127件中 61 - 70件表示
  • アレシャンドレ・ロドリゲス・ダ・シウヴァ

    アレシャンドレ・ロドリゲス・ダ・シウヴァから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2009-10シーズンはレオナルド監督の下、ロナウジーニョ、マルコ・ボリエッロとともに3トップを形成し好パフォーマンスを披露。2010年1月にはブラジル人選手として初めて、オスカル・デル・カルチョの年間最優秀若手選手賞を受賞した。一方で、2010年1月に肉離れを起こして以降、負傷を繰り返すようになり、2年間で8度の筋肉の怪我を負っている。アレシャンドレ・ロドリゲス・ダ・シウヴァ フレッシュアイペディアより)

  • カカ (サッカー選手)

    カカ (サッカー選手)から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2006 FIFAワールドカップではロナウジーニョ、ロナウド、アドリアーノと共にカルテット・マジコ(「魔法の4人」)を形成し世界中で話題となった。しかしチームは機能せず、個々の選手がバラバラに活躍するのみで優勝候補筆頭といわれた前評判を見せられぬまま、準々決勝でフランスに敗れベスト8で敗退した。カカ (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • ロドリーゴ・グラウ

    ロドリーゴ・グラウから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ロナウジーニョの10代の頃よりの親友としても有名。ジュビロ磐田時代はブラジル代表として静岡でキャンプを張っていた彼を激励しに訪れ、FCバルセロナと親善試合を行った際は試合後スパイクを交換し旧交を温めた。ロドリーゴ・グラウ フレッシュアイペディアより)

  • ゴマブックス

    ゴマブックスから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ゴマブックス株式会社は、日本の出版社。近刊では『レインボーマジック』『ロナウジーニョ The Smiling Champion』『しょこたん☆ぶろぐ』『ちびギャラ』『プロフェッショナル広報戦略』『トライ式逆転合格』など、児童書からビジネス書、タレント本など意欲的な商品を手広く出版している。ゴマブックス フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼップ・グアルディオラ

    ジョゼップ・グアルディオラから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2008年5月8日、フランク・ライカールトに代わって2008-09シーズンからFCバルセロナのトップチームの監督に就任することが発表された。前日のエル・クラシコで1-4と屈辱的な敗戦を喫してからすぐの就任発表だった。契約期間は2年で、年俸は欧州のトップクラブの指揮官としてはかなりの低額の150万ユーロと言われている。就任会見でそれまでの中核であったロナウジーニョ、デコ、サミュエル・エトオの構想外を宣言し(エトオは後に残留)、遅刻1分につき500ユーロ(約6万5000円)の罰金を徴収するなど、2006-07シーズンから2シーズン連続で無冠と不振のクラブに改革を施した。クラブの下部組織出身の選手を重用し、レアル・マドリードとのエル・クラシコで2連勝するなど、リーグの最多勝ち点記録を上回るペースで勝ち点を積み重ね、36節終了後に優勝を決めた。決勝でアスレティック・ビルバオを倒したコパ・デル・レイ、マンチェスター・ユナイテッドを倒したUEFAチャンピオンズリーグと合わせ、就任1年目にして3冠達成を果たした。3冠達成後には「このチームがクラブ史上最強だとは思わないが、最高の成績は残せた」と語った。ジョゼップ・グアルディオラ フレッシュアイペディアより)

  • 相馬崇人

    相馬崇人から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    好きなサッカー選手はクリスティアーノ・ロナウド、ジョー・コールやロナウジーニョなど、ドリブラーやテクニシャンが多い。なお所属していたマリティモはクリスティアーノ・ロナウドの生まれ故郷であるマデイラ諸島に本拠地を置くクラブである。相馬崇人 フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドロ・デ・ソウザ

    アレクサンドロ・デ・ソウザから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    シドニー五輪ブラジル代表キャプテンで元A代表選手。五輪では苦杯をなめ、スランプに陥るも、クルゼイロで復活する。ロナウジーニョ、ゼ・ロベルト、エメルソン・フェレイラ、カカが並ぶ2006年ごろの代表ミッドフィールダー陣の中では脇役であったが、技術ではカカにも劣らない。アレクサンドロ・デ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • 川村 亮介

    川村亮介から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    NIKE(2007年) - ロナウジーニョの親友 役川村亮介 フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ブラジルでは、「サロンフットボール」と呼ばれていた時代より、サッカー以上に身近なスポーツとして普及していた。そのためフットサルへのルール変更も、比較的スムーズに行われた。競技レベルでは、ロナウジーニョやロビーニョなど多くのプロサッカー選手が、フットサルでキャリアをスタートさせている。一方、「リーガ・ナシオナル」と呼ばれる全国リーグの他、各州でプロリーグが盛んに行われ、スペインやイタリアのフットサルチームに移籍する選手も多い。当然のことながら、セレソン(ブラジル代表)はフットサルにおいても常に世界最強の強さを誇る。2000年、2004年はワールドカップの王座をスペインに奪われていたが、2008年の自国開催大会において決勝でスペインを破り優勝した。また、2005年から、招待国が参加するフットサルグランプリ(:en:Grand Prix de Futsal)が毎年ブラジルで開催されている。フットサル フレッシュアイペディアより)

  • アンドレス・イニエスタ

    アンドレス・イニエスタから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2002年10月、ルイス・ファン・ハール監督によってトップチームに招集され、10月29日のUEFAチャンピオンズリーグ、クラブ・ブルッヘ戦でデビューした。そのままトップチームに定着すると、デビュー直後から素晴らしいプレーを見せ、MFフアン・ロマン・リケルメに取って代わる存在だとスペインメディアに報じられた。トップチーム昇格後に家族のために地元に建てた家は青とえんじ色に塗られ、観光名所になっている。2003-04シーズンは主にFWロナウジーニョの控えとしてリーグ戦11試合に出場し、バレンシア戦で得点した。アンドレス・イニエスタ フレッシュアイペディアより)

127件中 61 - 70件表示

「ロナウジーニョ」のニューストピックワード