148件中 11 - 20件表示
  • フットサル

    フットサルから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ブラジルでは、「サロンフットボール」と呼ばれていた時代より、サッカー以上に身近なスポーツとして普及していた。そのためフットサルへのルール変更も、比較的スムーズに行われた。競技レベルでは、ロナウジーニョやロビーニョなど多くのプロサッカー選手が、フットサルでキャリアをスタートさせている。一方、「リーガ・ナシオナル」と呼ばれる全国リーグの他、各州でプロリーグが盛んに行われ、スペインやイタリアのフットサルチームに移籍する選手も多い。当然のことながら、セレソン(ブラジル代表)はフットサルにおいても常に世界最強の強さを誇る。2000年、2004年はワールドカップの王座をスペインに奪われていたが、2008年の自国開催大会において決勝でスペインを破り優勝した。また、2005年から、招待国が参加するフットサルグランプリ(:en:Grand Prix de Futsal)が毎年ブラジルで開催されている。フットサル フレッシュアイペディアより)

  • 丹羽慎治

    丹羽慎治から見たロナウジーニョ・ガウーショロナウジーニョ

    クレディセゾン 企業 「夢よ、かなえ」篇 (2006年 出演ロナウジーニョ・ガウーショ丹羽慎治 フレッシュアイペディアより)

  • スーペルクラシコ・デ・ラス・アメリカス

    スーペルクラシコ・デ・ラス・アメリカスから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ネイマールやロナウジーニョ(ともにブラジル)、フアン・セバスティアン・ベロン(アルゼンチン)などが出場した。9月14日に行われたファーストレグはスコアレスドローに終わったが、9月28日に行われたセカンドレグはルーカスとネイマールの得点でブラジルが2-0と勝利し、2試合合計2-0としたブラジルが優勝した。スーペルクラシコ・デ・ラス・アメリカス フレッシュアイペディアより)

  • ロナウド・デ・アシス・モレイラ

    ロナウド・デ・アシス・モレイラから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ロナウド・デ・アシス・モレイラ フレッシュアイペディアより)

  • ファンタジスタ

    ファンタジスタから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    なお、FWの「ファンタジスタ」に対して、1,5列目の選手などといったMFにはトレッカンテ(Treccante)と呼んでいる。これは、イタリアのあるサッカー番組でACミランの翌季の移籍動向について語っているときに出来た言葉で、『ミランに3人のトレッカンテが必要か?』というテーマで、カカ、アレシャンドレ・パト、ロナウジーニョの起用法を議論していた時にイタリア国内のマスコミによって生まれた。また、それらの中間の位置づけでFWとMFに対して広く使われるのがトレクアルティスタ(Trequartista)である。ファンタジスタ フレッシュアイペディアより)

  • ロナウジーニョ・ガウショ

    ロナウジーニョ・ガウショから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ロナウジーニョ・ガウショ フレッシュアイペディアより)

  • サッカー スーパーレッスン〜バルサのテクニックをキミたちに!〜

    サッカー スーパーレッスン〜バルサのテクニックをキミたちに!〜から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    「魔法のテクニック」(ロナウジーニョサッカー スーパーレッスン〜バルサのテクニックをキミたちに!〜 フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・セルジオ・ローシャ・アゼヴェード

    リカルド・セルジオ・ローシャ・アゼヴェードから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ベンフィカでの4季半に公式戦157試合(欧州カップ戦33試合)3得点を記録。また、2004-05シーズンに25試合に出場し、クラブの11季ぶりのリーグ優勝に貢献した。2006年3月28日にUEFAチャンピオンズリーグ 2005-06のFCバルセロナとの準々決勝第1戦(0-0, 2試合合計0-2敗北)では、最終的に優勝し最優秀選手賞にも輝くロナウジーニョのマークを務め、チャンスを作られる場面もあったが決定的な仕事をさせないことに成功。そのパフォーマンスに相手のロナウジーニョからも称賛された。リカルド・セルジオ・ローシャ・アゼヴェード フレッシュアイペディアより)

  • シンカク高橋

    シンカク高橋から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    東西を問わず、お笑いタレント(特にコントやトーク番組、バラエティ)やものまね番組を観るのを楽しみとしており、、関暁夫の都市伝説番組が大好きである。ニュースやワイドショーなどでの特に好きなテレビアナウンサーは、須田哲夫と笠井信輔、羽鳥慎一などである。好きなタレントの中に、岡副麻希、竹内由恵、新井恵理那、杉崎美香、その他数名の女子アナを挙げている。サッカー、野球などのスポーツを、テレビ観戦することがある。サッカーでは前園真聖、乾貴士、中田英寿、中村俊輔、岡崎慎司、本田圭佑、釜本邦茂、長友佑都、三浦知良、武田修宏、北澤豪、内田篤人、ディエゴ・マラドーナ、クリスティアーノ・ロナウド、ロナウジーニョら、野球では落合博満、伊良部秀輝、ランディ・バース、ダルビッシュ有、真弓明信、掛布雅之、愛甲猛、張本勲、松井稼頭央、KKコンビ、江本孟紀など、大相撲では、琴風、朝青竜、小錦、曙、白鵬、千代の富士など、サーフィンでは、トム・カレン、ケリー・スレーター、ミック・ファニング、タジ・バロウ、アンディ・アイアンズ、五十嵐カノア、椎葉順、久我孝男など、スノーボードでは、テリエ・ハーコンセン、ジェイソン・ボーグステッド、マルクス・フルメ、ジェレミー・ベイ、成田緑夢などを特に応援していた。母方の祖父と本名が同じだという理由で大橋巨泉の生き方にも影響を受けている。幼少の頃は、当時見ていた金八先生により、たのきんトリオのファンであった。また、岡本太郎、山下清、蛭子能収などの生き方や考え方に憧れている。ジョセフ・マーフィー、朝堂院大覚、孫正義、スティーブ・ジョブズ、苫米地英人などの考え方にも影響されている。なお、広瀬すず、能年玲奈、桜井日奈子のファンである。シンカク高橋 フレッシュアイペディアより)

  • ラボーナ

    ラボーナから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    試合中にラボーナを効果的に使うことでよく知られている選手としては、ディエゴ・マラドーナ、アルベルト・アクィラーニ、ナニ、デヴィッド・ダン、リカルド・クアレスマ、クリスティアーノ・ロナウド、アンヘル・ディ・マリア、ロナウジーニョ、マリオ・バロテッリ、ダビド・ビジャ、ヴェスレイ・スナイデル、ズラタン・イブラヒモビッチ、ルイス・スアレス、、ダヴィデ・モスカルデッリ、エデン・アザールらである。ラボーナ フレッシュアイペディアより)

148件中 11 - 20件表示

「ロナウジーニョ」のニューストピックワード