127件中 71 - 80件表示
  • 多重国籍

    多重国籍から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ヨーロッパのサッカー1部リーグで活躍する選手の中には、所属チームの外国人枠を空けるため、ヨーロッパの国籍を取得し二重国籍となる選手もいる。ブラジル代表経験のある有名選手を例に挙げると、ロマーリオはオランダ、ロナウド、ロナウジーニョ、ロベルト・カルロスらはスペイン、カカやエジミウソンはイタリアの国籍を取得している。なお、EU域内のいずれかの国籍を有していれば、規定により、EU域内のどの国のクラブでも外国人とはみなされない。多重国籍 フレッシュアイペディアより)

  • ダニエウ・アウヴェス

    ダニエウ・アウヴェスから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    南米ユース選手権の活躍が認められ、2003年1月にセビージャFCに移籍した。すぐさま主力として活躍し、2005-06シーズンのUEFAカップでは優勝を果たしてMVPを獲得した。2006-07シーズンは、リーグ戦開幕前に行われたUEFAスーパーカップでFCバルセロナと対戦。相対するロナウジーニョの裏のスペースを激しく突く動きを繰り返し、チームの勝利に大きく貢献した。(この試合を観戦したイビチャ・オシムは、「ダニエウ・アウヴェスの動きがセビージャ勝利の要因となった」と発言している。ダニエウ・アウヴェス フレッシュアイペディアより)

  • イェンス・レーマン

    イェンス・レーマンから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2006年8月24日に授賞式が行われた2006年度MTVムービー・アウォーズにおいて見事GK部門で受賞を果たした。ちなみに他の受賞者はカルレス・プジョル、デコ、サミュエル・エトオ、ロナウジーニョと全員2006年のUEFAチャンピオンズリーグ優勝チームのFCバルセロナの選手であり、唯一レーマンだけがFCバルセロナの選手以外から選出された。イェンス・レーマン フレッシュアイペディアより)

  • ティーアップ

    ティーアップから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    里見まさとの弟子。出っ歯が特徴。趣味はサーフィン。ロナウジーニョに似ている。独身。愛称「ハセ兄(にい)」ティーアップ フレッシュアイペディアより)

  • ベロオリゾンテ

    ベロオリゾンテから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    アトレチコ・ミネイロ 1908年創設。全国選手権優勝1回。黄金のカルテットの1人、トニーニョ・セレーゾを輩出。現在はロナウジーニョが在籍。ベロオリゾンテ フレッシュアイペディアより)

  • STEPPER'S DELIGHT

    STEPPER'S DELIGHTから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    STEPPER'S DELIGHT(作詞:RYO-Z,ILMARI,PES,SU 作曲:DJ FUMIYA)A面曲。2004年にサッカープレイヤーのロナウジーニョの指名でNIKE FOOTBALLの東アジアCM曲に使用された。PVではメンバーが卓球をしている。アルバム『FIVE』収録。STEPPER'S DELIGHT フレッシュアイペディアより)

  • ユーリ・ジルコフ

    ユーリ・ジルコフから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ユーリ・ヴァレンティノヴィチ・ジルコフ(''、1983年8月20日 - )は、ロシアのサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。FCアンジ・マハチカラ所属。「ロシアのロナウジーニョ」と評されるテクニシャン。ユーリ・ジルコフ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・ロマン・リケルメ

    フアン・ロマン・リケルメから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2002年7月に移籍したFCバルセロナでは不遇の時を過ごすこととなる。移籍発表の公式記者会見にてルイス・ファン・ハール監督から「君は私の望んだ選手ではない」と前代未聞の宣告をされ、いざシーズンが始まっても戦術至上主義のファン・ハールのサッカーとはまるで水が合わず、ベンチを暖める日々が続く。ファン・ハール解任後に就任したラドミール・アンティッチ監督からも信頼を勝ち取れず、クラブ低迷打開の救世主として違いを見せることはできないまま欧州初挑戦のシーズンを終える。2003年夏、ロナウジーニョが移籍してくるとクラブは彼の付けていた背番号10を説明も無く取り上げ、EU外選手枠が埋まったことを理由に1軍練習から締め出すという行動に出る。このような扱いを受けても決して腐らずに黙々と練習し、その姿はシャビやパトリック・クライファートから賞賛される。8月に同じスペインのビジャレアルCFへのレンタル移籍が決定した。戦術面では決して相容れないリケルメとファン・ハールであったが、「プロフェッショナルだなと思ったのは、いったんクラブの外に出たらとても親切に接してくれたこと。長男が生まれたときは、直々に出産祝いのプレゼントをくれたんだ」と振り返っている。フアン・ロマン・リケルメ フレッシュアイペディアより)

  • エイドゥル・グジョンセン

    エイドゥル・グジョンセンから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2007年3月6日のUEFAチャンピオンズリーグ2nd Leg。アンフィールドで行われたリヴァプールFC相手に唯一ゴールを決め1-0で勝利したが、アウェーゴールのため敗退した。移籍初年度は全大会で12ゴールを記録するも3人の巨星であるロナウジーニョ、サミュエル・エトオ、そしてリオネル・メッシはさらに多くのゴールを決めていた。しかし、CLではたった3ゴールだったが、クラブ内得点王になった。エイドゥル・グジョンセン フレッシュアイペディアより)

  • マレク・ヤンクロフスキ

    マレク・ヤンクロフスキから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ACミラン退団時のミランの公式サイト上にて、「マルディーニ、コスタクルタ、ルイ・コスタ、カカ、スタム、ロナウジーニョ、ロナウド、パト、ロビーニョみたいな選手たちと一緒にプレイ、チームメイトなんて夢のようだった。クラブは、契約が満了となってもここで回復するまでリハビリできると言ってくれた。これはこのクラブがいかにグランデであるかを今回もまた示してくれた。」と語った。マレク・ヤンクロフスキ フレッシュアイペディアより)

127件中 71 - 80件表示