127件中 21 - 30件表示
  • ジョアン・ラポルタ

    ジョアン・ラポルタから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ベッカム獲得は成らなかったものの、スポーツ部門のサンドロ・ロセイ副会長の活躍でブラジルのロナウジーニョの獲得に成功。長いヌニェス時代で硬直化したクラブに変革をもたらし、2004-05、2005-06シーズンのリーガ・エスパニョーラ2連覇、2005-06シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ優勝など、ヨーロッパで最も成功したクラブとしての地位を復活させた。ジョアン・ラポルタ フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ブラジルでは、「サロンフットボール」と呼ばれていた時代より、サッカー以上に身近なスポーツとして普及していた。そのためフットサルへのルール変更も、比較的スムーズに行われた。競技レベルでは、ロナウジーニョやロビーニョなど多くのプロサッカー選手が、フットサルでキャリアをスタートさせている。一方、「リーガ・ナシオナル」と呼ばれる全国リーグの他、各州でプロリーグが盛んに行われ、スペインやイタリアのフットサルチームに移籍する選手も多い。当然のことながら、セレソン(ブラジル代表)はフットサルにおいても常に世界最強の強さを誇る。2000年、2004年はワールドカップの王座をスペインに奪われていたが、2008年の自国開催大会において決勝でスペインを破り優勝した。また、2005年から、招待国が参加するフットサルグランプリ(:en:Grand Prix de Futsal)が毎年ブラジルで開催されている。フットサル フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のバロンドール

    2007年のバロンドールから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ブラジル国籍での受賞者は1997年と2002年のロナウド、1999年のリバウド、2005年のロナウジーニョがおり、カカは4人目の受賞者である。ACミラン所属の受賞者は1969年のジャンニ・リベラ、1987年のルート・フリット、1988年と1989年と1992年のマルコ・ファン・バステン、1995年のジョージ・ウェア、2004年のアンドリー・シェフチェンコらがおり、カカは6人目の受賞者である。2007年のバロンドール フレッシュアイペディアより)

  • ラボーナ

    ラボーナから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    試合中にラボーナを効果的に使うことでよく知られている選手としては、ディエゴ・マラドーナ、アルベルト・アクィラーニ、ナニ、デヴィッド・ダン、リカルド・クアレスマ、クリスティアーノ・ロナウド、アンヘル・ディ・マリア、ロナウジーニョ、マリオ・バロテッリ、ダビド・ビジャ、ヴェスレイ・スナイデル、ズラタン・イブラヒモビッチ、ルイス・スアレス、、、エデン・アザールらである。ラボーナ フレッシュアイペディアより)

  • マルセイユ・ルーレット

    マルセイユ・ルーレットから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    マルセイユ・ルーレット()は、サッカーの試合に固有の特殊なドリブル技術の一つである。マルセイユ・ターン、360、マラドーナ (Maradona)、ルーレット、グリンゴ (Gringo)、360ターンとしても知られている。リオネル・メッシ、ロナウジーニョ、クリスティアーノ・ロナウド、ジネディーヌ・ジダン、ティエリ・アンリ、カカ、ロビーニョ、ロナウドを含む数多くの著名なサッカー選手がマルセイユ・ルーレットを使用することが知られている。「マルセイユ」の名は、この技術がトレードマークとなっているジダンの出身地に由来する。マルセイユ・ルーレット フレッシュアイペディアより)

  • ヨハンナ・アルムグレン

    ヨハンナ・アルムグレンから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2008年の北京オリンピックでは、ブラジルのサッカー選手ロナウジーニョから初めて出会ってから数時間ほどしかたっていないのにもかかわらず、結婚を申し込まれている。彼女は最初、通訳からの電話を受け取り、ロナウジーニョがの彼女の部屋に行きたいと言っているというのを聞いた時は友人からのジョークだと思ったという。しかし彼には既に恋人がいたために彼女はこれを断っている。ヨハンナ・アルムグレン フレッシュアイペディアより)

  • TOUGH

    TOUGHから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    外見のモデルはロナウジーニョと思われる。TOUGH フレッシュアイペディアより)

  • SBSカップ 国際ユースサッカー

    SBSカップ 国際ユースサッカーから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    この大会では小野伸二、高原直泰、川口能活といった静岡県に縁のあるサッカー選手をはじめとした数多くの選手が出場し、世界への登竜門的な位置づけもある。また、ロナウジーニョやクライファートなどの若き日の世界的プレーヤーもこの大会多く参加している。この模様は静岡放送やGAORAにて全国に中継される。SBSカップ 国際ユースサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 堤康徳

    堤康徳から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ルーカ・カイオーリ『ロナウジーニョ The smiling champion』監訳 ゴマブックス 2006堤康徳 フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・ボリエッロ

    マルコ・ボリエッロから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2009-2010シーズンはシーズン中盤から好調を維持し再びゴールを量産した。最終的には14ゴールを挙げてアレシャンドレ・パトやロナウジーニョ等を抑えてチーム得点王に輝いた。2010年8月31日、レンタル移籍でASローマに加入した。クラウディオ・ラニエリ監督の下でゴールを量産し一時はチーム得点王であったが、2011年2月22日にラニエリ監督が解任されてヴィンツェンツォ・モンテッラ監督に交代すると徐々に出場機会が減少して言った。しかし、34試合に出場して11得点とまずまずの成績を収めた。活躍が認められて6月22日にローマに完全移籍。ローマ側が初めにレンタル料200万ユーロを払い、シーズン終了後に1000万ユーロを支払うことで権利を完全に買いとった。しかし、モンテッラ監督が退任し新たに就任したルイス・エンリケ監督の構想からもれ、一転控え扱いとなった。2012年1月3日、ユヴェントスに半年間のレンタル移籍が決定。レンタル料は50万ユーロで800万ユーロの買取オプションつき。マルコ・ボリエッロ フレッシュアイペディアより)

127件中 21 - 30件表示

「ロナウジーニョ」のニューストピックワード