148件中 31 - 40件表示
  • ライアン・ギグス

    ライアン・ギグスから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2006年9月にブラジル代表との親善試合に出場し、2-0で勝利した。試合後にドゥンガは、カカやロナウジーニョといった選手と比べても遜色ないと述べ、賛辞を送った。ライアン・ギグス フレッシュアイペディアより)

  • ゴマブックス

    ゴマブックスから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ゴマブックス株式会社は、日本の出版社。近刊では『レインボーマジック』『ロナウジーニョ The Smiling Champion』『しょこたん☆ぶろぐ』『ちびギャラ』『プロフェッショナル広報戦略』『トライ式逆転合格』など、児童書からビジネス書、タレント本など意欲的な商品を手広く出版している。ゴマブックス フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐章恵

    五十嵐章恵から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    五十嵐 章恵(いがらし あきえ 1981年10月27日 - )は神奈川県藤沢市出身の元女子サッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。武蔵丘短期大学卒。憧れの選手はロナウジーニョ五十嵐章恵 フレッシュアイペディアより)

  • 坂東正敬

    坂東正敬から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    坂東正敬(ばんどう まさたか、1976年3月31日 - )とは、レーシングチーム監督。有限会社坂東商会、株式会社レーシングプロジェクトバンドウ代表取締役。通称は坂東マサ。父親は坂東商会会長・RACING PROJECT BANDOH前監督の坂東正明。特技はサッカーで、中高ともにサッカー部に所属し、清水エスパルスのユースチームに在籍経験もある他、ドイツへのサッカー留学経験もある(と、同時にラモス瑠偉やロナウジーニョとも交流がある)。坂東正敬 フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・ボリエッロ

    マルコ・ボリエッロから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2007-08シーズンのジェノアで19ゴールの結果を残し、2008-09シーズンからミランに復帰することが決まった。しかし怪我に苦しみ出場機会に得られずにいた。2009-10シーズンは一転してシーズン中盤から好調を維持し再びゴールを量産した。最終的には14ゴールを挙げてアレシャンドレ・パトやロナウジーニョらを抑えてチーム得点王となった。マルコ・ボリエッロ フレッシュアイペディアより)

  • カイハラ (お笑い芸人)

    カイハラ (お笑い芸人)から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    前髪を捲り上げて、ロナウジーニョの顔真似カイハラ (お笑い芸人) フレッシュアイペディアより)

  • アンドレアス・イヴァンシッツ

    アンドレアス・イヴァンシッツから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    オーストリア人として初めてFIFA 08及びFIFA 10(FIFAが唯一公認するFIFAシリーズ)のサッカーゲームのタイトルパッケージを飾った。ちなみに日本ではロナウジーニョ (バルセロナ)とウェイン・ルーニー (マンチェスター・ユナイテッド) 、フランスではフランク・リベリー (バイエルン・ミュンヘン)、スペインではセルヒオ・ラモス (レアル・マドリード)がタイトルパッケージを飾っている。アンドレアス・イヴァンシッツ フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    スペインとイングランドのクラブが決勝で顔を合わせるのは1980-81シーズン以来2度目であり、その際はリヴァプールFCがレアル・マドリードを1-0で下して3度目の欧州制覇を果たしている。アーセナルFCはロンドンに本拠地を置くクラブとして初の決勝進出であり、FCバルセロナは1993-94シーズンの決勝でACミランに0-4で敗れて以来の決勝進出であった。FCバルセロナは1960-61シーズンと1985-86シーズンにも決勝に進出しているが、5回出場した決勝で勝利したのは1991-92シーズンにUCサンプドリアを下して初優勝を飾った時のみである。2週間前に国内リーグで優勝を決めていた彼らはFWロナウジーニョやFWサミュエル・エトオを擁しており、ヨーロッパ大陸でもっとも優れたチームと認識されていた。MFデコは試合前に「昨年の決勝でACミランは3-0とリードしたが、その後3点を取られて敗れた。僕らは試合に真剣に取り組むべきだ。心を落ち着かせて、絶対にミスを犯さないように集中するべきだ」と述べ、FCバルセロナに分があるという意見を否定し、彼らが慢心しているわけではないと断言した。アーセナルFCは今大会の決勝までの12試合を2失点に抑えているのに対して、FCバルセロナは2005-06シーズンの全大会を通じて114得点を決めており、対照的な2クラブの対戦となった。UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • 相馬崇人

    相馬崇人から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    好きなサッカー選手はクリスティアーノ・ロナウド、ジョー・コールやロナウジーニョなど、ドリブラーやテクニシャンが多い。なお所属していたマリティモはクリスティアーノ・ロナウドの生まれ故郷であるマデイラ諸島に本拠地を置くクラブである。相馬崇人 フレッシュアイペディアより)

  • 新井健二

    新井健二から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2006年にシンガポール・アームド・フォーシズFC(SAFFC)から外国人助っ人としてオファーを受け、完全移籍した。同年、守備の要としてチームのリーグ最少失点に貢献し、チームはリーグ優勝した。また、契約スポンサーであるアディダス主催のチャリティーマッチに出場し、ジネディーヌ・ジダンと競演した。2007年は、同チームでリーグ2連覇を達成し、カップ戦も優勝した。AFCカップにも参戦し、日本人として初得点を記録した。2008年は、優勝のかかった大一番で決勝点を挙げるなど、シンガポールリーグ史上初のリーグ3連覇、カップ戦2連覇に貢献した。2008年には、AFCのプレーオフを勝ち抜き、ACLに出場。日本で鹿島アントラーズとも対戦した。更に、北京オリンピック・ブラジル代表との親善試合に、シンガポール代表として日本人で初めて選抜され、ロナウジーニョなどと対戦した。2008年2月、フリーアナウンサーの田島葉子と入籍。2008年12月にハワイで挙式した。2009年シーズンも、SAFFCでリーグ優勝を成し遂げ、史上初の4連覇を達成し、記録を塗り替えた。新井健二 フレッシュアイペディアより)

148件中 31 - 40件表示

「ロナウジーニョ」のニューストピックワード