127件中 31 - 40件表示
  • ジュリオ・バティスタ

    ジュリオ・バティスタから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2001年、ブラジル代表キャップゼロながらFIFAコンフェデレーションズカップ2001のメンバーに選ばれ、大会前に行われた東京ヴェルディ1969との親善試合(非公式試合)では得点も決めている。6月4日の日本戦で国際Aマッチ初出場を果たした。2005年の同大会メンバーにも選出されている。レアル・マドリードでポジションを失い、2006 FIFAワールドカップのメンバーからは外れたが、コパ・アメリカ2007のメンバーには選ばれ、グループリーグのチリ戦、ウルグアイ戦で得点した。カカやロナウジーニョなどの主力を欠く中でスタメンとして出場し、決勝のアルゼンチン戦 (3-0) では先制点を決め、計3得点を挙げて2連覇に貢献した。2010 FIFAワールドカップ・南米予選ではエクアドル戦とチリ戦で得点し、本大会メンバーにも選ばれた。ジュリオ・バティスタ フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピックにおけるサッカー競技

    北京オリンピックにおけるサッカー競技から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    男子サッカーでは前回王者であり、2005年と2007年のFIFA U-20ワールドカップを連覇した時のメンバーであるメッシやアグエロらを擁し、オーバーエイジでマスチェラーノ、リケルメらを加えたメンバーで前評判が最も高かったアルゼンチン代表の戦いぶりと、オリンピックでは一度も金メダルを獲得をしたことがなく、オーバーエージ枠でロナウジーニョらを招集し臨戦態勢で臨んだブラジル代表の戦いぶりが注目を集めた。両チームは準決勝で対戦してアルゼンチンが圧勝、その後アルゼンチンは決勝でナイジェリアを下して連覇を達成した。一方ブラジル代表は3位決定戦でベルギー代表に勝利し銅メダルを獲得した。得点王には4得点をあげたイタリア代表のジュゼッペ・ロッシ。北京オリンピックにおけるサッカー競技 フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・フェルナンデス (サッカー選手)

    ルイス・フェルナンデス (サッカー選手)から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    パリSG退団後はリーガ・エスパニョーラへと渡り、1997-1998シーズンには強豪とはいえないアスレティック・ビルバオを2位に導いている。2000年11月にパリSGに復帰。当時所属していたロナウジーニョとの確執が伝えられ、チームも思うような結果を出すことが出来なかった。2003-2004シーズン途中にリーガに復帰し、降格の危機にあったエスパニョールを残留に導く。2005年にはカタールのアル・ラーヤンSCと契約したが5ヶ月で解任され、その後イスラエルのベイタル・エルサレムで指揮を執っていた。マルセイユで不遇を囲っていた中田浩二にオファーを出したことが、日本にも伝わっている。2006年12月に不調に陥っていたベティスの監督に途中就任し、リーガに再度復帰した。だがチームを浮上させることはできず、6月9日のオサスナ戦で0-5の大敗を喫した後解任された。ルイス・フェルナンデス (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 2002 FIFAワールドカップ・決勝

    2002 FIFAワールドカップ・決勝から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ブラジルはグループリーグではグループC(韓国)に入り、初戦のトルコ戦(蔚山文殊サッカー競技場)では前半終了間際に先制を許すも、後半のFWロナウド・MFリバウドの得点により2-1で逆転勝ち。続く中国戦(済州ワールドカップ競技場)ではDFロベルト・カルロス、MFロナウジーニョとロナウド、リバウドのそろい踏みで4-0で圧勝。最終戦のコスタリカ戦(水原ワールドカップ競技場)もロナウドの2得点などで5-2で勝利、3戦全勝の勝ち点9で決勝トーナメント進出を決めた。2002 FIFAワールドカップ・決勝 フレッシュアイペディアより)

  • 南アメリカのスポーツ

    南アメリカのスポーツから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ブラジルのペレ、ロナウド、ロナウジーニョ、アルゼンチンのマラドーナ、アルフレッド・ディ・ステファノ、メッシ、ペルーのテオフィロ・クビジャス、ウルグアイのエンツォ・フランチェスコリ、パラグアイのアルセニオ・エリコ、コロンビアのカルロス・バルデラマ、チリのエリアス・フィゲロア、エクアドルのアレックス・アギナガなど、南米は数多くの国際的トップ・プレーヤーを生み出してきた。また、多くの選手が報酬と知名度を求めてヨーロッパのプロリーグでプレーしている。南アメリカのスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • レオナルド・ダ・シウヴァ・モウラ

    レオナルド・ダ・シウヴァ・モウラから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    モウラがSCインテルナシオナルへの移籍をほのめかしていたため、フラメンゴでの時間は2011年に終わるかと思わていた。長年パートナーを組み守備陣を支えたフアンが出ていったため、モウラやチームのため左SBの補強の必要があった。それにもかかわらず、2002 FIFAワールドカップの優勝者にして2005年のバロンドール受賞者であるブラジル代表のロナウジーニョが加入により主将の座がロナウジーニョへと渡たり、主将としての期間は終わった。2011年にタッサ・グアナバラとの両大会に優勝と前期で素晴らしい成功を収めたため、全国選手権の優勝候補に名乗りを上げた。年間を通じて無敗のまま連勝を重ね、コパ・ド・ブラジル準々決勝のセアラーSCに敗れるも、リーグ戦は16節まで無敗だった。17節のアウェーで行われたアトレチコ・ゴイアニエンセ戦でついに敗戦し、モウラはこの試合をMFとしてプレーしていた。後期に突入なっても勢いを取り戻すことが出来ず敗戦を重ね、結果リベルタドーレス出場圏内に終わった。レオナルド・ダ・シウヴァ・モウラ フレッシュアイペディアより)

  • ファンタジスタ

    ファンタジスタから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    なお、FWの「ファンタジスタ」に対して、1,5列目の選手などといったMFにはトレッカンテ(Treccante)と呼んでいる。これは、イタリアのあるサッカー番組でACミランの来季の移籍動向について語っているときに出来た言葉で、『ミランに3人のトレッカンテが必要か?』というテーマで、カカ、アレシャンドレ・パト、ロナウジーニョの起用法を議論していた時にイタリア国内のマスコミによって生まれた。また、それらの中間の位置づけでFWとMFに対して広く使われるのがトレクアルティスタ(Trequartista)である。ファンタジスタ フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・ルイス・ポッズィ・ロドリゲス

    リカルド・ルイス・ポッズィ・ロドリゲスから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ゲームメーカーとして機能する元ブラジル代表選手。サントスでは主力として活躍するもブラジル代表ではロナウジーニョのバックアッパー的存在だった。ただ、ファンタジスタと呼ばれる人間には珍しく守備もきっちりこなせる。リカルド・ルイス・ポッズィ・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・フェリペ・スコラーリ

    ルイス・フェリペ・スコラーリから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2001年、コンフェデ杯での不振を受けて解任されたエメルソン・レオンの後を受けてブラジル代表の監督に就任。翌年の日韓W杯ではロナウドやリバウド、ロナウジーニョら圧倒的な攻撃力を擁してチームを優勝に導いた。一方で規律を重視し、スターであったロマーリオを代表から外したことでも話題を呼んだ。ルイス・フェリペ・スコラーリ フレッシュアイペディアより)

  • ダグラス・コスタ

    ダグラス・コスタから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ロナウジーニョ2世と形容されることがある。グレミオのセルソ・ロッチ監督は、「彼はロビーニョを彷彿とさせる」と語っている。ダグラス・コスタ フレッシュアイペディアより)

127件中 31 - 40件表示

「ロナウジーニョ」のニューストピックワード