148件中 41 - 50件表示
  • ¿Por qué no te callas?

    ¿Por qué no te callas?から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    『シンシナティ・エンクワイアラー』はこの発言を、アメリカのロナルド・レーガン大統領が1987年にベルリンで行った「ゴルバチョフさん、この壁を壊しなさい!(Mr. Gorbachev, tear down this wall!)」というフレーズのように歴史を動かす言葉であるという社説を載せた。『ロサンゼルス・タイムズ』は「メキシコシティからマドリードまで、スペイン語圏でこのフレーズを口にしないことは不可能だ」と報じた。『シドニー・モーニング・ヘラルド』は、「もし国王がこのフレーズに対して権利を主張したならば数百万ユーロのビジネスとして成立させることができる」とした。実際にナイキの広告ではブラジルのサッカー選手ロナウジーニョが「Juan do it. Just shut up」というフアン・カルロス1世の言葉を改変したフレーズを使用している。¿Por qué no te callas? フレッシュアイペディアより)

  • SMAP×SMAPのコント・キャラクター

    SMAP×SMAPのコント・キャラクターから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2006年1月23日初放送。ロナウジーニョのパロディ。初めのコントの後、ゲストと「メモドリ」(敵に見立てた人形の裏に書かれた言葉を暗記しながらドリブルする)で対決する。2006年6月19日に若干リニューアルして、「ジーゴロ」(稲垣)というキャラクターも登場。ドラマ『アテンションプリーズ』の宣伝を兼ねて出演した相武紗季と「イメドリ」(敵に見立てた人形の裏に書かれた言葉から連想される言葉を考えながらドリブルする)で対決。この回で初めて、クサナギーニョが敗北(しかしこのとき相武が同じチームであるにもかかわらず、「やっぱりジーゴロは頭も運動神経も足りない!!」と言ってしまう)。SMAP×SMAPのコント・キャラクター フレッシュアイペディアより)

  • エイドゥル・グジョンセン

    エイドゥル・グジョンセンから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2007年3月6日のUEFAチャンピオンズリーグ2nd Leg。アンフィールドで行われたリヴァプールFC相手に唯一ゴールを決め1-0で勝利したが、アウェーゴールのため敗退した。移籍初年度は全大会で12ゴールを記録するも3人の巨星であるロナウジーニョ、サミュエル・エトオ、そしてリオネル・メッシはさらに多くのゴールを決めていた。しかし、CLではたった3ゴールだったが、クラブ内得点王になった。エイドゥル・グジョンセン フレッシュアイペディアより)

  • ヘンク・テン・カテ

    ヘンク・テン・カテから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    攻撃的なスタイルを好み、オランダのハウススタイルである4-3-3をベースに、4-2-3-1、4-3-2-1をチームのコンディションと起用する選手によって使い分けるオランダ有数の戦術家として知られ、人とボールが動くスピード溢れるサッカーで一時代を築き、度々オランダ代表監督候補に名前が挙がる程、戦術家としての評価は高い。特にテン・カテはスペースの使い方とポジショニングを徹底させることがチーム作りの基礎であると考えている。またその戦術は、ヨハン・クライフがFCバルセロナに持ち込んだ4-3-3のシステムよりも、ポジショニングとスペースの使い方に関して明確なルールを作った上で、細かい動きは選手のアイディアに任せることにより、選手の特徴が活かされ選手とボールが動き続ける画期的な戦術になった。また当時16歳であったリオネル・メッシの才能にも着目し、トップチームの練習に1年間参加させた後、17歳でトップチームの公式戦にデビューさせ才能を開花させた。加えて、クラブの下部組織出身の ビクトル・バルデス、カルレス・プジョル、 シャビ・エルナンデス、アンドレス・イニエスタをチームの中心に据えるスタイルを確立したため、フランク・ライカールトと共に現代のFCバルセロナの原型を作ったとも言われている。また同時に自由奔放な性格で知られるロナウジーニョには特に厳しい姿勢で臨み選手として成功に導いた。アヤックスでも同様に伝統の4-3-3と4-2-3-1システムを組み合わせ、当時オランダで最も攻撃的でアグレッシブなプレスからゴールに迫るサッカーで人々を魅了し、戦術家としての地位を確立した。またアヤックス監督時代には当時無名選手でフローニンゲンでプレーしていたルイス・スアレスの才能にいち早く注目し獲得するなど、選手のスカウティング能力にも長けている。規律を重んじ厳格な性格で知られているが、ヘンク・テン・カテ フレッシュアイペディアより)

  • 川村亮介

    川村亮介から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    NIKE(2007年)- ロナウジーニョの親友 役川村亮介 フレッシュアイペディアより)

  • 堤康徳

    堤康徳から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ルーカ・カイオーリ『ロナウジーニョ The smiling champion』監訳 ゴマブックス 2006堤康徳 フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ブラジルでは、「サロンフットボール」と呼ばれていた時代より、サッカー以上に身近なスポーツとして普及していた。そのためフットサルへのルール変更も、比較的スムーズに行われた。競技レベルでは、ロナウジーニョやロビーニョなど多くのプロサッカー選手が、フットサルでキャリアをスタートさせている。一方、「リーガ・ナシオナル」と呼ばれる全国リーグの他、各州でプロリーグが盛んに行われ、スペインやイタリアのフットサルチームに移籍する選手も多い。当然のことながら、セレソン(ブラジル代表)はフットサルにおいても常に世界最強の強さを誇る。2000年、2004年はワールドカップの王座をスペインに奪われていたが、2008年の自国開催大会において決勝でスペインを破り優勝した。また、2005年から、招待国が参加するフットサルグランプリ (:en:Grand Prix de Futsal) が毎年ブラジルで開催されている。フットサル フレッシュアイペディアより)

  • カルレス・プジョル

    カルレス・プジョルから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2006年11月3日、父親が農作業中の事故によって死去した。翌日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦において、プジョルに代わってゲームキャプテンを務めゴールを挙げたロナウジーニョはキャプテンマークにキスし、プジョルにゴールを捧げた。また、ライバルのエスパニョールの選手達は、リーグ戦でプジョル一家への励ましのメッセージが入ったTシャツを着て入場し、ライバル関係を超えてプジョルの心中を労った。2008年には2年ぶりにUEFAチーム・オブ・ザ・イヤー(センターバック)に選ばれた。カルレス・プジョル フレッシュアイペディアより)

  • リュドヴィク・ジュリ

    リュドヴィク・ジュリから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    バルセロナに入団した際、練習中のロナウジーニョを見て自分では敵わないと判断し、自身のプレースタイルを「チームのためなら労を惜しまないという汗かき役」へシフトチェンジする事を決意している。結果としてそれがバルセロナでの成功に繋がったと語っている。リュドヴィク・ジュリ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・フェルナンデス (サッカー選手)

    ルイス・フェルナンデス (サッカー選手)から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    パリSG退団後はリーガ・エスパニョーラへと渡り、1997-98シーズンには強豪とはいえないアスレティック・ビルバオを2位に導いている。2000年11月にパリSGに復帰。当時所属していたロナウジーニョとの確執が伝えられ、チームも思うような結果を出すことが出来なかった。2003-04シーズン途中にリーガに復帰し、降格の危機にあったエスパニョールを残留に導く。2005年にはカタールのアル・ラーヤンSCと契約したが5ヶ月で解任され、その後イスラエルのベイタル・エルサレムで指揮を執っていた。マルセイユで不遇を囲っていた中田浩二にオファーを出したことが、日本にも伝わっている。2006年12月に不調に陥っていたベティスの監督に途中就任し、リーガに再度復帰した。だがチームを浮上させることはできず、6月9日のオサスナ戦で0-5の大敗を喫した後解任された。ルイス・フェルナンデス (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

148件中 41 - 50件表示

「ロナウジーニョ」のニューストピックワード