127件中 41 - 50件表示
  • UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    スペインとイングランドのクラブが決勝で顔を合わせるのは1980-81シーズン以来2度目であり、その際はリヴァプールFCがレアル・マドリードを1-0で下して3度目の欧州制覇を果たしている。アーセナルFCはロンドンに本拠地を置くクラブとして初の決勝進出であり、FCバルセロナは1993-94シーズンの決勝でACミランに0-4で敗れて以来の決勝進出であった。FCバルセロナは1960-61シーズンと1985-86シーズンにも決勝に進出しているが、5回出場した決勝で勝利したのは1991-92シーズンにUCサンプドリアを下して初優勝を飾った時のみである。2週間前に国内リーグで優勝を決めていた彼らはFWロナウジーニョやFWサミュエル・エトオを擁しており、ヨーロッパ大陸でもっとも優れたチームと認識されていた。MFデコは試合前に「昨年の決勝でACミランは3-0とリードしたが、その後3点を取られて敗れた。僕らは試合に真剣に取り組むべきだ。心を落ち着かせて、絶対にミスを犯さないように集中するべきだ」と述べ、FCバルセロナに分があるという意見を否定し、彼らが慢心しているわけではないと断言した。アーセナルFCは今大会の決勝までの12試合を2失点に抑えているのに対して、FCバルセロナは2005-06シーズンの全大会を通じて114得点を決めており、対照的な2クラブの対戦となった。UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • 1980年のスポーツ

    1980年のスポーツから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    3月21日 - ロナウジーニョ(ブラジル、サッカー)1980年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 黄金のカルテット

    黄金のカルテットから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2006年のブラジル代表はロナウド、ロナウジーニョ、アドリアーノ、カカ、ロビーニョの5人から攻撃的MFとFWあわせて4人を起用して、これをQuarteto Magico(カルテット・マジコ=魔法の4人組)と呼んでいた(5人全員を起用した場合はQuintet Magico(クインテット・マジコ=魔法の5人組)になる)。黄金のカルテット フレッシュアイペディアより)

  • ジュニーニョ・ペルナンブカーノ

    ジュニーニョ・ペルナンブカーノから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ブラジル代表にも選出されているが、出場機会は少ない。同じ時代にカカ、ロナウジーニョという稀代の選手がいなければ間違いなくブラジル代表の中心選手となっていただろうと謳われる選手である。裏を返せば、ジュニーニョが控えに回る程にセレソンの選手層は厚いということでもある。ジュニーニョ・ペルナンブカーノ フレッシュアイペディアより)

  • スーペルクラシコ・デ・ラス・アメリカス

    スーペルクラシコ・デ・ラス・アメリカスから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ネイマールやロナウジーニョ(ともにブラジル)、フアン・セバスティアン・ベロン(アルゼンチン)などが出場した。9月14日に行われたファーストレグはスコアレスドローに終わったが、9月28日に行われたセカンドレグはルーカスとネイマールの得点でブラジルが2-0と勝利し、2試合合計2-0としたブラジルが優勝した。スーペルクラシコ・デ・ラス・アメリカス フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼ・ロベルト・ダ・シウヴァ・ジュニオル

    ジョゼ・ロベルト・ダ・シウヴァ・ジュニオルから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    左サイドのドリブル突破、精度の高いクロスが魅力。シュート精度、ドリブル技術も高く、危険なスペースを埋める守備技術も高く評価されている職人肌な選手。フリーキックの精度も高い。デビュー当時は左サイドバックだったが、その後攻撃センスを活かすべく左サイドハーフ、トップ下などの攻撃的なポジションへコンバートされた。代表では2004年末頃からボランチで起用されることが多く、エメルソン・フェレイラとコンビを組み攻守の舵取り役として活躍。ロナウジーニョやロベルト・カルロスの守備の負担を軽減させカナリア軍団の攻撃陣を支えた。2007年6月、代表引退を発表。ジョゼ・ロベルト・ダ・シウヴァ・ジュニオル フレッシュアイペディアより)

  • ロビーニョ

    ロビーニョから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    デビュー当初は「夢はバルセロナに移籍しロマーリオからロナウド、リバウド、ロナウジーニョと続くRの系譜を受け継ぎたい」と語っている。ロビーニョ フレッシュアイペディアより)

  • FIFA トータルフットボール

    FIFA トータルフットボールから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    操作選手以外の選手に指示を出して動かせるオフ・ザ・ボール コントロール、チームを運営するフランチャイズモード、1対1のオンライン対戦などが新しく追加された。オフ・ザ・ボール コントロールの機能の開発にあたり。パッケージの表紙を飾っているロナウジーニョ、デル・ピエロ、ティエリ・アンリが協力している。FIFA トータルフットボール フレッシュアイペディアより)

  • ペナルティ (お笑いコンビ)

    ペナルティ (お笑いコンビ)から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2006年にリーガ・エスパニョーラを見にスペイン・マジョルカに行き、その帰りにFCバルセロナのチャーター機に乗ったが、その時にロナウジーニョから「一緒に写真を撮ろうか」と言われたにもかかわらず、極度の緊張のため断ってしまった。ペナルティ (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • 新井健二

    新井健二から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2006年にシンガポール・アームド・フォーシズFC(SAFFC)から外国人助っ人としてオファーを受け、完全移籍した。同年、守備の要としてチームのリーグ最少失点に貢献し、チームはリーグ優勝した。また、契約スポンサーであるアディダス主催のチャリティーマッチに出場し、ジネディーヌ・ジダンと競演した。2007年は、同チームでリーグ2連覇を達成し、カップ戦も優勝した。AFCカップにも参戦し、日本人として初得点を記録した。2008年は、優勝のかかった大一番で決勝点を挙げるなど、シンガポールリーグ史上初のリーグ3連覇、カップ戦2連覇に貢献した。2008年には、AFCのプレーオフを勝ち抜き、ACLに出場。日本で鹿島アントラーズとも対戦した。更に、北京オリンピック・ブラジル代表との親善試合に、シンガポール代表として日本人で初めて選抜され、ロナウジーニョなどと対戦した。2008年2月、フリーアナウンサーの田島葉子と入籍。2008年12月にハワイで挙式した。2009年シーズンも、SAFFCでリーグ優勝を成し遂げ、史上初の4連覇を達成し、記録を塗り替えた。新井健二 フレッシュアイペディアより)

127件中 41 - 50件表示

「ロナウジーニョ」のニューストピックワード