148件中 61 - 70件表示
  • ラファエル・ソビス

    ラファエル・ソビスから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2005年のFIFAワールドユース選手権でブラジルのエースストライカーとして出場し、3位入賞に貢献した。本人も大好きなロナウジーニョや尊敬するロナウド、アドリアーノらとFIFAワールドカップ・ドイツ大会の舞台でプレーするのが夢だと語っていたが、フレッジらとのブラジル代表第4フォワード争いに敗れ、出場はならなかった。2006年8月にSCインテルナシオナルをコパ・リベルタドーレス優勝に導いた功績もあって、大会直後にブラジルA代表入り。9月にロンドンで行われたアルゼンチン戦にてA代表デビューを果たしている。2008年夏、北京オリンピックメンバーに選出され、銅メダルを獲得した。ラファエル・ソビス フレッシュアイペディアより)

  • フアン・ロマン・リケルメ

    フアン・ロマン・リケルメから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2002年11月後半、移籍金1100万ユーロでスペインのFCバルセロナに移籍した。この契約直前には弟の誘拐事件が起こり、リケルメ自らが解放交渉を行なった。身代金を支払って弟は解放されたが、この事件がボカ退団の理由のひとつであったと後に語っている。バルセロナでは背番号10を渡されたが、ルイ・ファン・ハール監督はリケルメの獲得を「政治的な契約」であると語り、彼を冷たくあしらった。出場機会は少なく、不慣れなウイングとしても起用された。その多くが途中出場だったためにボカ時代のプレーからは程遠く、トップチームでのポジションを失っていった。コパ・デル・レイ要員となり、珍しく先発で起用されたUEFAチャンピオンズリーググループリーグのクラブ・ブルッヘ戦では決勝点を挙げた。ファン・ハール解任後に就任したラドミル・アンティッチ監督からも信頼を勝ち取れず、不本意な成績で2002-03シーズンを終えた。2003年夏にはロナウジーニョが加入したことで背番号10を剥奪され、EU外選手枠を超えたためにトップチームの練習から締め出された。戦術面では相容れないリケルメとファン・ハールだったが、「プロフェッショナルだなと思ったのは、いったんクラブの外に出たらとても親切に接してくれたこと。長男が生まれたときは、直々に出産祝いのプレゼントをくれたんだ」と振り返っている。フアン・ロマン・リケルメ フレッシュアイペディアより)

  • 1980年のスポーツ

    1980年のスポーツから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    3月21日 - ロナウジーニョ(ブラジル、サッカー)1980年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ジュリオ・セーザル・クレメンテ・バチスタ

    ジュリオ・セーザル・クレメンテ・バチスタから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2001年、ブラジル代表キャップゼロながらFIFAコンフェデレーションズカップ2001のメンバーに選ばれ、大会前に行われた東京ヴェルディ1969との親善試合(非公式試合)では得点も決めている。6月4日の日本戦で国際Aマッチ初出場を果たした。2005年の同大会メンバーにも選出されている。レアル・マドリードでポジションを失い、2006 FIFAワールドカップのメンバーからは外れたが、コパ・アメリカ2007のメンバーには選ばれ、グループリーグのチリ戦、ウルグアイ戦で得点した。カカやロナウジーニョなどの主力を欠く中でスタメンとして出場し、決勝のアルゼンチン戦 (3-0) では先制点を決め、計3得点を挙げて2連覇に貢献した。2010 FIFAワールドカップ・南米予選ではエクアドル戦とチリ戦で得点し、本大会メンバーにも選ばれた。ジュリオ・セーザル・クレメンテ・バチスタ フレッシュアイペディアより)

  • ジョジー・アルティドール

    ジョジー・アルティドールから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2007年にはESPNのネクスト・アワードの候補になり、アディダスのインポッシブル・イズ・ナッシングの広告に起用された。また、EAスポーツのサッカーゲームシリーズFIFA 08北米版の表紙にロナウジーニョやギジェルモ・オチョアと共に起用された。ジョジー・アルティドール フレッシュアイペディアより)

  • ピエール・ウォメ

    ピエール・ウォメから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2012年2月24日に母国のコトンスポール・ガルアに加入するも、3月16日にキャノン・ヤウンデに4ヶ月の契約で移籍。母国復帰の理由について、ロナウジーニョがやり直すためブラジルに復帰したのを見て、自身もその思いに駆られたと明かした。ピエール・ウォメ フレッシュアイペディアより)

  • 3月21日

    3月21日から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    1980年 - ロナウジーニョ、サッカー選手3月21日 フレッシュアイペディアより)

  • ジョアン・ラポルタ

    ジョアン・ラポルタから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ベッカム獲得は成らなかったものの、スポーツ部門のサンドロ・ロセイ副会長の活躍でブラジルのロナウジーニョの獲得に成功。長いヌニェス時代で硬直化したクラブに変革をもたらし、2004-05、2005-06シーズンのリーガ・エスパニョーラ2連覇、2005-06シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ優勝など、ヨーロッパで最も成功したクラブとしての地位を復活させた。ジョアン・ラポルタ フレッシュアイペディアより)

  • アレシャンドレ・ロドリゲス・ダ・シウヴァ

    アレシャンドレ・ロドリゲス・ダ・シウヴァから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2009-10シーズンはレオナルド監督の下、ロナウジーニョ、マルコ・ボリエッロとともに3トップを形成し好パフォーマンスを披露。2010年1月にはブラジル人選手として初めて、オスカル・デル・カルチョの年間最優秀若手選手賞を受賞した。一方で、2010年1月に肉離れを起こして以降、負傷を繰り返すようになり、2年間で8度の筋肉の怪我を負っている。アレシャンドレ・ロドリゲス・ダ・シウヴァ フレッシュアイペディアより)

  • レヴィー・クルピ

    レヴィー・クルピから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2014年4月、解任されたパウロ・アウトゥオリの後任としてアトレチコ・ミネイロの監督に就任した。チームの中心選手だったロナウジーニョを追放したことによって一時は大きな批判を浴びもしたが、2014年にはレコパ・スダメリカーナとコパ・ド・ブラジルでクラブを初優勝に導き、2015年には州選手権に優勝した。ミナス・ジェライス州選手権の優勝はこれが自身にとって5度目であり、歴代最多優勝監督となった。2015年の州選手権開幕戦でアトレチコ・ミネイロを率いた試合数が228となり、テレ・サンターナ、に次ぎクラブ歴代3位となった。レヴィー・クルピ フレッシュアイペディアより)

148件中 61 - 70件表示

「ロナウジーニョ」のニューストピックワード