142件中 51 - 60件表示
  • ロナウジーニョ

    ロナウジーニョから見たUCサンプドリア

    2008年7月、ロナウジーニョはマンチェスター・シティFCからの移籍金2550万ポンドのオファーを拒否し、イタリア・セリエAのACミランと3年契約を結んだ。年俸は約510万ポンド(650万ユーロ)であり、移籍金は約1450万ポンド(1850万ユーロ)と考えられている。希望の背番号10は既にクラレンス・セードルフが着けていたため、生まれ年の1980年に因んで背番号80を選んだ。9月28日、インテルとのミラノ・ダービー(1-0)で初得点を挙げた。10月19日のUCサンプドリア戦(3-0)では初の1試合2得点を記録した。11月6日、UEFAカップグループリーグのSCブラガ戦では93分に決勝点を挙げた。2008-09シーズンは全大会を通じて32試合に出場して10得点した。良好なスタートを切った後、コンディション不良に苦しんで途中出場が多くなり、ACミランでの初年度は失望に終わった。ロナウジーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ロナウジーニョ

    ロナウジーニョから見たニックネーム

    また、RonaldinhoとはRonaldoに縮小辞inhoがついた愛称形で「小さなロナウド」というニックネームである。セレソン選出当時に既にロナウド(ロナウド・ルイス・ナザリオ・ジ・リマ)がおり、彼がロナウジーニョと呼ばれていた。後から入ったロナウド(ロナウド・デ・アシス・モレイラ)もロナウジーニョと呼ばれたが、ホナウド=ホナウジーニョと区別するために、ブラジル南部出身である事から彼はガウーショとも呼ばれることになる。ガウーショとは南米のカウボーイを意味し、ブラジル国内では南部地域、とりわけリオグランデ・ド・スル州とサンタカタリナ州出身の男性(気質)を強調する際に用いられる語である(戦争の時にガウチョが活躍したため)。ロナウジーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ロナウジーニョ

    ロナウジーニョから見たオリンピック・マルセイユ

    2002年夏には背番号を10に変更し、2002-03シーズンに臨んだ。2年目のシーズンは1年目と比較して失望の残るシーズンであったが、それでも見事な成績を残した。2002年10月26日、オリンピック・マルセイユとのル・クラスィク(3-1)で2得点を挙げた。最初の得点は直接フリーキックによるもので、カーブしたボールは壁の横を通り抜けてベドラン・リュンジュ(Vedran Runje)が守るゴールに吸い込まれた。スタッド・ヴェロドロームで行われたアウェー戦でも得点し、3-0で快勝した。クープ・ドゥ・フランス準決勝のFCジロンダン・ボルドー戦(2-0)では2得点を挙げ、再び称賛を集めた。22分に先制点を決め、81分にはGKウルリッヒ・ラメが適切なポジション取りをしていたのにもかかわらず、頭を抜くチップシュートを決めて試合を締めくくった。これらの活躍で、パリ・サンジェルマンFCの観客にスタンディング・オベーションを贈られた。クラブにとって不幸なことに、決勝のAJオセール戦(1-2)ではロナウジーニョ自身もチームも本来の調子を出せず、ロスタイムのジャン=アラン・ブームソンの得点に屈した。2002-03シーズンのリーグ戦は11位と失望の順位に終わり、欧州カップ戦出場権を逃したことで、ロナウジーニョは他クラブへの移籍希望を明らかにした。ロナウジーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ロナウジーニョ

    ロナウジーニョから見たビジャレアルCF

    2006年11月25日のビジャレアルCF戦では2度目となるオーバーヘッドキックでの得点を決め、FCバルセロナでのリーグ戦得点数が50点に達した。このビジャレアル戦での得点は少年時代から夢見ていたゴールであると後に語っている。12月にはFIFAクラブワールドカップに出場し、準決勝のクラブ・アメリカ戦(4-0)では1得点1アシストの活躍を見せたが、決勝のSCインテルナシオナル戦(0-1)に敗れて準優勝に終わった。この大会でロナウジーニョはブロンズボールに輝いた。SCインテルナシオナル戦の翌日にはFIFA最優秀選手賞が発表されたが、2006 FIFAワールドカップで優勝したイタリア代表のキャプテンであるファビオ・カンナヴァーロ、準優勝のフランス代表のキャプテンであるジネディーヌ・ジダンに次ぐ3位に終わった。2007年1月、最多となる29万票以上を集めてUEFAチーム・オブ・ザ・イヤーに3年連続で選出された。エル・クラシコ(3-3)で負傷し、3月13日のチャリティマッチには出場できなかった。ロナウジーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ロナウジーニョ

    ロナウジーニョから見たサッカードイツ代表

    2002年には初めてのFIFAワールドカップとなる2002 FIFAワールドカップの代表メンバーに選ばれ、コパ・アメリカ1999を共に制したロナウドやリバウドなどと共に脅威的な攻撃陣を構成した。大会を通じて5試合に出場して2得点し、更にいくつかの重要なアシストでもチームに貢献した。最初の得点はグループリーグの中国戦(4-0)であり、次の得点は準々決勝のイングランド戦(2-1)であった。この試合で彼は35mの距離から直接フリーキックを蹴り、デヴィッド・シーマンが守るゴールネットを揺らした。この得点の7分後にダニー・ミルズへのファールで退場処分を受けたが、フリーキックでの得点が決勝点となって準決勝進出を決めた。準決勝は出場停止であったが、決勝のドイツ戦(2-0)には先発出場し、5度目の優勝を果たした。ロナウジーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ロナウジーニョ

    ロナウジーニョから見たFIFAクラブワールドカップ

    2006年11月25日のビジャレアルCF戦では2度目となるオーバーヘッドキックでの得点を決め、FCバルセロナでのリーグ戦得点数が50点に達した。このビジャレアル戦での得点は少年時代から夢見ていたゴールであると後に語っている。12月にはFIFAクラブワールドカップに出場し、準決勝のクラブ・アメリカ戦(4-0)では1得点1アシストの活躍を見せたが、決勝のSCインテルナシオナル戦(0-1)に敗れて準優勝に終わった。この大会でロナウジーニョはブロンズボールに輝いた。SCインテルナシオナル戦の翌日にはFIFA最優秀選手賞が発表されたが、2006 FIFAワールドカップで優勝したイタリア代表のキャプテンであるファビオ・カンナヴァーロ、準優勝のフランス代表のキャプテンであるジネディーヌ・ジダンに次ぐ3位に終わった。2007年1月、最多となる29万票以上を集めてUEFAチーム・オブ・ザ・イヤーに3年連続で選出された。エル・クラシコ(3-3)で負傷し、3月13日のチャリティマッチには出場できなかった。ロナウジーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ロナウジーニョ

    ロナウジーニョから見たスタッド・レンヌFC

    2001年、フランス・リーグ・アンのパリ・サンジェルマンFCと5年契約を結んだ。移籍金は500万ユーロ。パリ到着後、背番号21を与えられ、ブラジル代表のアロイジオ(Aloísio José da Silva)、ミケル・アルテタ、ジェイジェイ・オコチャなどが在籍する攻撃陣の一員に加わった。2001年8月4日のAJオセール戦(1-1)で途中出場してリーグ戦デビューし、2001-02シーズン前半戦は先発出場と途中出場を交互に繰り返した。10月13日のオリンピック・リヨン戦(2-2)では途中出場し、79分に移籍後初得点となる同点弾をペナルティキックで決めた。ウィンターブレーク後のASモナコ戦(1-2)、スタッド・レンヌFC戦(2-1)、RCランス戦(1-1)、FCロリアン戦(5-0)では4試合連続得点を記録し、2002年3月16日のトロワAC戦(3-1)では残留争いに苦しむ相手から1試合2得点を記録した。4月27日のFCメス戦(2-0)でシーズン最後のゴールを挙げ、移籍初年度のリーグ戦は9得点でシーズンを終えた。同シーズンはクープ・ドゥ・ラ・リーグでもチームに大きな影響を与え、ラウンド16のEAギャンガン戦ではハーフタイムに途中出場して後半だけで2得点を挙げた。チームは準決勝に進出し、準決勝でFCジロンダン・ボルドーに敗れた。プレーでは移籍初年度から健闘したが、「サッカーよりもパリでの夜遊びで注目を集め、ブラジルでの休暇から予定通りに帰国しない」と主張するルイス・フェルナンデス監督との確執によって台無しとなった。ロナウジーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ロナウジーニョ

    ロナウジーニョから見たASモナコ

    2001年、フランス・リーグ・アンのパリ・サンジェルマンFCと5年契約を結んだ。移籍金は500万ユーロ。パリ到着後、背番号21を与えられ、ブラジル代表のアロイジオ(Aloísio José da Silva)、ミケル・アルテタ、ジェイジェイ・オコチャなどが在籍する攻撃陣の一員に加わった。2001年8月4日のAJオセール戦(1-1)で途中出場してリーグ戦デビューし、2001-02シーズン前半戦は先発出場と途中出場を交互に繰り返した。10月13日のオリンピック・リヨン戦(2-2)では途中出場し、79分に移籍後初得点となる同点弾をペナルティキックで決めた。ウィンターブレーク後のASモナコ戦(1-2)、スタッド・レンヌFC戦(2-1)、RCランス戦(1-1)、FCロリアン戦(5-0)では4試合連続得点を記録し、2002年3月16日のトロワAC戦(3-1)では残留争いに苦しむ相手から1試合2得点を記録した。4月27日のFCメス戦(2-0)でシーズン最後のゴールを挙げ、移籍初年度のリーグ戦は9得点でシーズンを終えた。同シーズンはクープ・ドゥ・ラ・リーグでもチームに大きな影響を与え、ラウンド16のEAギャンガン戦ではハーフタイムに途中出場して後半だけで2得点を挙げた。チームは準決勝に進出し、準決勝でFCジロンダン・ボルドーに敗れた。プレーでは移籍初年度から健闘したが、「サッカーよりもパリでの夜遊びで注目を集め、ブラジルでの休暇から予定通りに帰国しない」と主張するルイス・フェルナンデス監督との確執によって台無しとなった。ロナウジーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ロナウジーニョ

    ロナウジーニョから見たインテルナツィオナーレ・ミラノ

    2008年7月、ロナウジーニョはマンチェスター・シティFCからの移籍金2550万ポンドのオファーを拒否し、イタリア・セリエAのACミランと3年契約を結んだ。年俸は約510万ポンド(650万ユーロ)であり、移籍金は約1450万ポンド(1850万ユーロ)と考えられている。希望の背番号10は既にクラレンス・セードルフが着けていたため、生まれ年の1980年に因んで背番号80を選んだ。9月28日、インテルとのミラノ・ダービー(1-0)で初得点を挙げた。10月19日のUCサンプドリア戦(3-0)では初の1試合2得点を記録した。11月6日、UEFAカップグループリーグのSCブラガ戦では93分に決勝点を挙げた。2008-09シーズンは全大会を通じて32試合に出場して10得点した。良好なスタートを切った後、コンディション不良に苦しんで途中出場が多くなり、ACミランでの初年度は失望に終わった。ロナウジーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ロナウジーニョ

    ロナウジーニョから見たユヴェントスFC

    2009-10シーズン序盤はベンチから試合開始を迎えることも多かったが、その後調子を取り戻し、攻撃的ミッドフィールダーから馴染み深い左ウイングに役割を変え、このシーズンのチームの最優秀選手と言ってもよい活躍を見せた。2010年1月10日、アウェーでのユヴェントスFC戦(3-0)では2得点を挙げた。翌週の1月17日に行われたシエナ戦(4-0)では、1点目をペナルティキック、2点目をコーナーキックからのヘディングシュート、3点目を20ヤードの距離からのミドルシュートで決め、移籍後初のハットトリックを達成した。1月16日には移籍後初めてのUEFAチャンピオンズリーグの試合となるマンチェスター・ユナイテッドFC戦に出場し、序盤に得点してリードを得たが、ポール・スコールズとウェイン・ルーニー(2点)に得点を許して最終的に2-3で敗れた。4月13日、カルチョ・カターニア戦(2-2)でマルコ・ボリエッロの得点をアシストし、アシスト数はリーグトップの14に達した。5月15日にはホームでのユヴェントス戦(3-0)で2得点を記録し、ライバル相手に1シーズンで計4得点を記録した。この試合はレオナルド監督のACミラン監督としてのラストマッチとなった。なお、2008-09シーズンもペナルティキックを1度失敗していたが、2009-10シーズンは3度もペナルティキックを失敗している。ロナウジーニョ フレッシュアイペディアより)

142件中 51 - 60件表示

「ロナウジーニョ」のニューストピックワード