにも参加した。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たMODERN TIMES ROCK'N'ROLL

    布袋寅泰は、カヴァー・アルバム「MODERN TIMES ROCK'N'ROLL」で「セイリング」を取り上げるなど、今なお数多くのミュージシャンに影響を与えていることが伺える。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たCBE

    ロデリック・デイヴィッド・スチュワート,CBE(Roderick David Stewart,CBE, 1945年1月10日 - )は、スコットランド家系のイギリスのミュージシャン。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たユア・ザ・スター

    ユア・ザ・スター』 - A spanner in the Works (1995)ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たBillboard Hot 100

    2ndソロ・アルバム『ガソリン・アレイ』をギタリスト、マーティン・クイッテンドンと共に発表し、ソロ・ツアーを行った。その後、3rdソロ・アルバム『エヴリ・ピクチャー・テルズ・ア・ストーリー』が英米チャート共に同時1位という、史上5度目となる快挙を成し遂げる。また、シングル・カットされた「リーズン・トゥ・ビリーヴ/マギー・メイ」も大ヒット(全英1位/Billboard Hot 100で全米1位)を記録する。「マギー・メイ」は当初シングルB面扱いだったが、同曲を気に入ったDJ達が後にA面扱いにした(プレス上はB面のままである)。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

97件中 71 - 80件表示

「ロッド・スチュワート」のニューストピックワード