148件中 21 - 30件表示
  • 安保"Suginho"一生

    安保"Suginho"一生から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    "Suginho"とは、新メンバーとして加入直後のflow-warのファンクラブイベントで出されたカクテルの名前に由来する。お酒が飲めない為ノンアルコールで、メンバーの中で一番「子供っぽい」ということで、スペイン語で「?の子供」という意味の"-nho"と、旧芸名をくっつけて作られた。お気に入りのサッカー選手、Ronaldinhoの名前に引っ掛けてある。彼が前事務所を辞めた後の活動名にこの愛称を入れ込んだ理由は「全く知名度のない本名とかつての芸名との落しどころ」。また、セレソンのジュニーニョやロビーニョから来ているとも語っている。安保"Suginho"一生 フレッシュアイペディアより)

  • 佐原秀樹

    佐原秀樹から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    1997年に高校を卒業。複数のオファーを受ける中で、関東圏でのプレーとブラジルへの留学という条件に惹かれてJFL・川崎フロンターレへ入団。同年、当時川崎と業務提携していたグレミオへと留学。ジュニオール(ユース)に登録され、チームメートにはロナウジーニョがいた。1998年に復帰し、1999年には同年発足のJリーグディビジョン2で中西哲生、森川拓巳と3バックを組み、リーグ最小失点での優勝及びJ1昇格に貢献した。2000年も開幕からレギュラーとして出場を続けていたが、練習中の負傷及び2度の手術によって長期離脱を強いられ、以後約2年間公式戦に出場できなかった。佐原秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • ジュニーニョ・パウリスタ

    ジュニーニョ・パウリスタから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2002 FIFAワールドカップ日韓大会に際して、ブラジル代表に選出されたが、所属クラブであるフラメンゴでの不調もあり、ロナウジーニョに攻撃的MFのポジションを奪われ、下がり目のMFで出場することになった。ジュニーニョ・パウリスタ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のバロンドール

    2007年のバロンドールから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ブラジル国籍での受賞者は1997年と2002年のロナウド、1999年のリバウド、2005年のロナウジーニョがおり、カカは4人目の受賞者である。ACミラン所属の受賞者は1969年のジャンニ・リベラ、1987年のルート・フリット、1988年と1989年と1992年のマルコ・ファン・バステン、1995年のジョージ・ウェア、2004年のアンドリー・シェフチェンコらがおり、カカは6人目の受賞者である。2007年のバロンドール フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のバロンドール

    2005年のバロンドールから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2005年のバロンドールは、欧州各国のスポーツジャーナリストの投票によってサッカーの欧州年間最優秀選手を決める賞で、バルセロナのロナウジーニョ(ブラジル)が受賞した。授賞式は2005年11月29日に行われた。2005年のバロンドール フレッシュアイペディアより)

  • ロドリーゴ・グラウ

    ロドリーゴ・グラウから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ロナウジーニョの10代の頃よりむしろ20代の頃の親友としても有名。ジュビロ磐田時代はブラジル代表として静岡でキャンプを張っていた彼を激励しに訪れ、FCバルセロナと親善試合を行った際は試合後スパイクを交換し旧交を温めた。ロドリーゴ・グラウ フレッシュアイペディアより)

  • バウド・カンディド・デ・オリベイラ・フィリョ

    バウド・カンディド・デ・オリベイラ・フィリョから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    1986、1990と、2度のワールドカップに出場した。1990年大会では全体的にチームの調子が悪い中、1人気を吐いた。チームはベスト16止まりだったことから忘れられがちだが、ロナウジーニョが「子供の時のアイドル」というように、素晴らしい実力の持ち主である。バウド・カンディド・デ・オリベイラ・フィリョ フレッシュアイペディアより)

  • ブルーノ・コルテス・バルボサ

    ブルーノ・コルテス・バルボサから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ノヴァ・イグアス在籍時の2011年、ロナウジーニョのブラジル復帰戦となったフラメンゴ戦でのプレーで注目を集め、セリエAのボタフォゴへ引き抜かれる。ボタフォゴでの活躍により同年のセリエAベストイレブンに選出されたほか、ブラジル代表にも招集され、9月28日のアルゼンチン戦に左サイドバックとして出場した。ブルーノ・コルテス・バルボサ フレッシュアイペディアより)

  • 南アメリカのスポーツ

    南アメリカのスポーツから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ブラジルのペレ、ロナウド、ロナウジーニョ、アルゼンチンのマラドーナ、アルフレッド・ディ・ステファノ、メッシ、ペルーのテオフィロ・クビジャス、ウルグアイのエンツォ・フランチェスコリ、パラグアイのアルセニオ・エリコ、コロンビアのカルロス・バルデラマ、チリのエリアス・フィゲロア、エクアドルのアレックス・アギナガなど、南米は数多くの国際的トップ・プレーヤーを生み出してきた。また、多くの選手が報酬と知名度を求めてヨーロッパのプロリーグでプレーしている。南アメリカのスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • エマニュエル・エブエ

    エマニュエル・エブエから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    アーセナルFCで2005-06シーズンにブレイクした選手の1人。2004年の夏、練習生としてアーセナルのトライアルを受け、これに合格。ローレンらサイドバック陣の怪我によりレギュラーを掴んだ。チームが準優勝した2005-06シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦では、左サイドから攻撃に来るエトーやロナウジーニョを抑え込み、この試合でマン・オブ・ザ・マッチに輝いている。2011-12シーズンは新加入のジェルヴィーニョが元々背番号は27を好んで着ける傾向があるため、エブエが着けていた27をジェルヴィーニョに奪われ、背番号が未定のまま新シーズンを迎えることになると思われていたが、2011年8月16日、ガラタサライSKに4年契約で移籍することで合意した。移籍金は350万ユーロ(約3億9000万円)。エマニュエル・エブエ フレッシュアイペディアより)

148件中 21 - 30件表示

「ロナウジーニョ」のニューストピックワード