127件中 91 - 100件表示
  • 3月21日

    3月21日から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    1980年 - ロナウジーニョ、サッカー選手3月21日 フレッシュアイペディアより)

  • ジネディーヌ・ジダン

    ジネディーヌ・ジダンから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    レアル・マドリードで共にプレーしたロベルト・カルロスは、2010年のレキップ紙のインタビューで「今まで見た中でベストの選手」と話し、同じくデビッド・ベッカムは「史上最高の選手」と語った。また、FCバルセロナなどで対戦したシャビは2010年のインタビューで、エル・クラシコにおいて最も苦労した選手に挙げて「1990年代から2000年代前半にかけてのベストプレイヤー」と語り、ロナウジーニョは「歴代最高の選手で、自分のなかでのアイドルの1人」とし、ベストプレイヤーに名前を挙げた。ジネディーヌ・ジダン フレッシュアイペディアより)

  • カルレス・プジョル

    カルレス・プジョルから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2006年11月3日、デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦を戦っている最中に、父親が農作業中の事故によって死去した。代わってキャプテンを務めてゴールを挙げたロナウジーニョはキャプテンマークにキスし、プジョルにゴールを捧げた 。また、ライバルのエスパニョールの選手達は、リーグ戦でプジョル一家への励ましのメッセージが入ったTシャツを着て入場し、ライバル関係を超えてプジョルの心中を労った。2008年には2年ぶりにUEFAチーム・オブ・ザ・イヤー(センターバック)に選ばれた。カルレス・プジョル フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・ソビス

    ラファエル・ソビスから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2005 FIFAワールドユース選手権にもブラジルのエースストライカーとして出場し3位入賞に貢献した。本人も大好きなロナウジーニョや尊敬するロナウド、アドリアーノらと2006 FIFAワールドカップドイツ大会の舞台でプレーするのが夢だと語っていたがフレッジらとのブラジル代表第4フォワード争いに敗れ、出場はならなかった。2006年8月にSCインテルナシオナルをコパ・リベルタドーレス優勝に導いた功績もあって大会直後にブラジルA代表入り。9月にロンドンで行われたアルゼンチン戦にてA代表デビューを果たしている。2008年夏、北京オリンピックメンバーに選出され銅メダルを獲得した。ラファエル・ソビス フレッシュアイペディアより)

  • ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール

    ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオールから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    憧れの選手はロマーリオで、サントスや代表ではロマーリオの付けていた背番号11を好んで選択している。また、憧れの選手としては他にジネディーヌ・ジダン、ロナウジーニョ、カカ、ロビーニョの名も挙げている。ロビーニョとはしばしば比較される。なお、ロビーニョとは2010年1月から半年間サントスFCでともにプレーした。ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・クアレスマ

    リカルド・クアレスマから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2003-2004年シーズン、ACミランとのフレンドリーマッチでデビュー、1得点を挙げる上々のスタートを切り、序盤戦は4-2-3-1システムの右ウイングとして先発を任されたが、若さを露呈し満足のいくプレーは出来なかった。シーズン後半には4-3-3へシステムを変更し純粋なウイングではなくよりフォワード的な選手(ロナウジーニョとルイス・ガルシア)が起用される様になると先発出場の機会が激減した。フランク・ライカールト監督と起用法をめぐって対立し、シーズンオフにはデコとのトレードでFCポルトに移籍する事になった。リーグ戦では22試合に出場(内先発は11試合)し1ゴール。また、シーズン最終週で足の甲を骨折し、噂されていたUEFA EURO 2004とU-21欧州選手権の両方に欠場することを余儀なくされた。リカルド・クアレスマ フレッシュアイペディアより)

  • ロナウド

    ロナウドから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    リベリーノは全盛期のロナウドに対し「ロナウジーニョのプレーを子供たちは真似をする、しかしロナウドのプレーは真似など出来る訳ない」と評していた。ロナウド フレッシュアイペディアより)

  • アンドリー・シェフチェンコ

    アンドリー・シェフチェンコから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    1999-00シーズンからは推定移籍金2600万ユーロでACミランに移籍を果たす。移籍初年度から高い順応性を見せた彼は、鋭い突破力と高い決定力で32試合で24得点を挙げていきなりセリエA得点王を獲得。2002-03シーズンは開幕前に負傷したこともあってか期待された活躍は見られなかったものの、ACミラン在籍時に「不振」と言われるような成績を残したのは僅かこのシーズンのみである。2003-04シーズンには再び24得点を挙げて得点王に輝き完全復活を果たし、ACミランのスクデット獲得に大きく貢献。この年、ポルトガルのデコとブラジルのロナウジーニョを抑えてヨーロッパ年間最優秀選手を受賞した。ウクライナ人でこの名誉を授かったのは、オレグ・ブロヒン(1975年)、イーゴル・ベラノフ(1986年)に次いで3人目である。アンドリー・シェフチェンコ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    また選手の中ではロナウジーニョ、ロベルト・カルロス、ウィントン・ルーファー、、セルジオ越後、吉村大志郎、与那城ジョージ、それ以外の分野ではゴレオ6世(ドイツ、マスコット)、ブランドン・ラウス(アメリカ合衆国、俳優)、、チュニジア、歌手)、、チュニジア、ウード奏者)、デフ・レパード(イギリス、ロックバンド)、ジャイモン・フンスー(アメリカ合衆国、俳優)、ミハイル・ゴルバチョフ(ロシア、政治家)、、コートジボワール、歌手)らがペレのファン、あるいはペレに影響を受けた事を公言している。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • バロンドール

    バロンドールから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2005年度受賞のロナウジーニョを擁し連覇を目指したは準々決勝でフランスに敗れベスト8。ロナウジーニョ自身も無得点に終わった。バロンドール フレッシュアイペディアより)

127件中 91 - 100件表示

「ロナウジーニョ」のニューストピックワード