148件中 81 - 90件表示
  • RIP SLYME

    RIP SLYMEから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    同年、サッカープレイヤーロナウジーニョの指名で、2001年に発表した曲「STEPPER'S DELIGHT」がNIKE FOOTBALLの東アジアCMソングに使用された。RIP SLYME フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2004-05シーズン、ロナウジーニョを擁したバルセロナは21世紀初の優勝を飾り、2005-06シーズンには国内リーグとUEFAチャンピオンズリーグの2冠を達成した。レアル・マドリードはラウル・ゴンサレス、ルート・ファン・ニステルローイなどを擁し、2006-07シーズンと2007-08シーズンに2連覇した。2000年代後半にはジョゼップ・グアルディオラ監督率いるバルセロナが新たな黄金期を迎え、ラ・マシアと呼ばれる下部組織出身選手(リオネル・メッシ、シャビ、アンドレス・イニエスタなど)を中心としたチームで2008-09シーズンから2010-11シーズンまで3連覇した。グアルディオラ監督は在任中に国内外で14個のタイトルを獲得し、クライフの記録を破った。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼップ・グアルディオラ

    ジョゼップ・グアルディオラから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2008年5月8日、フランク・ライカールトに代わって2008-09シーズンからFCバルセロナのトップチームの監督に就任することが発表された。前日のエル・クラシコで1-4と屈辱的な敗戦を喫してからすぐの就任発表だった。契約期間は2年で、年俸は欧州のトップクラブの指揮官としてはかなりの低額の150万ユーロと言われている。就任会見でそれまでの中核であったロナウジーニョ、デコ、サミュエル・エトオの構想外を宣言し(エトオは後に残留)、遅刻1分につき500ユーロ(約6万5000円)の罰金を徴収するなど、2006-07シーズンから2シーズン連続で無冠と不振のクラブに改革を施した。クラブの下部組織出身の選手を重用し、レアル・マドリードとのエル・クラシコで2連勝するなど、リーグの最多勝ち点記録を上回るペースで勝ち点を積み重ね、36節終了後に優勝を決めた。決勝でアスレティック・ビルバオを倒したコパ・デル・レイ、マンチェスター・ユナイテッドを倒したUEFAチャンピオンズリーグと合わせ、就任1年目にしてスペインサッカー史上初となる3冠達成を果たした。3冠達成後には「このチームがクラブ史上最強だとは思わないが、最高の成績は残せた」と語った。ジョゼップ・グアルディオラ フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    しかし、オランダでの3年間で2度のリーグ制覇を経験。特に3年目のシーズンは中心選手としてチームを牽引した。UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05の準決勝でセリエA・ACミランと対決し、ミランのホーム、サン・シーロで行われた第1試合では、再三にわたりミランのDF陣を切り裂き、賞賛された。PSVのホームに戻った第2試合では、鮮やかな先制ゴールを奪い、ミランに対しリードを奪うが、終了間際にマッシモ・アンブロジーニにゴールを決められ、アウェーゴール数の差により決勝進出はならなかった。この活躍により、UEFAが発表した2005年のポジション別MVPのFW部門でアンドリー・シェフチェンコ、アドリアーノ・レイテ・リベイロ、サミュエル・エトオとロナウジーニョと共にMVP候補に選ばれた。また、同年のリーグ優勝決定試合でも貴重なゴールを決めた。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田裕太

    吉田裕太から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    野球以外で得意なスポーツは、野球を始める前からやっていたサッカー。ブラジルのサッカー選手、ロナウジーニョ選手の大ファン。吉田裕太 フレッシュアイペディアより)

  • エリアの騎士

    エリアの騎士から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ブラジルサッカー界の至宝であり、ロナウジーニョ二世と評されるスタープレイヤー。傑とはライバルであると同時に良き友人であった。エリアの騎士 フレッシュアイペディアより)

  • STEPPER'S DELIGHT

    STEPPER'S DELIGHTから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    STEPPER'S DELIGHT(作詞:RYO-Z,ILMARI,PES,SU 作曲:DJ FUMIYA)A面曲。2004年にサッカープレイヤーのロナウジーニョの指名でNIKE FOOTBALLの東アジアCM曲に使用された。PVではメンバーが卓球をしている。アルバム『FIVE』収録。STEPPER'S DELIGHT フレッシュアイペディアより)

  • 澤田達哉

    澤田達哉から見たロナウジーニョロナウジーニョ

    ロナウジーニョ(NIKE「R10」発売、2008年)澤田達哉 フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・フート

    ロベルト・フートから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    2004年8月に負傷辞退したイェンス・ノヴォトニーとアルネ・フリードリヒの代役としてユルゲン・クリンスマン新監督の下でドイツA代表に初招集され、自身20歳の誕生日となる18日のオーストリア戦(3-1)で途中出場から初出場を飾った。出場2試合目となった9月9日のブラジル戦(1-1)で初先発出場をすると、1得点こそ許したものの全体的に見ればロナウド、ロナウジーニョ、アドリアーノといった強力なFW陣を相手に堂々としたパフォーマンスを見せたことで試合後にクリンスマン監督のみならず相手のカルロス・アルベルト・パレイラ監督から称賛された。その後、FIFAコンフェデレーションズカップ2005に出場したフートは、開幕戦のオーストラリア戦(4-3)こそ失点に関わるプレーを見せたものの、コンビを組むペア・メルテザッカーと共に安定したプレーを見せファンの支持を得た。そんな中、準決勝のブラジル戦(2-3)では、前回対戦時に抑えたはずのアドリアーノのスピードについていけずペナルティーエリア内で倒してPKを与えると、さらに試合終盤にもアドリアーノに振り切られ得点を許した。同大会では、6月29日にメキシコとの3位決定戦(4-3)で代表初得点を記録した。ロベルト・フート フレッシュアイペディアより)

  • レニー・ベガ

    レニー・ベガから見たロナウジーニョロナウジーニョ

    1998年にプリメーラ・ディビシオンのユース年代で最優秀のゴールキーパーとして名を馳せ、コパ・アメリカ1999のベネズエラ代表にホセ・オマール・パストリーサ監督の下選ばれた。1999年7月30日のブラジル代表戦で初出場を果たしたものの、7-0で大敗。この試合ではロナウジーニョがホセ・マヌエル・レイの頭上を通るドリブルを見せる活躍を見せた。レニー・ベガ フレッシュアイペディアより)

148件中 81 - 90件表示

「ロナウジーニョ」のニューストピックワード