前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
148件中 1 - 10件表示
  • サンドロ・ロセイ

    サンドロ・ロセイから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    サンドロ・ロセイ(Sandro Rosell)ことアレシャンドレ・ロセイ・イ・フェリウ(Alexandre Rosell i Feliu, 1964年3月6日 - )は、スペイン・バルセロナ出身の人物。第39代FCバルセロナ会長であった。2003年にFCバルセロナ会長に就任したジョアン・ラポルタの下で共同経営者やシニア・アドバイザーを務め、ロナウジーニョを獲得したことで知られている。サンドロ・ロセイ フレッシュアイペディアより)

  • FIFA 08

    FIFA 08から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    本作ではロナウジーニョ、ルーニー、クローゼ、セルヒオ・ラモスなどの世界的にも有名なプロ選手からモーションキャプチャーを行っており、選手の動きが非常にリアルと言える。FIFA 08 フレッシュアイペディアより)

  • ドリブル

    ドリブルから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    正しくはエラッスチコ或いはエラッシチコと発音する。足のアウトサイド(甲外側)でボールを外側に押出し(外側へ行くと見せかける)と、瞬間的に同じ足のインサイド(甲内側)で内側に切り返し、相手を置き去りにするフェイント動作。最初のボールを素早く外側に出した動きとは逆方向へ瞬間的にボールを動かすことでディフェンスを欺く。ブラジルのロナウジーニョなどが得意とする。基本的にブラジルではスタンダードなフェイントの一つであり、ロナウドや、またスウェーデンのズラタン・イブラヒモビッチなども使用している。エラッスチコとはポルトガル語で「輪ゴム」であり、外側に出したボールがまるで足に輪ゴムで付いているかのように内側に戻ってくることからそう呼ばれる。エラッスチコの開発者は、ロベルト・リベリーノと広く言われているが、リベリーノはセルジオ越後から教わったと常々語っている。ドリブル フレッシュアイペディアより)

  • ポルト・アレグレ

    ポルト・アレグレから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    サッカークラブチームのグレミオFBPAとSCインテルナシオナルの本拠地であり、両チームの対戦は「ポルト・アレグレダービー」(チーム名を取って通称グレ・ナル)として盛り上がる。ロナウジーニョをはじめとする数多くのサッカー選手の出身地である。ポルト・アレグレ フレッシュアイペディアより)

  • リバウド

    リバウドから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    1999年には世界最優秀選手と欧州最優秀選手(バロンドール)に選ばれ、2002年日韓W杯ではロナウド、ロナウジーニョらと共に3Rと呼ばれる攻撃陣を結成し、ブラジルの5回目の優勝に貢献した。リバウド フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルのスポーツ

    ブラジルのスポーツから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    また人材の面でもアルツール・フリーデンライヒやレオニダス、ザガロ、ガリンシャ、ペレ、トスタン、ジーコ、ソクラテス、ロマーリオ、カフー、リバウド、ロベルト・カルロス、ロナウド、ロナウジーニョ、カカ、ネイマールなどサッカーの歴史に残る選手を多数輩出しており、ブラジルは自他ともに認めるサッカー大国である。ブラジルのスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・マルケス (サッカー選手)

    ラファエル・マルケス (サッカー選手)から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2006 FIFAワールドカップ後、マルケスは2010年6月までの延長契約にサインした。2006-07シーズンに負傷したにも関わらず2007年夏には他クラブへの移籍が噂され、クラブでの未来は漠然としたものであった。コパ・アメリカ2007でトップフォームを取り戻し、大会有数のディフェンダーとして3位というまずまずの結果を得た。2007-08シーズンは素晴らしいスタートを切り、キャプテンのカルレス・プジョルの負傷離脱中は新加入のガブリエル・ミリートと強固な信頼関係を築いた。しかし、度重なる怪我によりフォームを崩た後半戦はほとんどチームに貢献できず、チームもビジャレアルCFに追い抜かれてリーグ戦3位に終わった。2008年夏にはアメリカのヒューストンで開催された「フリーキックマスターズ2008」という大会に出場し、ロナウジーニョ、リオネル・メッシ、ロマーリオら多くの名フリーキッカーを抑えて優勝し、優勝トロフィーと共に賞金100万ドル(約1億円)を獲得した。ラファエル・マルケス (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • ネイマール

    ネイマールから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2017年8月3日、パリ・サンジェルマンFCへの移籍が発表された、2022年までの5年契約となっている。背番号はハビエル・パストーレから譲られた「10番」に決定。なお、背番号「10番」はズラタン・イブラヒモビッチやジェイ・ジェイ・オコチャといった名手、同郷の先輩であるロナウジーニョやライーが着けた背番号である。2017年8月12日、EAギャンガン戦で同クラブの選手としてリーグデビュー、同試合で1ゴール1アシストを記録した。ネイマール フレッシュアイペディアより)

  • サッカーブラジル代表

    サッカーブラジル代表から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2002年日韓大会では南米予選で苦戦し、本大会出場すら危ないほどだった。それを引きづるかのように本大会初戦のトルコ戦でも先制点を許してしまうが、なんとか2-1で逆転した。しかしその後はロナウド、リバウド、ロナウジーニョら攻撃陣が機能し、全勝で決勝まで勝ち上がった。決勝の相手はそれまでワールドカップで対戦したことのなかったもうひとつのサッカー大国、オリバー・カーンを擁するドイツだった。これをロナウドの2ゴールにより2-0で制し、ワールドカップ最多優勝記録を5に伸ばした。サッカーブラジル代表 フレッシュアイペディアより)

  • ロナウジーニョ・ガウーショ

    ロナウジーニョ・ガウーショから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ロナウジーニョ・ガウーショ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
148件中 1 - 10件表示

「ロナウジーニョ」のニューストピックワード