148件中 91 - 100件表示
  • さいたま市大宮公園サッカー場

    さいたま市大宮公園サッカー場から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2002年の2002 FIFAワールドカップでは、駒場スタジアムと共に埼玉スタジアム2002で試合を行う際の練習用グラウンドとして使用され、ブラジル代表が準決勝の前にここで練習をして、ロッカールームの壁にロナウジーニョをはじめとしたブラジル代表メンバーのサインが書き残されている。さいたま市大宮公園サッカー場 フレッシュアイペディアより)

  • プレミオ・クラッキ・ド・ブラジレイロン

    プレミオ・クラッキ・ド・ブラジレイロンから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    1位: ロナウジーニョ(アトレチコ・ミネイロ、38%)プレミオ・クラッキ・ド・ブラジレイロン フレッシュアイペディアより)

  • マルセイユ・ルーレット

    マルセイユ・ルーレットから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ジダン以外では、たとえば、ミカエル・ラウドルップ、デル・ピエロ、ロナウジーニョ、ティエリ・アンリ、ロナウド、カカ、中村俊輔、アンドレ・ポート、それにクリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシである。マルセイユ・ルーレット フレッシュアイペディアより)

  • ロビーニョ

    ロビーニョから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    デビュー当初は「夢はバルセロナに移籍しロマーリオからロナウド、リバウド、ロナウジーニョと続くRの系譜を受け継ぎたい」と語っている。ロビーニョ フレッシュアイペディアより)

  • SCブラガ

    SCブラガから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2006年7月、フランスの保険会社であるアクサが年間数百万ドルを支払うスポンサーとなり、スタジアムの名称がエスタディオ・ムニシパル・デ・ブラガ(ブラガ市営スタジアム)からエスタディオ・アクサに変更された。スタジアムに命名権名称を導入したのはポルトガル初(2012年時点で唯一)である。2007-08シーズンのUEFAカップではハンマルビーIF(スウェーデン)と対戦し、アウェーで行なわれたファーストレグには1-2で敗れたが、ホームで行なわれたセカンドレグには4-0で勝利して2シーズン連続のグループリーグ出場を決めた。グループリーグ初戦のボルトン(イングランド)戦には1-1で引き分け、2戦目は優勝候補のバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)戦だったが、ロランド・ルイスの得点でやはり1-1で引き分けた。3戦目のアリス・テッサロニキFC(ギリシャ)戦ではリンツの得点で1-1で引き分け、最終戦のレッドスター・ベオグラード(セルビア)戦は2-0で初勝利を飾った。決勝トーナメントではヴェルダー・ブレーメン(ドイツ)と対戦し、ファーストレグではPKを2度も失敗して0-3で敗れた。セカンドレグには1-0で勝利したが、2試合合計1-3で敗退した。2008年夏のUEFAインタートトカップではスィヴァススポル(トルコ)を下して優勝。その結果出場した2008-09シーズンのUEFAカップでは、予選2回戦でHŠKズリニスキ・モスタル(ボスニア・ヘルツェゴビナ)を2試合合計3-0で下し、本選1回戦のFCアルトメディア・ペトルジャルカ(スロバキア)戦ではファーストレグでアルベール・メヨン・ゼがハットトリックを達成するなどして2試合合計6-0で快勝した。3シーズン連続でグループリーグ出場権を獲得し、グループリーグではポーツマスFC(イングランド)、ACミラン(イタリア)、VfLヴォルフスブルク(ドイツ)、SCヘーレンフェーン(オランダ)と同組となった。初戦のポーツマス戦にはルイス・アギラールの1得点2アシストで3-0と勝利し、この試合は相手監督であるハリー・レドナップのトッテナム監督就任前ラストゲームとなった。サン・シーロで行なわれたミラン戦では長い時間試合を支配し、試合終了直前の93分まで無失点に抑えていたが、35mの距離からロナウジーニョにミドルシュートを決められて敗れた。決勝トーナメント1回戦ではフェリックス・マガト監督率いるヴォルフスブルクと対戦し、2点先行したが2-3で敗れた。ヘーレンフェーン戦には2-1で勝利し、2勝2敗の勝ち点6でグループ3位となって決勝トーナメント進出を決めた。決勝トーナメント1回戦ではスタンダール・リエージュ(ベルギー)と対戦し、2試合合計4-1で勝利した。決勝トーナメント2回戦ではパリ・サンジェルマンFC(フランス)に2試合合計0-1で敗れたが、UEFAインタートトカップ優勝組(11クラブ)の中では最高の成績を残した。SCブラガ フレッシュアイペディアより)

  • 稲本潤一

    稲本潤一から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    「NIKE FREESTYLE "stickman"」(2003年) - ロナウジーニョとの共演稲本潤一 フレッシュアイペディアより)

  • 多重国籍

    多重国籍から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ヨーロッパのサッカー1部リーグで活躍する選手の中には、所属チームの外国人枠を空けるため、ヨーロッパの国籍を取得し二重国籍となる選手もいる。ブラジル代表経験のある有名選手を例に挙げると、ロマーリオはオランダ、ロナウド、ロナウジーニョ、ロベルト・カルロス、ジエゴ・ダ・シウヴァ・コスタらはスペイン(ブラジル生まれであるがスペインを選択)、カカやエジミウソンはイタリアの国籍を取得している。なお、EU域内のいずれかの国籍を有していれば、規定により、EU域内のどの国のクラブでも外国人とはみなされない。ただし、これらの選手が、もう一方の国籍の選手としてプレーすることは原則認めていない(一例を挙げると、ロマーリオがオランダ代表としてプレーするのは不可能である)。多重国籍 フレッシュアイペディアより)

  • サッカー漫画

    サッカー漫画から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    マウリシオ・デ・ソウザは1970年代に世界最高のサッカー選手と呼ばれていたペレを少年風にアレンジした『』というキャラクターを作り、1976年から新聞や雑誌上で作品を発表した。ソウザは1980年代にはアルゼンチンのディエゴ・マラドーナを少年風にアレンジした『ディエギート』というキャラクターを創作したが、作品として公式に発表されることはなかった。ソウザは、2005年8月15日にマラドーナが司会を務めるアルゼンチンのテレビ番組『10番の夜』にペレが出演した際に、これを記念してペレジーニョとディエギートの二人を共演させた。また、2006年にはロナウジーニョを少年風にアレンジした『』を発表した。サッカー漫画 フレッシュアイペディアより)

  • ヨシプ・シムニッチ

    ヨシプ・シムニッチから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    センターバックにもかかわらず素晴らしい技術を持つ選手として知られ、代表での同僚ニコ・クラニチャールは、練習でのシムニッチはまるでロナウジーニョのようなフェイントを披露すると語っている。ヨシプ・シムニッチ フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼ・ロベルト・ダ・シウヴァ・ジュニオル

    ジョゼ・ロベルト・ダ・シウヴァ・ジュニオルから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    代表では2004年末頃からボランチで起用されることが多く、エメルソンとコンビを組み攻守の舵取り役として活躍。ロナウジーニョやロベルト・カルロスの守備の負担を軽減させカナリア軍団の攻撃陣を支えた。2007年6月、代表引退を発表。ジョゼ・ロベルト・ダ・シウヴァ・ジュニオル フレッシュアイペディアより)

148件中 91 - 100件表示

「ロナウジーニョ」のニューストピックワード